予想以上の価格差が!?新型CRV/CR-Vとハリアーの見積もりを比較

2018年8月、2年間のブランクを経て、ホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vがハイブリッド車&7人乗り仕様を引っ下げて、日本再デビューを果たしました。

そんな新型モデルの競合車・ライバル車の一つは、トヨタから発売されているミドルクラスSUVのハリアー(Harrier)です。

どちらのモデルもミドルクラスSUVの中でトップクラスの車体本体価格になっていますが、新型CRV/CR-Vと新型ハリアー(Harrier)それぞれの見積もり金額・乗り出し価格は、どれくらいだったのでしょうか?

また、この2台のモデルでは、どちらの方が乗り出し価格が高かったのでしょうか?

先日、ホンダの新型CRV/CR-Vとトヨタの新型ハリアー(Harrier)の見積もりを近所のディーラーで貰ってきたので、乗り出し価格の差を比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

どっちが高い!?新型CRV/CR-Vとハリアーの見積もりを比較

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vと新型ハリアー(Harrier)それぞれの見積もりは、このようになっています。

■新型CRV/CR-Vの見積もり
グレード:ハイブリッド EXマスターピース
カラー   :プラチナホワイトパール

■新型ハリアーの見積もり
グレード:プログレス メタル&レザーパッケージ
カラー   :ホワイトパールクリスタルシャイン

今回私が貰ってきた見積もりは、それぞれハイブリッド車の最上位モデル”EX マスターピース”と”プログレス メタル&レザーパッケージ”です。

また、それぞれのお店のディーラーさんに、「できるだけ同じ条件にしてください。」とお願いをして、見積もりを作成して頂きました。

このようにお願いをして貰ってきた新型CRV/CR-Vと新型ハリアー(Harrier)それぞれの見積もり金額・乗り出し価格は、いくらだったのでしょうか?

そんな2台のモデルの見積もりを詳しく見ていきましょう。

その1.新型CRV/CR-Vの見積もり

こちらが、今回私が貰ってきた新型CRV/CR-Vのハイブリッド車の最上位モデル”EX マスターピース(EX Masterpiece)”の見積もりです。

■新型CRV/CR-V ハイブリッドの見積もり
グレード:EX マスターピース

この新型モデルの最上位グレード”EX マスターピース(EX Masterpiece)”は、ナビや大型サンルーフ、本革シートなど、競合車・ライバル車ではメーカーオプション設定になっているのが、このクルマでは標準装備されております。

なので、メーカーオプションは一切注文いたしませんでした。

また、ディーラーオプションに関しても、ETC車載器やバックカメラなどが標準装備されているため、必要最小限のアイテムのみ。

■新型CRV/CR-Vで注文をしたオプション
・新車パッケージ
価格:100,440円
・ドライブレコーダーパッケージB
価格:71,928円
・DRC録画キット
価格:14,148円
・コーティング
価格:91,899円
・ETCセットアップ料金
価格:3,240円
・助成金
価格:-540円
ディーラーオプション合計金額:281,016円

このような条件でお願いをした新型CRV/CR-Vの見積もり金額・乗り出し価格は、このようになっていました。

■新型CRV/CR-V ハイブリッドの乗り出し価格
・車体本体価格    :4,188,240円
・オプション価格 : 281,016円
・諸経費&税金    : 208,689円
・乗り出し価格    :4,677,945円

今回新たにラインナップに加わったハイブリッド車の車体本体価格にオプション代&諸経費を加えた乗り出し価格は、約467万円。

「機能や装備が充実しているとは言え、ちょっと価格が高すぎるな…。」と言うのが、正直なところでした。

その2.新型ハリアーの見積もり

一方、トヨタから発売されている高級SUV新型ハリアー(Harrier)の見積もり金額・乗り出し価格は、いくらだったのでしょうか?

こちらが私が貰ったトヨタの高級SUVの見積もりです。

■新型ハリアーの見積もり
グレード:プログレス メタル&レザーパッケージ

また、こちらが、このクルマを注文をする際にお願いをしたメーカーオプションです。

■新型ハリアーのメーカーオプション
・ホワイトパールクリスタルシャイン塗装料:
価格:32,400円
・スペアタイヤ
価格:10,800円
・電動ムーンルーフ
価格:151,200円
メーカーオプション合計:151,200円

新型CRV/CR-Vとできるだけ同じ条件にするために、メーカーオプション設定になっている電動ムーンルーフを注文。また、ディーラーさんがおススメのスペアタイヤも装着いたしました。

また、新型ハリアー(Harrier)のディーラーオプションも、新型CRV/CR-Vとできるだけ同じアイテムを装着するようにいたしました。

■新型ハリアーのディーラーオプション
・ETC車載器
価格:28,620円
・ETCセットアップ料金
価格:2,700円
・コーティング
価格:75,600円
・盗難防止機能付きナンバーフレームキット
価格:8,748円
・フロアマット
価格:39,960円
・サンバイザー
価格:26,028円
・ホイールナット
価格:10,800円
オプション価格合計:192,456円

このようなメーカーオプション/ディーラーオプションをお願いした時の新型ハリアー(Harrier)の見積もり金額・乗り出し価格は、このようになっていました。

■新型ハリアー ハイブリッドの乗り出し価格
・車体本体価格               :4,953,960円
・メーカーオプション代   : 151,200円
・ディーラーオプション代: 192,456円
・諸経費&税金               : 395,317円
・乗り出し価格合計 :5,456,536円

新型ハリアー(Harrier)のハイブリッド車の最上位モデル”プログレス メタル&レザーパッケージ”の見積もり金額・乗り出し価格は、約545万円となっていました。

新型CRV/CR-Vハイブリッドの最上位モデルの乗り出し価格が約467万円だったので、約78万円の差が…。

ホンダの新型CRV/CR-Vの見積もりを見た際、ちょっと高いなと感じたのですが、トヨタの新型ハリアー(Harrier)の乗り出し価格は、さらに高い結果に…。

ただ、合成レザーを上手にあしらった新型ハリアー(Harrier)の内装・インテリアは、新型CRV/CR-Vよりも明らかに上質感・高級感が上です。

新型ハリアー(Harrier)の見積もり金額・乗り出し価格は、ミドルクラスSUVの中でトップクラスに高いですが、「これだけ上質な内装・インテリアにしたら、このくらいの金額になってしまうのは仕方ないのかな。」と、誰もが納得できるデザイン性を備えているように感じました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型CRV/CR-Vと、競合車・ライバル車の一つトヨタの新型ハリアー(Harrier)の見積もりを比較してみたところ、このようになっていました。

どちらもミドルクラスSUVの中で特に乗り出し価格が高いと言われていますが、実際に見積もりを貰って比較してみたところ、新型ハリアー(Harrier)の方が50万円以上もの差が…。

新型CRV/CR-Vは大型のサンルーフなどが標準装備されているので、機能や装備を同じにしたら、もう少し乗り出し価格の差は縮まると思っていたので、この金額の差には、少々驚いてしまいました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの乗り出し価格は、スバルの新型フォレスター(Forester)よりも若干高くなっていました。

>>> どのくらい違う!?新型CRV/CR-Vと新型フォレスターの見積もりと比較してみた

つまり、2年半ぶりに復活をした新型CRV/CR-Vの価格設定は、新型フォレスター(Forester)と新型ハリアー(Harrier)のちょうど間の位置付けになっているって事ですね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする