新型CRV/CR-Vのサンルーフ実車画像レビュー【使用した時の解放感はスゴイ!?】

2018年8月、ホンダの人気SUVヴェゼル(Vezel)の兄貴分的存在となるミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが2年間のブランクを経て、日本再デビューを果たしました。

今回新発売されたホンダの新型SUVと競合車の大きな違いの一つが、機能や装備の充実度です。

この新型モデルの最上位グレード”EX マスターピース”では、ナビや電動リヤパワーゲートなどを標準装備。余計なメーカーオプションやディーラーオプションを注文しなくても、十分満足できるだけの機能や装備を備えているように感じました。

>>> 画面サイズや機能性はどう!?新型CRV/CRV-の標準装備ナビの実車画像レビュー

また、今回新発売された新型CR-V/CRVの最上位モデル”EX マスターピース(EX Masterpiece)”では、車内を明るくしてくれるサンルーフも標準装備されています。

そんな新型モデルに用意されているサンルーフは、どのようなデザインだったのでしょうか?また、実際にサンルーフを開けてみた時の解放感や明るさは、どうだったのでしょうか?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの最上位モデルに標準装備されているサンルーフの大きさや使い勝手、サイズを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vのサンルーフって、どんなデザイン?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVに標準装備されているサンルーフですが、広さやデザインはこのようになっています。

こちらは、シェードを閉めた状態のサンルーフ。

■シェードを閉めた状態の新型CRV/CR-Vのサンルーフ

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルでは、運転席上部のルームランプ部分にサンルーフの開閉を操作するスイッチが2個用意されており、左側がサンルーフを、そして、右側がシェードを開閉するスイッチとなっています。

■新型CRV/CR-Vのサンルーフ開閉スイッチ

そして、2個あるスイッチの右側、”シェード”を開閉するスイッチを操作して、サンシェードを開けてみると、このような感じに…。

■シェードを開けた状態の新型CRV/CR-Vのサンルーフ

かなり広いですよね。

ご覧の通り、この新型モデルのサンルーフは大きめのサイズになっているため、2列目・3列目シートに座っても、サンルーフの魅力でもある解放感を味わう事ができます。

実際にこの新型モデルのサンルーフを開けた時と閉めた時とでは、車内の解放感や明るさに、こんなにも差があります。

■サンルーフを閉じた時の車内の様子

■サンルーフを開けた時の車内の様子

サンルーフの使用状況によって、車内の明るさ・解放感はかなり変わりますよね。

今回新発売されたこの新型モデルは元々車内が広いため、窮屈感や圧迫感はそれ程感じませんが、サンルーフを使用した時の解放感や清々しさは、別格です。

競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型フォレスター(Forester)のサンルーフもかなり広くて良いと思ったのですが、この新型CR-V/CRVのサンルーフも負けず劣らず良いと思いました。

>>> 【チルトアップ機能や広さは?】新型フォレスターのサンルーフを徹底解剖

新型CRVのサンルーフを実際に開閉してみると…

このように十分な広さを確保している新型CR-V/CRVのサンルーフですが、機能性も充実しており、2種類の開閉方法・開け方を用意しています。

■新型CRV/CR-Vの2種類の開閉方法
・スライド方式
・チルトアップ方式

この新型モデルのサンルーフは、前後に開閉できる”スライド機能”だけではなく、サンルーフの後方を持ち上げる”チルトアップ機能”も用意。そんな新型モデルのサンルーフを開けた時の様子を紹介したいと思います。

サンルーフをスライド開閉した時の様子

ルームランプ部分に用意されているスイッチを操作して、新型CR-V/CRVのサンルーフをスライド開閉してみると、このような感じになります。

■新型CRV/CR-Vのサンルーフを開けた時の様子

ちなみに、これがこの新型モデルのサンルーフを全開に開けた時に様子です。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルのサンルーフは2分割されているのですが、開閉できるのは、前方のガラスエリアのみ。後方のガラスエリアは、固定式となっているため、開閉する事ができません。

前方部分のみでも十分すぎる程の解放感・風通しの良さを味わう事ができますが、個人的には、サンルーフ全体を開閉できるようにしても良かったのかなと思いました。

サンルーフをチルトアップ開閉した時の様子

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVは、サンルーフを前後に開閉するスライド機能だけではなく、後方部分のみを少し浮かせる”チルトアップ機能”も用意しています。

実際にこの新型モデルのサンルーフをチルトアップ開閉してみると、このような感じに…。

■新型CRV/CR-Vのサンルーフをチルトアップ開閉した時に様子

前方のガラスエリアの後方部分が少し持ち上がっているのが、分りますよね。

車内の空気を喚起したい時や新鮮な空気を車内に入れたい時に、このチルトアップ開閉は、重宝するのかなと思いました。

ちなみに、スライドとチルトアップの2つ開閉方法を備えているクルマは、それ程多くありません。競合車・ライバル車の一つでもある新型フォレスター(Forester)のサンルーフには、チルトアップ機能は用意されていませんし…。

このように2つ開閉方法を備えているのも、今回新発売された新型CR-V/CRVに用意されているサンルーフの良さだと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVに標準装備されているサンルーフは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルに用意されているサンルーフは前方のガラスエリアしか開閉する事は出来なかったのは少々残念でしたが、十分に満足できる大きさに…。2列目や3列目シートに座ってみると、サンルーフを備えたクルマならではの解放感や明るさを実感します。

しかも、新型CR-V/CRVの最上位モデルの”EX マスターピース(EX Masterpiece)”場合、この大きなサンルーフがメーカーオプションではなく、標準装備されているのが、ちょっと凄いなと感心をしてしまいました。

>>> 使い勝手は抜群!新型CRV/CR-Vのセンターコンソールの3つアレンジを徹底解説

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする