スポーツモデルとは思えない新型オーラ ニスモの後方視界【実車画像で徹底チェック】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、最低地上高が15mmほど低くなっていることもあり、ベースモデルのオーラ(AURA)よりも着座位置&アイポイントも低くなっています。

そのため、前方の見切りなど色々と気になる部分がありました。

一方、後方の視界&視認性に関しては、スポーツモデルとは思えないくらい良かったです。

今回デビューを果たした新型モデルの後方視界は、どのような感じになっているのでしょうか?また、この新型モデルの後方の視界は、どこが優れているのでしょうか?

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の後方の視界&視認性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラ ニスモの真後ろの視界&視認性をチェック

運転席から見た時の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の真後ろの視界&視認性は、このような感じになっています。

■新型オーラ ニスモの後方の視界

トップクラスの広さを誇る新型オーラ ニスモのリヤガラス

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の魅力&メリットの一つは、リヤガラスの大きさです。

競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのGRヤリス(GR YARIS)は、車高が低く、また、リヤガラスを支えているCピラーも寝ているため、リヤガラスのエリアが狭くなっていました。

■GRヤリスの後方視界

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、車高も高く、Cピラーの傾斜も比較的緩やかなおかげで、リヤガラスのサイズは、GRヤリスよりもひと回り以上大きくなっています。

ホンダのフィット モデューロX(FIT ModuloX)と比較すると、リヤガラスのサイズが若干小さいかなと感じますが、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)でも十分に満足できる後方視界を確保していました。

■フィット モデューロXの後方視界

■新型オーラ ニスモの後方視界

後方の視界をサポートするアイテムも充実

また、2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、後方の視界をサポートするアイテムが充実しているのも魅力の一つです。

その一つが、ルームミラーです。

この新型モデルは、クルマの後方に備わったカメラ映像を映し出すことができる“インテリジェント ルームミラー”をメーカーオプションで用意しています。

■新型オーラ ニスモのインテリジェントルームミラー

後部座席に同乗者や荷室・ラゲッジスペースに積み込んだ荷物でリヤガラスが塞がれてしまい、後方の確認がしにくい時ってありますよね。

しかし、オプションで用意されているインテリジェント ルームミラーを装着すると、後部座席に乗車している人や荷物の量に左右されることなく、常にスッキリとしたクリアな後方視界を確保してくれます。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのフィット モデューロXでも、ディーラーオプションでルームミラー部分にクルマの後方の映像を映し出してくれる”アドバンスドルームミラー”を用意しています。

■フィット モデューロXのアドバンスドルームミラー

画像引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/fit/security_support/advancedroom_mirror/

ただ、フィット モデューロXのアドバンスドルームミラーは、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のインテリジェント ルームミラーよりもベゼルが太く、スタイリッシュさに欠けるんですよね。

この見た目のデザインに優れているのも、この新型モデルに用意されているインテリジェントルームミラーの良いところの一つなのかなと思いました。

新型オーラ ニスモの斜め後方の視界&視認性をチェック

また、2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の斜め後方の視界&視認性は、このようになっています。

■新型オーラニスモの斜め後方の視界

新型オーラ ニスモは斜め後方の視界も良好

スポーツモデルの中には、見た目のデザイン性を優先して、後部座席のサイドウィンドウの下端が切れ上がっているクルマもあります。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルの後部座席のサイドウィンドウは、下端が切れ上がっておらず、ほぼ垂直のラインをキープ。

そのおかげもあり、競合車・ライバル車よりも視界&視認性に優れた斜め後方視界になっていました。

また、サイドウィンドウの後方には、三角窓(リヤクォーターガラス)を備えているのも、安心感があって良かったです。

■新型オーラ ニスモのリヤクォーターガラス

サイドミラーのサイズも十分

また、視認性に優れた大きなサイドミラーを備えているのも、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の魅力の一つです。

スポーツモデルと言うと、シャープなサイドミラーをイメージするかもしれません。

ただ、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、視認性&安全性に優れた大きいサイズのサイドミラーを標準装備。

■新型オーラ ニスモのサイドミラー

また、この新型モデルのサイドミラーは、ドア内側パネルから生えているデザインになっており、斜め前方の視界を遮らないよう工夫がほどこされていたのも好印象でした。

斜め後方の視界をサポートする機能も充実

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、斜め後方の視界をサポートする機能が充実しているのも、魅力の一つです。

その一つが、高速道路での車線変更をサポートするインテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)&BSW(後側方車両検知警報)です。

【日産の安全への取り組み】インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)

競合車のホンダのフィット モデューロXやトヨタのGRヤリス(GRヤリス)でも高速道路での車線変更をサポートする機能は用意されています。

ただ、競合車・ライバル車では、これらの機能をオプションで用意されているんですよね。

しかし、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)では、高速道路での車線変更をサポートするインテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)&BSW(後側方車両検知警報)をオプションではなく、標準装備として用意。

ちょっとコレは嬉しいですよね。

また、バックで出庫する際に左右後方から接近をしてくるクルマを教えてくれるRCTA(後退時車両検知警報)も標準装備で用意してくれています。

このように斜め後方の視界&視認性をサポートするアイテムが標準装備となっているのも、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

まとめ:競合車よりも視認性&安全性に優れる新型オーラ ニスモの後方視界

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の後方の視界&視認性を確認したところ、このようになっていました。

■新型オーラニスモの後方&斜め後方の視界のまとめ

・リヤガラスが大きく後方の視界は良好
・サイドウィンドウも大きく、斜め後方の視界も良好
・後方の視界をサポートするアイテムが充実

今回デビューを果たした新型モデルは、リヤガラスも後部座席のサイドウィンドウもサイズが大きいこともあり、後方の視界は良好。

また、インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)&BSW(後側方車両検知警報)など後方の視界&視認性をサポートするアイテムが充実しているのも好印象でした。

ただ、メーカーオプションのインテリジェントルームミラーは、純正ナビやSOSコールなどとセットで用意されているため、オプション価格は高めです。

そのため、インテリジェントルームミラーを装着すると、乗り出し価格が一気に高くなるので、ご注意を…。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02