新型オーラの4WDの荷室は使いやすい?【デザインやアレンジなど特徴を徹底解剖】

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の4WD車は、荷室・ラゲッジスペースの下に後輪用の駆動モーターを搭載しています

そのため、4WD車の荷室は、2WD車とは異なる使い勝手に…。

ただ、この新型モデルの4WD車の荷室・ラゲッジスペースには、2WD車にはない良さもありました。

この新型モデルの4WD車の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、アレンジや使い勝手は、どうだったのでしょうか?

実車画像を使って、新型オーラ(AURA)のの4WD車の荷室・ラゲッジスペースの特徴や魅力を徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラの4WD車の荷室の特徴は?【デザイン&装備をチェック】

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の4WD車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■新型オーラの4WD車の荷室

荷室開口部も広く、大きい荷物もスムーズに積み下ろしをすることができるこの4WD車の荷室・ラゲッジスペースですが、次のような特徴を備えていました。

2WD車よりも床が高い4WD車の荷室

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の4WD車は、荷室の下に後輪用の駆動モーターを搭載しています。

■新型オーラの後輪用の駆動モーター

そのため、この新型モデルの4WD車の荷室・ラゲッジスペースは、2WD車よりも荷室フロアが140mmほど高くなっています。

また、荷室容量も2WD車よりも少なくなっているので、ご注意くださいね。

荷物の積み下ろしがしやすいフラットな開口部

新型ノート オーラ(NOTE AURA)の4WD車の荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つは、重たい荷物の積み込みやすさです。

2WD車よりも荷室フロアが高いこの新型モデルの4WD車ですが、荷室フロアは、荷室開口部の掃き出し口と同一の高さに…。

■段差がない4WD車の荷室開口部

そのおかげもあり、この新型モデルの4WD車の荷室・ラゲッジスペースは、中身がたくさん入ったクラーボックスや家具&家電などの重たい荷物も積み下ろしがしやすくなっていました。

ラゲッジランプは荷室の左側に搭載

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)では、荷室・ラゲッジスペースの左側の壁面にラゲッジランプを備えています。

■新型オーラのラゲッジランプ

この新型モデルのラゲッジランプは、斜め下向きになっており、荷室・ラゲッジルームに積んだ荷物にライトの光が当たりやすいようになっているのは、非常に良いと思います。

ただ、この新型モデルでは、豆球のランプを採用。

プレミアムコンパクトカーを謳うのなら、豆球よりも明るく、見た目のデザイン性のも優れるLEDのラゲッジランンプを標準装備しても良かったのかなと思いました。

荷室の左右に小物を収納できる4WD車の荷室

また、今回デビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)の4WD車の注目ポイントの一つは、荷室・ラゲッジスペースの左右です。

この新型モデルの4WD車では、荷室・ラゲッジスペースの左右に小物を収納するのに便利な”くぼみ”が…。

■4WD車の左側のくぼみ

■4WD車の右側のくぼみ

ちなみに、2WD車の荷室・ラゲッジスペースには、このような”くぼみ”はありません。

洗車アイテムやポーチなど、小さいアイテムを収納するのに便利な”くぼみ”があるのも、この4WD車の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

床下に収納できるスペースはほとんどナシ

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の4WD車は、ラゲッジスペースの下に床下収納(サブトランク)を備えています。

4WD車の床下収納(サブトランク)には、後輪用の駆動モーターやパンク修理キット、補助バッテリーなどが搭載されていることもあり、収納スペースは、ほぼナシ。

■4WDの荷室下に用意されている収納スペース

床下収納(サブトランク)が大きいと、ボールなどの転がりやすいアイテムや洗車道具など普段使わないアイテムを収納することができるので、便利なんですよね。

そんな大きな収納スペースが床下に用意されていないのは、この新型モデルの残念なところの一つでした。

新型オーラの4WD車の荷室は使いやすい?【アレンジをチェック】

このようなデザインをした荷室・ラゲッジスペースを備えている日産のプレミアムコンパクトカー新型ノート オーラ(NOTE AURA)ですが、どのような荷室アレンジを用意していたのでしょうか?

また、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、どうだったのでしょうか?この新型モデルに用意されている荷室アレンジを紹介したいと思います。

新型オーラの4WD車の荷室アレンジはシンプル

今回デビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)の4WD車では、このような荷室アレンジを用意しています。

■新型オーラの4WD車の荷室アレンジ:助手席側を収納

■新型オーラの4WD車の荷室アレンジ:運転席側を収納

■新型オーラの4WD車の荷室アレンジ:後部座席すべてを収納

この新型モデルの4WD車は、6対4分割方式の後部座席を活かした比較的オーソドックスな荷室アレンジを用意。

用意されている荷室アレンジは非常にシンプルだったのですが、後部座席を収納した時の荷室空間の圧倒的な広さは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

フラットさが魅力の新型オーラの4WDの荷室

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の4WD車の荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つが、後部座席を収納した時のフラットさです。

この新型モデルの2WD車では、後部座席を収納した時に10cmくらいの大きな段差ができてしまいます。

■後部座席を収納した時の2WD車の荷室

しかし、この新型モデルの4WD車の後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースは、2WD車よりも段差が小さくほぼフラットな状態に…。

なので、ゴルフバックや大型のスーツケース、サーフボードなどの大きいアイテムの積み込みは、2WD車よりも4WD車の方が向いています。

この大きい荷物&アイテムが積み込みやすいフラットさの高い荷室・ラゲッジスペースを備えているのは、2WD車にはない4WD車ならではの魅力の一つですよ。

まとめ:使い勝手に優れる新型オーラの4WD車の荷室

2021年8月にデビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)の4WD車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザイン&使い勝手になっていました。

■新型オーラの4WD車の荷室のまとめ

・2WD車よりも床の位置が高い
・荷物の積み下ろしがしやすいフラットな荷室開口部
・荷室の左右に小物の収納が可能
・後部座席を収納した時の段差も小さい

今回デビューを果たした新型モデルの4WD車は、荷室の下にモーターなどを搭載しているため、2WD車よりも荷室容量は小さくなっています。

ただ、後部座席を収納した時の段差が小さいこともあり、この新型モデルの4WD車の荷室・ラゲッジスペースは、2WD車よりも使い勝手に優れているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02