新型カローラツーリングの外装を比較【ハイブリッドとガソリン車の違いとは?】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタのステーションワゴン新型カローラツーリング(Corolla Touring)は、ハイブリッドとガソリン車を用意しています。

メーターやシフトレバーなど内装・インテリアのデザインに違いがあるこの2台のモデルですが、外装・エクステリアにもちょっとした違いが…。

フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のハイブリッド車とガソリン車の外装・エクステリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2台のモデルは、どのような違いがあったのでしょうか?

トヨタからデビューを果たした新型ステーションワゴンのハイブリッド車とガソリン車の外装・エクステリアの違いを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリングのハイブリッド車とガソリン車の外装をチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たしたステーションワゴン”新型カローラ ツーリング(Collora Touring)”のハイブリッド車/ガソリン車の外装・エクステリアは、それぞれこのようなデザインになっています。

こちらは、1.8リットルエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド車の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の外装・エクステリアです。

■ハイブリッド車の外装・エクステリア
グレード:WxB(ダブルバイビー)

一方、こちらは、1.8リットル自然呼気エンジンを搭載したガソリン車の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の外装・エクステリアです。

■ガソリン車の外装・エクステリア
グレード:WxB(ダブルバイビー)

タイヤやヘッドライトのデザインに違いはナシ

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の外装・エクステリアは、グレードによってデザインの違いはあるものの、同じグレードのハイブリッド車とガソリン車を比較してみると、違いはかなり少ないです。

例えば、タイヤ&ホイールのデザイン。

私が見比べた最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、ハイブリッド車とガソリン車どちらもダークグレー塗装をあしらった17インチのアルミホイールとタイヤを標準装備しています。

■新型カローラツーリングのWxBのタイヤ&ホイール

また、最上位モデルのWxB(ダブルバイビー)はハイブリッド車/ガソリン車どちらも、”Jの字”をしたクリアランスランプを上下2段に並べたようなデザインのクリアランスランプが印象的なスタイリッシュなヘッドライトを標準装備。

■新型カローラツーリングのWxBのヘッドライト

このようにタイヤやヘッドライトなど、基本的な外装・エクステリアのアイテムに関しては、違いがありませんでした。

新型カローラツーリングのハイブリッド車とガソリン車の外装の違いとは?

このように外装・エクステリアの基本的なアイテムは全く同じになっていた新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のハイブリッド車とガソリン車ですが、次のような違いがありました。

フロントマスクのカローラ専用エンブレム

フルモデルチェンジをしてデビューを果たしたこの新型モデルのフロントマスクの中央には、カローラの頭文字の”C”と花冠をモチーフにしたカローラ専用エンブレムをあしらっているのですが、ハイブリッド車とガソリン車では違いがありました。

ハイブリッド車は、エンブレムの”C”のまわりをブルーであしらいハイブリッド車らしい爽やかな雰囲気に…。

■ハイブリッド車のエンブレム

一方、ガソリン車は、エンブレムの”C”のまわりをブラックカラーでまとめて、引き締まったデザインに…。

■ガソリン車のエンブレム


そのおかげもあり、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のハイブリッド車とガソリン車では、同じグレード同士を比較しても、見た目の迫力や印象に違いがありました。

ハイブリッド車専用エンブレムを用意

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のハイブリッド車とガソリン車の外装・エクステリアの違いの一つは、エンブレムです。

ハイブリッド車では、前輪のホイールの上段とリア右下にハイブリッド車を表す専用デザインのエンブレムを採用。

■ハイブリッド専用エンブレム(サイド)

■ハイブリッド車専用エンブレム(リア)

一方、ガソリン車のボディサイドやリアには、このようなエンブレムの用意はありません。

基本的なアイテムや装備は全く同じになっている新型カローラ ツーリング(Collora Touring)ですが、容易にハイブリッド車とガソリン車の見分けはできるようになっていました。

リアのトヨタエンブレム

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のハイブリッド車とガソリン車では、リアの”トヨタ エンブレム”にもエンブレムにも違いがありました。

■ハイブリッド車のトヨタエンブレム

■ガソリン車のトヨタエンブレム

フロントマスクに備わっているカローラ専用エンブレムと同様にハイブリッド車は、ブルーをあしらったデザインになっていたのに対し、ガソリン車はシンプルなメッキ調のエンブレムに…。

そのため、この新型モデルは、ハイブリッド車とガソリン車と異なる雰囲気の後ろ姿になっていました。

まとめ:ハイブリッド車とガソリン車では、見た目の雰囲気が異なる

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のハイブリッド車とガソリン車の外装・エクステリアは、それぞれこのようなデザインになっていました。

タイヤやホイール、サイドミラーなど基本的なデザインは、ハイブリッド車とガソリン車で大きな違いはありませんでしたが、エンブレムのカラーなどに違いが…。

そのため、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルのハイブリッド車とガソリン車は、見た目の雰囲気が異なるクルマに仕上がっていました。

ちなみに、この新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の乗り出し価格の差は、意外と大きいです。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする