新型カローラツーリング/セダンのメーカーオプション【ディーラーのおすすめは?】

2019年9月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たしたトヨタの新型カローラ ツーリング/セダンは、様々なメーカーオプションを用意しています。

ただ、このクルマに用意されているメーカーオプションは多い上、グレードによって、細かく細分化されているので、どのメーカーオプションを装着していいのか、見積もりを貰う時に迷うんですよね。(実際、私も見積もりを貰う時に迷いましたし…。)

そんな新型カローラ ツーリング/セダンのメーカーオプションですが、どのアイテムの人気が高いのでしょうか?また、絶対に装着した方が良いおすすめのアイテムは何なのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、ディーラーさんに新型カローラ ツーリング/セダンのおすすめのメーカーオプションを聞いてみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

安全装備【新型カローラツーリング/セダンのおすすめのオプション1】

ディーラーさんに、「新型カローラ ツーリング/セダンに装着をした方が良いメーカーオプションは何ですか?」と尋ねたところ、真っ先に答えていたのが、クルマの安全性を高めるアイテム”ブラインドスポットモニター(BSM)”とリヤクロストラフィックアラート(LCTA)”です。

■BSMとLCTAのオプション価格

Sグレード/WxB: 66,000円
GXグレード      :131,000円
■BSMとLCTAの対象グレード
全グレード

標準仕様では安全性は不十分

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンでは、自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)をはじめとするトヨタの最新の安全装備”トヨタセーフティセンス”が全グレードに標準装備されています。

「Toyota Safety Sense」第2世代 (2nd Generation "Toyota Safety Sense" / Japanese)

■新型カローラツーリング/セダンの主な安全装備

・自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)
・レーントレーシングアシスト(LTA)
・ドライブスタートコントロール
・ロードサインアシスト
・オートマチックハイビーム
・インテリジェントクリアランスソナー
・全車速対応クルーズコントロール

ただ、この新型モデルでは、高速道路での車線変更をサポートする”ブラインドスポットモニター”や駐車場から出庫する際の後方のクルマを検知するリヤクロストラフィックアラート(LCTA)”は含まれていないため、事故を未然に防ぐ【予防安全性】は、不十分とのこと。

■ブラインドスポットモニターのインジケーター

ディーラーさん曰く、

「イザという時の事故を未然に防ぐためだけではなく、高速道路での車線変更や駐車場からのバックでの出庫をストレスなく快適に行うためにも、これらの安全装備システムはおすすめです。」

とのこと。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”でも標準装備ではなくメーカーオプション設定になっているのは少々残念ですが、ディーラーさんが仰っている通り、ブラインドスポットモニター(BSM)が装着されているのとされていないのですが、車線変更をする際の安心感が全然違います。

…って、言うか、今ではブラインドスポットモニターが無いと車線変更が怖いと感じるくらい、私と私の妻はお世話になっています。

安全性を高めるだけではなく、高速道路をラクに運転するという観点からも、”ブラインドスポットモニター(BSM)”とリヤクロストラフィックアラート(LCTA)”のセットは、装着する価値はあるのかなと感じました。

最廉価モデル”GXグレード”では、個別に装着することも可能

新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデル”Sグレード”と最上位モデル”WxB”では、”ブラインドスポットモニター(BSM)”と”リヤクロストラフィックアラート(LCTA)”がセットになったオプションしか用意されていないません。

ただ、最廉価モデルの”GXグレード”では、”ブラインドスポットモニター(BSM)”と”リヤクロストラフィックアラート(LCTA)”を別々に装着することが可能です。

■BSM&LCTAのオプション価格

ブラインドスポットモニター:94,600円
リヤクロストラフィックアラート:27,500円

最廉価モデルの”GXグレード”の購入を検討しているかたは、必要な方どちらかの安全装備だけを装着するのも良いかもしれませんね。

シートヒーター【新型カローラツーリング/セダンのおすすめオプション2】

いつもお世話になっているディーラーさんがおすすめしてくれたメーカーオプションの一つが、真冬の寒い日に重宝をするシートヒーターです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンでは、ハンドルのグリップ部分を温めてくれるステアリングヒーターとセットで用意されています。

■シートヒーター&ステアリングヒーターの基本情報

・オプション価格:27,500円
・対象グレード   :WxB / Sグレード

この新型モデルでは2段階で温度調節することができるシートヒーター(運転席&助手席)と、ステアリングヒーターがセットになって27,500円で用意。

このクルマのシートヒーターは、座面だけではなく、背もたれもしっかりと温めてくれるタイプになっているため、使用すると、身体全体がポカポカとしてきます。

■新型カローラツーリングのシートヒータースイッチ

このクルマの車格や乗り出し価格を考えると、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、シートヒーターを標準装備しても良いと思いますが、購入する価値があるディーラーオプションなのかなと思いました。

ちなみに、新型カローラ ツーリング/セダンの最廉価モデル”GXグレード”では、シートヒーターを装着することができないので、ご注意くださいね。

エアクリーンモニター【新型カローラツーリング/セダンのおすすめオプション3】

また、ディーラーさんが、「ブラインドスポットモニター(BSM)やリヤクロストラフィックアラート(LCTA)などの安全装備と比べると、優先度は落ちますが…」とお話したうえでおすすめしてくれたメーカーオプションが、エアコンの性能をアップする”エアクリーンモニター”とナノイーのセットです。

■エアクリーンモニター&ナノイーの基本情報

・オプション価格:14,300円
・対象グレード   :WxB / Sグレード

新型カローラ ツーリング/セダンのメーカーオプションとして用意されている”エアクリーンモニター”とは、センサーが車内の空気の汚れを検知すると、エアコンの風量を高めて車内の空気をキレイにしてくれる機能です。

■新型カローラツーリング/セダンのエアクリーンモニター

ディーラーさん曰く、このエアクリーンモニターは、クルマでたばこを吸う方や小さいお子さんがいるご家庭に人気が高いそうですよ。

ちなみに、メーカーオプションとして用意されている”エアクリーンモニター”の詳しい紹介&レビューは、こちらの記事にまとめてあります。

検知&除去できるアレルゲン物質など、このエアクリーンモニターをもう少し詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

ディスプレイオーディオ【新型カローラツーリング/セダンのおすすめオプション4】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンのメーカーオプションでディーラーさんがおススメしたアイテムの一つが、9インチサイズのディスプレイオーディオです。

■9インチサイズのディスプレイオーディオの基本情報

オプション価格:28,600円
対象グレード   :WxB / Sグレード

この新型モデルでは、画面サイズが7インチのディスプレイオーディオが全グレードに標準装備されているのですが、オプションで画面サイズを一回り大きい9インチサイズに変更することができるんですよね。

ディーラーさん曰く、「標準仕様の7インチとオプション設定の9インチサイズでは、運転中のナビの見やすさが全然違う」とのこと。

■9インチサイズのディスプレイオーディオ

私も実際に7インチサイズと9インチサイズのディスプレイオーディオを見比べてみたのですが、「2インチ違うだけで、こんなにナビの見やすさが違うの!?」とビックリしてしまうくらいの違いがありました。

オプション価格も安いですし、運転のしやすさのことを考えると、9インチサイズのディスプレイオーディオは、とてもコスパ(コストパフォーマンス)の良いアイテムだと思いました。

メーカーオプション設定になっている9インチサイズと標準仕様の7インチサイズのディスプレイオーディオの視認性やデザインの違いを確認したい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

まとめ:ディーラーさんのおすすめのオプションは装着率も高い

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンのおすすめのメーカーオプションをディーラーさんに確認してみたところ、このようなアイテムを紹介してもらいました。

ディーラーさんには様々なメーカーオプションをおすすめして貰ったのですが、やはりクルマの安全性や快適性を高めるアイテムの人気が高くなっているそうです。

ちなみに、私もこのクルマの見積もりを貰った際、”ブラインドスポットモニター(BSM)”とリヤクロストラフィックアラート(LCTA)”などディーラーさんがおすすめしてくれたアイテムを中心にオプションを装着してもらいました。

見積もりを貰ったグレードが最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”だったので、乗り出し価格が若干高めになってしまったのですが、その分、機能や装備はかなり充実したモデルに仕上がりました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする