新型カローラツーリング/セダンWxBの内装色を実車画像で比較【ブラックorホワイト】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、ブラックとホワイトの2種類の内装色を用意しています。

どちらも高級感あふれるデザインになっていますが、ブラックとホワイトでは、内装・インテリアの雰囲気に大きな差が…。

最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”に用意されているブラックとホワイトの内装色は、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どんな違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の”WxB(ダブルバイビー)”の2色の内装色を徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリング/セダンのブラックの内装色をチェック

新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”に用意されているブラックの内装色は、このようなデザインになっています。

■新型カローラツーリング/セダンのブラックの内装色

ブラックの内装色は引き締まった車内空間に…

オーソドックスなブラックの内装色を選択すると、ドア内側パネルのトリム部分やセンターコンソールボックスなどがブラック仕様に…。

■ブラックの内装色のセンターコンソール

ダッシュボードや内側のドアハンドル、シフトレバーまわりにメッキやシルバーの加飾がワンポイントであしらわれていましたが、ルーフもブラックになっていることもあり、スポーツモデルのような引き締まった雰囲気の内装・インテリアになっていました。

シートもブラック仕様に…

また、新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”のブラックの内装色のシートは、このようなデザインになっています。

■ブラックの内装色のフロントシート

■ブラックの内装色の後部座席

このグレードでは、織物に樹脂のコーティングを行い独特の風合いを持たせた”レクテック”と合成レザーを組み合わせた素材をシートに採用しているのですが、ブラックの内装色のシートは、重厚感のあるデザインに…。

また、シートのサイドには、ライトブラウンのステッチが施されており、オシャレ感を演出しているのも好印象でした。

ブラックの内装色は圧迫感を感じやすい

そんな新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”に用意されているブラックの内装色の欠点・デメリットの一つは、圧迫感をかんじやすいところです。

先ほども紹介した通り、この新型モデルではワンポイントでメッキやシルバーの加飾、ライトグレーのステッチをあしらっているものの、ダッシュボードやシート、ドア内側パネルからルーフまでほぼブラックで統一したデザインになっています。

■ブラックの内装色のドア内側パネル

そのため、スポーティーで引き締まった車内空間になっている一方、後に紹介をするホワイトの内装色や他のグレードよりも車内がひと回り狭くなったような圧迫感を感じます。後部座席に座ると、ブラック特有の重さや圧迫感を強く感じます。

車内の黒の割合が多いため、乗りこんだ瞬間に【重苦しい】や【狭い】と感じるのは、ブラックの内装色の欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

新型カローラツーリング/セダンのホワイトの内装色をチェック

一方、新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”に設定されているホワイトの内装色は、このようになっています。

■ホワイトの内装色のWxB

ダッシュボードのカラーはブラック基調となっているものの、センターコンソールボックスやドア内側パネルのアームレスト部分は、ホワイトカラーに…。

■ホワイトの内装色のドア内側パネル

■ホワイトの内装色のセンターコンソールボックス

センターコンソールボックスなどに採用されているホワイトは、グレーやベージュがかったホワイトではなく”純白”と呼ぶのに相応しい鮮やかなでキレイな白色に…。

ブラックカラーのダッシュボードやルーフとのコントラストがハッキリとしたインパクトのある内装・インテリアとなっていました。

鮮やかなホワイトが印象的なシート

また、ホワイトカラーの内装色では、背もたれや座面の合成レザー部分にホワイトカラーを採用したシートを採用。

■ホワイトの内装色のフロントシート

■ホワイトの内装色の後部座席

ブラックとホワイトの組み合わせが、オシャレですよね。

ブラックの内装色のような高級感や重厚感はありませんでしたが、華やかで高級感が漂うシートデザインになっていました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)のホワイトの内装色で印象てきだったアイテムが、後部座席の中央に備わっているドリンクホルダー付きのセンターアームレストです。

■後部座席用のセンターアームレスト

ホワイトの内装色を選ぶと、ご覧の通り真っ白なカラーに…。

ホワイトの内装色の後部座席センターアームレストは、置いたドリンクやコーヒーがこぼれるのが気になるキレイな色使いになっていました。

ホワイトの内装色は車内がひと回り広く感じる

新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”に用意されているホワイトの内装色の魅力の一つが、ブラックの内装色よりも広く感じることです。

ブラックの内装色とホワイトの内装色を試乗して特に違いを感じたのは、後部座席に座った時の圧迫感です。

ブラックの内装色の時は後部座席に座ると、ブラック特有の【重さ】や【圧迫感】を感じていました。

しかし、ホワイトの内装色では、後部座席にふんだんにホワイトが使用されていることもあり、ブラックの時よりも圧迫感を感じません。車内空間がひと回り広くなったとさえ感じます。

ホワイトの内装色にも欠点・デメリットもありますが、車内に乗りこんでみて、ブラックならではの重さや圧迫感、狭さを感じたら、ホワイトの内装色を検討してみても良いかもしれませんね。

ホワイトの内装色の欠点&デメリット

そんな新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)のホワイトの内装色の欠点・デメリットと言えば、何と言ても汚れが目立つ事です。

アイボリーやライトグレードでも長年乗っていると、黄ばみや黒ずみが目立ちますが、他のカラーが混ざっていない純度100%のピュアホワイトを採用しているこの新型モデルのホワイトの内装色は、他のクルマの明るいカラーよりも余計に汚れや黄ばみが目立ちます。

私がしたクルマでもホワイトの部分を間近で見ていると、やはり黄ばみや黒ずみがはっきよ見てとれました。

このクルマのシートに採用されているのは合成レザー&特製の樹脂でコーティングを施した”レイテック”なのでお手入れは比較的簡単ですが、黄ばみや黒ずみが目立ちやすいのは、かなり気になりました。

まとめ:ホワイトとブラックの内装色では、車内の雰囲気が全然違う

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”に用意されているブラックとホワイトの内装色はそれぞれ、このようなデザインになっていました。

ブラックとホワイトの内装色では、車内の雰囲気に大きな違いが…。

ブラックの内装色はスポーツモデルらしさを感じるスタイリッシュな車内空間になっていたのに対し、ホワイトの内装色は華やかで解放感のある雰囲気に…。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルは、内装色によって、圧迫感や窮屈感も全然異なるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする