新型CRV/CR-Vの運転席レビュー【座り心地やサイズを徹底解剖】

日本では存在感を発揮できずにひっそりと姿を消したホンダの新型CRV/CR-Vが、2年間のブランクを経て、2018年8月に復活を果たしました。

ハイブリッド仕様や3列目シートの7人乗り仕様の新設定など様々な魅力があるこの新型モデルですが、今回新発売されたこの新型モデルは、クルマとしての基本的な性能もかなりハイレベルになっています。

>>> 3つの違いとは?新型CR-V/CRVのハイブリッドとガソリンの外装を比較

そんな新型CR-V/CRVの基本的な性能の高さを実感したのは、運転席に座った時です。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルの運転席では、なんと走破性に定評のある人気モデル”シビック(CIVIC)”と共通の骨格を採用。

そのおかげもあり、この新型モデルの運転席の座り心地は、予想以上に良かったです。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの運転席は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、運転席の座り心地や機能性は、どうだったのでしょうか?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型モデルの運転席の機能性や座り心地を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vの運転席レビュー:シートデザイン編

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの最上位モデル”EX マスターピース(EX Masterpiece)”の運転席は、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの運転席:ブラウン本革シート

■新型CRV/CR-Vの運転席:ブラック本革シート

今回私が見たモデル”EX マスターピース(EX Masterpiece)”は、本革シートが標準装備されているのですが、ブラック/ブラウンどちらのカラーもスタイリッシュなデザインに…。

座面や背もたれのボリューム感も良く、プレミアムSUVらしい高級感漂うシートデザインになっているように感じました。

乗り降りをしやすさを考慮したシート設計に…

そんな新型CR-V/CRVの運転席の特徴の一つが、シートの骨格です。

この新型モデルの背もたれはサイドサポートはボリュームのあるデザインになっていましたが、座面は、左右の端の高さを抑えたサポート力よりも、乗り降りがしやすさを優先したデザインに…。

ボリューム感のある背もたれのサイドサポートと比較すると、座面のサイドサポートは、かなり控えめですよね。

ただ、新型CR-V/CRVの運転席の高さや乗降性の悪さを考えると、運転中の姿勢を保つサポート力よりも乗り降りのしやすさを最優先するのも当然の事なのかもしれませんね。

新型CRV/CR-Vの運転席レビュー:機能編

このようにスタイリッシュなデザインになっていた新型CR-V/CRVの運転席ですが、プレミアムSUVらしい機能性も備えておりました。

例えば、運転席の位置や背もたれの角度を調整するリクライニング&シートの位置を調整できるスライド機能。

今回、フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルの運転席は、電動のリクライニングやスライドする機能だけではなく、運転中の腰の負担を和らげてくれる電動4ウェイのランバーサポートも全グレード標準装備。

■新型CRV/CR-Vの運転席の電動パワーシートスイッチ

長時間ドライブする人や腰痛持ちの人には、腰のサポート部分も自分好みで調節する事ができるランバーサポートが標準装備されているのは、助かりますよね。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVでは、3段階から調整する事ができるシートヒーターも標準装備。

■新型CRV/CR-Vのシートヒーター

3段階から温度調整できるのは、嬉しいですよね。

しかも、ディーラーさんの話によると、この新型モデルの運転席に用意されているシートヒーターは、熱線の密度や位置を見直して、先代モデルよりも温かさを実感しやすくなるように改良を施したようですよ。

この新型モデルには、スバルの新型フォレスターに搭載されている運転手の顔を認識して、シート位置などを自動調節する”ドライバーモニタリングシステム”のような派手な機能はありません。

■新型フォレスターのドライバーモニタリングシステム

>>> 新型フォレスターのドライバーモニタリングシステム【魅力&メリットを徹底解剖】

ただ、今回新発売された新型CR-V/CRVの運転席は、十分に満足できる機能性を備えているのように感じました。

新型CRV/CR-Vの運転席レビュー:座り心地編

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの運転席は、座り心地もかなり良かったです。

ただ、この新型モデルの座り心地は、競合車・ライバル車と若干の違いが…。

スバルの新型フォレスター(Forester)や日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)の運転席は、座った瞬間にシートの座面が沈み込み、クッション性の柔らかさを感じる”ふんわり”とした座り心地に…。

一方、ホンダからデビューをした新型CR-V/CRVの運転席は沈み込みが少なく、パリっとした高質感のある座り心地に…。座った時の体への圧力が分散される感じがあり、長時間ドライブでも疲れを感じにくシートになっているように感じました。

新型CR-V/CRVの運転席は、シートサイズも十分

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの運転席は、十分なシートサイズを確保しているため、ゆったりとした座り心地に…。

そんな新型モデルの運転席のサイズを計測してみたところ、このようになっていました。

■新型CRV/CR-Vのシートサイズ
・背もたれの大きさ
横幅:約520mm
長さ:約790mm
・座面の大きさ
横幅:約500mm
長さ:約510mm
※シートサイズは、一番広い部分で計測しています。

身長175cm中肉中背の私がこの新型モデルの運転席に座ったところ、座面や背もたれにかなりの余裕があり、広々とした座り心地に…。この新型モデルの運転席は横幅が広いため、大柄な男性でも、狭さや窮屈さを感じる事なく、快適に運転できるのかなと思いました。

また、この新型CR-V/CRVの運転席に座ってみて良いと思ったのが、センターコンソールのサイド部分に用意されていたソフトパッド製のクッションガードです。

このクッションガードのおかげで、運転中、左足がセンターコンソールにぶつかっても、不快な思いや痛い思いをする事はありません。

このような細やかな心配りも新型CR-V/CRVの良いところだと思いました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVの運転席は、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルに用意された運転席は、スタイリッシュなデザインに…。また、シートサイズが大きく、ゆったりと座れるのも好印象でした。

ただ、この新型モデルの運転席は、沈み込みが少ない硬めの座り心地に…。

私自身は硬めの座り心地の方が好みなので大満足だったのですが、シートのクッションが硬すぎると感じる方もいるかもしれません。

ちなみに、この新型モデルを試乗した際、私の妻は、「このクルマの運転席のクッションは、硬すぎてあまり好みではない。」と、ハッキリと言っていましたし…。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、運転席の座り心地や快適性をしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 【7人乗りvs5人乗り】新型CRV/CR-Vの後部座席の3つの違いとは?

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする