新型カローラ ツーリングとセダンの外装比較【共通点と違いとは?】

2019年9月、ステーションワゴン仕様の新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)とセダン仕様の新型カローラ セダン(Corolla SEDAN)がデビューを果たしました。

ステーションワゴンとセダン車と言う事で異なるスタイルになっているこの2台のモデルですが、同じデザインになっているパーツも…。

2019年9月にデビューをした”新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)”と”新型カローラ セダン(Corolla SEDAN)”の外装の共通点は、どこだったのでしょうか?一方、この2台のモデルの外装・エクステリアには、どこに違いがあったのでしょうか?

兄弟車となっているこの2台のモデルの外装・エクステリアの共通点と違いを見比べてみました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリングとセダンの外装の共通点

2019年9月にデビューをした新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)と新型カローラ セダン(Corolla SEDAN)の外装・エクステリアは、それぞれこのようなデザインになっています。

■新型カローラ ツーリングの外装

■新型カローラ セダンの外装

 

シックなデザインになっている”セダン”とスポーツモデルらしい佇まいになっている”ツーリング”と、この2台のモデルは全く異なる雰囲気に仕上がっています。

ただ、次のアイテム/パーツに関しては、ツーリング/セダン共通のデザインとなっていました。

共通点1:フロントグリル

フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)と新型カローラ セダン(Corolla SEDAN)の外装の共通点の一つは、フロントグリルです。

この新型モデルでは、ツーリング(Toring)/セダン(SEDAN)どちらも台形のような形をした大型のフロントグリルを採用しています。

■カローラ ツーリングのフロントグリル

■カローラ セダンのフロントグリル

そのおかげもありこの新型モデルは、迫力のあるフロントマスクとなっていました。

また、どちらのモデルも最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、メッキ加飾&ブラック艶出し塗装が施されており、上質さも演出していました。

共通点2:ヘッドライト

また、今回新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)と新型カローラ セダン(Corolla SEDAN)は、ヘッドライトのデザインも全く同じデザインになっています。

■カローラ ツーリングのヘッドライト

■カローラ セダンのヘッドライト

先代モデルと異なり、今回新発売されたこの新型モデルは、どちらもシャープさを演出した切れ長のヘッドライトを標準装備。

また、ツーリング(Toring)/セダン(SEDAN)問わず全グレードLEDヘッドライトを採用しているのもこの新型モデルの魅力の一つですよ。

ちなみに、この新型モデルは、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”とそれ以外のグレードで、LEDヘッドライトのデザインが異なるのでご注意くださいね。

共通点3:シャークフィンアンテナ

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)と新型カローラ セダン(Corolla SEDAN)では、どちらもオーソドックスなポールタイプのアンテナではなく、オシャレなシャークフィンアンテナを標準装備しています。

■新型カローラに備わっているシャークフィンアンテナ

このように細部までこだわって上級アイテムを備えているのも、今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルの特徴の一つなのかなと思いました。

共通点4:タイヤ&ホイール

また、新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)と新型カローラ セダン(Corolla SEDAN)の外装・エクステリアの共通点の一つが、タイヤ&ホイールのデザインです。

この新型モデルでは、 ツーリング(Toring)/セダン(SEDAN)で全く同じデザインのタイヤ&ホイールを標準装備していました。

■ツーリングのタイヤ&ホイール

■セダンのタイヤ&ホイール

ただ、”セダン(SEDAN)”と”ツーリング(Touring)”では、クルマのコンセプトや方向性が異なります。そのことを考えると、タイヤ&ホイールは、全くの別デザインにしても良かったのかなと思いました。

ちなみに、もう一つの兄弟車”カローラ スポーツ(Collora SPORT)”のタイヤ&ホイールは、この2台のモデルと全く異なるデザインになっていました。

新型カローラツーリングとセダンの外装の違い

このように共通点が多い新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)と新型カローラ セダン(Corolla SEDAN)の外装ですが、デザインが異なるパーツ/アイテムもありました。

そんな2台のモデルの外装・エクステリアの違いを紹介したいと思います。

違い1:エンブレム

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)と新型カローラ セダン(Corolla SEDAN)の外装・エクステリアの違いの一つは、エンブレムのデザインです。

この新型モデルでは、リヤの左下にエンブレムが刻印されているのですが、この2台のモデルでは、エンブレムのデザインが異なります。

■カローラ セダンのエンブレム

■カローラ ツーリングのエンブレム

また、新型カローラ セダン(Corolla SEDAN)はリヤコンビネーションランプのすぐ下に備わっているのに対し、新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)はテールゲートぎりぎりに設置。

そのため、セダン車のエンブレムの方が目立っていました。

ちなみに、フロントマスクに備わっているアルファベットの”C”をモチーフにしたカローラ専用エンブレムのデザインに違いはありませんでした。

違い2:リヤコンビネーションランプ

今回フルモデルチェンジをした新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)と新型カローラ セダン(Corolla SEDAN)の最大の違いの一つが、リヤコンビネーションランプのデザインです。

■カローラ セダンのリヤコンビネーションランプ

■カローラ ツーリングのリヤコンビネーションランプ

どちらのモデルもLEDのリヤコンビネーションランプを採用しているのは、共通となっています。

ただ、ツーリングは”J”の字を横にしたようなシャープなデザインになっているのに対し、セダン車は比較的オーソドックスなデザインに…。

また、新型カローラ セダン(Corolla SEDAN)は、左右のリヤコンビネーションランプをブラックのガーニッシュで繋いでいるのも特徴の一つでした。

まとめ:ツーリングとセダンのボディ後方は特徴的なデザイン

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)と新型カローラ セダン(Corolla SEDAN)の外装・エクステリアは、それぞれこのようなデザインになっていました。

実際にこのこの2台のモデルを見比べてみたところ、フロントマスクは全く同じになっていました。なので、フロントマスクから、”セダン(SEDAN)”と”ツーリング(Touring)”を見分けるのは、難しいと思います。

ただ、セダン(SEDAN)は落ち着いたシックなデザインに、そして、ツーリング(Touring)はスポーティーさを強調したデザインにするなど、後ろ姿に関しては、それぞれのスタイリングの特徴を強調したデザインになっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする