新型CRV/CR-Vって本当に高い!?新型フォレスターの見積もりと比較してみた

北米や中国で人気を博していたホンダの人気ミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが、2018年8月、日本デビューを果たしました。

2年間のブランクを経て日本再デビューを果たしたこの新型モデルは、7人乗りの3列シート仕様をラインナップするなど、様々な魅力があります。

>>> 足元空間はやはり狭い!?新型CRV/CR-Vの3列目シートの居住性レビュー

そんな新型CRV/CR-Vの欠点・デメリットの一つが、競合車・ライバル車よりも高い価格設定です。

先日、私もこの新型モデルの見積もりを貰って来たのですが、頂いた見積もりを思わず二度見してしまうような乗り出し価格になっていました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型SUVの乗り出し価格は、どれくらいだったのでしょうか?また、競合車・ライバル車と比較して、本当に高かったのでしょうか?

そこで今回ホンダから新発売された新型CRV/CR-Vと競合車・ライバル車の一つでもあるスバルのミドルクラスSUVの新型フォレスター(Forester)の乗り出し価格はどれくらい違うのか気になったので、見積もりを比較してみました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vと新型フォレスターの見積もり比較【乗り出し価格の差は、どれくらい?】

今回、私が貰って来たホンダミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vと、その競合車・ライバル車でもある新型フォレスター(Forester)の見積もりは、このようになっています。。

■ホンダ新型CRV/CR-Vの見積もり
グレード:EXマスターピース(ハイブリッド車/FF)

■スバル新型フォレスターの見積もり
グレード:アドバンス(ハイブリッド車)

今回、新たに設定されたハイブリッド車同士の見積もりを比較してみたのですが、それぞれの乗り出し価格は、いくらだったのしょうか?また、乗り出し価格の差は、どのくらいあったのでしょか?

新型CRV/CR-Vと新型フォレスター(Forester)の乗り出し価格・見積もりの詳細を確認していきましょう。

新型CRV/CR-Vの見積もりを公開!乗り出し価格はいくら?

先ほども紹介した通り、今回私は新型CRV/CR-Vのハイブリッド車の最上位モデル”EX マスターピース”の見積もりを貰って来たのですが、私が貰った見積もりの乗り出し価格は、このようになっていました。

■新型CRV/CR-V ハイブリッドの乗り出し価格
グレード:EX マスターピース
車体本体価格   :4,188,240円
オプション価格:   281,016円
諸経費&税金   :   208,689円

乗り出し価格:4,677,945円

ちなみに、今回新発売されたこの新型モデルの最上位グレード”EX マスターピース(EX Masterpiece)”は、ルーフレールや大型のサンルーフ、ナビなどが標準装備されている事もあり、メーカーオプションは装着していません。

また、ディーラーオプションもフロアマットやサンバイザー、ドライブレコーダーなどの基本的なアイテムのみを注文しました。

■今回の見積もりでお願いをした新型CRV/CR-Vのオプション
・新車パッケージ
・ドライブレコーダー
・ボディコーティング

※新車パッケージは、フロアカーペット(プレミアムタイプ)、ドアバイザー、ライセンスフレーム(メッキタイプ)、ナンバープレートロックボトルなどの基本アイテムがセットになったオプションです。

この時の私が貰った新型CRV/CR-Vのハイブリッド車の乗り出し価格は約467万円。

この金額は、「私はこの金額って本当にあっている!?」と、疑いたくなるくらいミドルクラスSUVの相場よりも高めになっています。

私がこの見積もりを貰った時、あまりの乗り出し価格の高さにに驚いて、「思ったよりも乗り出し価格が高いですね~」と話したところ、

ディーラーさんは、「他の車種として比較すると高い金額かもしれませんが、サンルーフやルーフレール、安全装備のホンダセンシングなどが標準装備しての金額なので…。」と、説明をしてくれました。

確かに私が貰ったこの新型ハイブリッド車の見積もりは、「これ以上、何を付ければいいの?」と思ってしまうくらい機能や装備が充実しています。また、内装・インテリアも、誰が乗っても十分に満足できる高級感があります。

>>> 新型CRV/CR-V ハイブリッドの内装レビュー【先進的な機能&装備を徹底解剖】

ただ、それでも450万円オーバーの乗り出し価格は予想以上に高く、また、見積もりに記載されている金額のインパクトも大きく、新型CRV/CR-Vが欲しいとしても、躊躇をしてしまう金額だと思いました。

新型フォレスターの見積もりを公開!乗り出し価格はいくら?

ホンダの新型CRV/CR-V ハイブリッドの乗り出し価格は450万円オーバーとかなり高めの設定になっていましたが、競合車・ライバル車の一つでもある新型フォレスター ハイブリッドの乗り出し価格は、どうなっていたのでしょうか?

こちらは、2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売されたスバルのミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車の乗り出し価格です。

■新型フォレスター ハイブリッド車の乗り出し価格
グレード:アドバンス
車体本体価格   :3,466,800円
オプション代   : 574,063円
税金&諸経費   : 301,575円

乗り出し価格:4,342,438円

ちなみに、新型フォレスター(Forester)では、ルーフレールや大型サンルーフなどは標準装備されていませんでしたが、新型CRV/CR-Vとできるだけ同じ条件にするために、次のようなメーカーオプション/ディーラーオプションを装着いたしました。

■新型フォレスター ハイブリッドのメーカーオプション
・サンルーフ
・パワーリヤゲート
・本革シート
・アイサイト セーフティプラス(視界拡張)
・ルーフレール

■新型フォレスター ハイブリッドのディーラーオプション
・スバル ナビ パック(ダイアトーン)
・ベースキット
・カーゴトレーマット
・ウルトラガラスコーティング

※ベースキットは、フロアカーペット(プレミアムタイプ)、ドアバイザー、ライセンスフレーム(メッキタイプ)、ナンバープレートロックボトルなどの基本アイテムがセットになったオプションです。

このように新型CRV/CR-Vにできるだけ条件を合わせた時のスバルのミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester) ハイブリッドの見積もりの乗り出し価格は、約432万円。

ホンダの新型CRV/CR-V ハイブリッドの乗り出し価格と比較すると、新型フォレスター(Forester)の方が30万円以上も安い結果に…。

この乗り出し価格の差は、大きいですよね。

新型CRV/CR-VはEV走行ができるストロングハイブリッド車、スバルの新型フォレスター(Forester)は、モーターのチカラがエンジンをサポートするだけのマイルドハイブリッド車という機能の違いはあります。

ただ、スバルの新型フォレスター(Forester)の見積もりと比較をすると、新型CRV/CR-Vの乗り出し価格の高さは、気になるところでした。また、新型CRV/CR-Vを購入するかどうか躊躇をする部分の一つなのかなと思いました。

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vと、競合車・ライバル車の一つでもある新型フォレスター(Forester)の見積もりを比較したところ、それぞれの乗り出し価格は、このようになっていました。

ホンダから再デビューを果たした新型CRV/CR-Vの乗り出し価格は、元々ちょっと高いなと感じていました。そして、改めて、新型フォレスター(Forester)の見積もりと比較してみたところ、新型CRV/CR-Vの価格の高さが際立つ結果に…。

この新型モデルには、競合車・ライバル車には無いメリット・魅力が多々ありますが、個人的には、もう10万円~20万円くらい低い価格設定が、妥当な金額なのかなと思いました。

また、今回新発売された新型CRV/CR-Vは、競合車・ライバル車よりも乗り出し価格が高いので、しっかりと値引き交渉をした方が良いのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする