競合車よりも魅力的!新型オーラ ニスモの注目の装備&アイテムたち

スタイリッシュな見た目とキビキビとした走りが魅力の日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)ですが、機能&装備の充実度も魅力の一つです。

その中には、「おっ!これはかなり良いかも。」と唸ってしまうアイテム&装備たちも…。

今回デビューを果たした新型モデルを試乗して、私が良いと思った装備&アイテムは、なんだったのでしょうか?また、競合車・ライバル車よりもドコが優れていたのでしょうか?

実車画像を交えて、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の注目の機能&アイテムを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

ドライブモード【新型オーラ ニスモの注目の装備1】

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の注目の装備&アイテムの一つは、ドライバーの運転操作に対する反応や走行特性を変更することができるドライブモードです。

■新型オーラ ニスモのドライブモード切替スイッチ

専用のチューニングNISMOモードを用意

今回デビューを果たしたオーラ(AURA)では、スポーツモードを含む3つのドライブモードを用意していました。

■オーラのドライブモード

・スポーツモード (SPORT Mode)
・エコモード (ECO Mode)
・ノーマルモード (NORMAL Mode)

一方、赤をあしらった専用デザインのドライブモード切替スイッチを備えている新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、スポーツモードの代わりにニスモモード(NISMO Mode)を用意。

■新型オーラ ニスモのドライブモード

・ニスモモード(NISMO Mode)
・エコモード (ECO Mode)
・ノーマルモード (NORMAL Mode)

この新型モデルに良いされているニスモモード(NISMO Mode)は、オーラのスポーツモードに比べて、アクセル操作に対するレスポンスがシャープになっています。

また、力強い加速が息長く続く感覚を味わえるのも、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のニスモモード(NISMO Mode)の特徴の一つですよ。

オーラのスポーツモードに匹敵をするエコモード

また、エコモードも、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の注目のドライブモードの一つです。

エコモードと聞くと、アクセル操作に対するレスポンス反応やエアコンの効き具合を抑え、燃費効率を優先したドライブモードと言ったイメージがあると思います。

しかし、この新型モデルに用意されているエコモード(ECO MODE)は、ベースモデルのオーラ(AURA)のスポーツモード(SPORT MODE)に匹敵をする加速力を誇っています。

そのおかげもあり、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、エコモード(ECO MODE)でも、NISMOらしい気持ち良い加速とフラット&タイトな乗り心地を堪能することができますよ。

シートベルト【新型オーラ ニスモの注目の装備2】

また、シートベルトも、2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の注目の装備&アイテムの一つです。

日産車で初となる赤のシートベルトを採用

今回デビューを果たした新型モデルは、日産車で初となる赤色のシートベルトをフロントシート&後部座席に採用しています。

■新型オーラ ニスモのシートベルト

ベースモデルに採用されているオーラのブラックorエアリーグレーのシートベルトとは、見た目のインパクトに大きな違いがありますね。

■オーラのシートベルト:ブラック

■オーラのシートベルト:エアリーグレー

赤いシートベルトは、NISMOらしいスポーティな内装・インテリアを際立たせているように感じました。

メーター【新型オーラ ニスモの注目の装備3】

また、運転席の目の前に備わっているメータも、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の注目の装備&アイテムの一つです。

■新型オーラ ニスモのメーター

パワーメーターに赤をあしらった専用デザイン

この新型モデルは、ベースのオーラ(AURA)と同様、バイザーレスタイプの12.3インチのフル液晶デジタルメーターを採用しています。

■オーラのメーター

ただ、この新型モデルは、2眼式メーターの左側に表示されるパワーメーターに赤をあしらった専用デザインに…。

■赤く塗装された新型オーラ ニスモのパワーメーター

また、この新型モデルのメーターには、NISMOのエンブレムが描かれており、オーナー心をくすぐる演出をほどこしているのも好印象でした。

ニスモのフォルムで特別感を演出

また、パワーメーターとスピードメーターの間に備わっているマルチインフォメーションディスプレイも、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の注目ポイントの一つです。

■新型オーラ ニスモのマルチインフォメーションディスプレイ

この新型モデルに用意されているマルチインフォメーションディスプレイの表示項目は、ベースモデルのオーラ(AURA)と全く同じになっています。

ただ、マルチインフォメーションディスプレイ部分に描かれているシルエットがNISMOに…。

■マルチインフォメーションの車両シルエット

ベースモデルのオーラ(AURA)とはひと味違うスポーティで特別感のあるメーターデザインになっていました。

レカロシート【新型オーラ ニスモの注目の装備4】

また、オプションで用意されているレカロシートも、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の見逃せないアイテム&装備の一つです。

■新型オーラ ニスモのレカロシート

上半身のホールド性に優れたニスモのレカロシート

今回デビューを果たした新型モデルに採用されているレカロシート(RECAROシート)の魅力と言えば何といっても、ホールド力です。

この新型モデルのレカロシート(RECAROシート)は、背もたれの左右に大きなサイドサポートを備えており、身体がぶれないようにしっかりとホールドしてくれます。

また、この新型モデルに用意されているレカロシート(RECAROシート)は、標準装備のシートよりも肩口のサポートが優れており、背中全体を優しく包み込んでいるような座り心地になっているのも好印象でした。

乗り降りのしやすさも魅力の一つ

先ほどもお話したとおり、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のレカロシート(RECAROシート)は、背もたれのサイドサポートの張り出しは、かなり大きくなっています。

ただ、座面のサイドサポートの張り出しは、控えめです。

■新型オーラ ニスモのレカロシートの座面

そのため、この新型モデルのレカロシート(RECAROシート)は、アクセル&ブレーキのペダル操作を妨げません。

また、サイドサポートが控えめになっているおかげで、スムーズに乗り降りすることができるのも、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のレカロシート(RECAROシート)の魅力の一つなのかなと思いました。

ただ、レカロシート(RECAROシート)を装着すると、標準シートの時よりも納期・納車待ちが長くなるので、ご注意くださいね。

まとめ:魅力的な機能&装備を備えている新型オーラ ニスモ

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、次のような注目の装備&アイテムを備えていました。

■新型オーラ ニスモの注目の装備

・NISMOモードが用意されているドライブモード
・日産車初となる赤のシートベルト
・NISMOファンの心をくすぐる専用メーター
・ホールド性に優れたレカロシート

今回デビューを果たした新型モデルには、どこまでも続くような気持ちの良い加速を楽しめるNISMOモードを備えたドライブモードやホールド感に優れたレカロシートなど魅力的な機能&装備を多数用意。

レカロシートを装着時の乗り出し価格の高さは気になるところですが、魅力的な機能&装備を備えたこの新型モデルは、”次世代のホットハッチ”と呼ぶのに相応しいクルマに仕上がっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02