新型CRV/CR-Vの7人乗りレビュー【5人乗りには無い魅力&メリットとは?】

街乗りにピッタリなアーバンスタイルのクロスオーバーとして人気を博したホンダの
新型CRV/CR-Vが、2年ぶりに日本復活を果たしました。

2018年8月にデビューを果たした新型モデルのガソリン車では、5人乗り仕様に加えて、7人乗り3列シート仕様も加わりましたが、売れ行き自体は、圧倒的に5人乗り仕様の方が高いようです。

>>> 5人乗りと7人乗りで違いは!?新型CRV/CR-Vのガソリン車の最新納期

ただ、実際にこの7人乗り3列シート仕様を確認してみると、5人乗り仕様には無い様々な魅力&メリットが…。少なくとも、私は5人乗り仕様よりも7人乗り仕様の方が気に入っています。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたガソリン車の7人乗り3列シート仕様の魅力&メリットは、何だったのでしょうか?また、私が5人乗り仕様よりも7人乗り仕様の方が気に入った理由は、何だったのでしょうか?

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vに新たにラインナップされた7人乗り3列シート仕様の魅力&メリットを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vの7人乗り2列シート【5人乗り仕様にない魅力とは?】

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのガソリン車に新たにラインナップされた7人乗り3列シートの内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の内装・インテリア
グレード:EX マスターピース(EX Masterpiece)

インパネのデザインやフロントシートなどクルマの前方は、5人乗り2列シート仕様と全く同じになっています。

ただ、ライド機能や小さく折り畳むことができるタンブル機能を搭載した2列目シートを用意するなど、クルマの後方は全く異なるデザインになっていました。

>>> 【7人乗りvs5人乗り】新型CRV/CR-Vの後部座席の3つの違いとは?
>>> 7人乗りと5人乗りの3つの違いとは?新型CRV/CR-Vガソリン車の荷室の比較レビュー

そんな新型CRV/CR-Vのガソリン車の7人乗り3列シート仕様を実際に確認してみたところ、次のような魅力&メリットがありました。

魅力1:乗車人数の多さ

今回新発売された新型CRV/CR-Vのガソリン車の7人乗り仕様の魅力&メリットの一つは、何といっても乗車人数の多さです。

ただ、この新型モデルの3列目シートは、居住空間が狭く、他のシートとして座り心地が劣るのため、日常的に使用するのは難しいです。あくまで乗車人数が増えた時の補助シートとして使用するのが、ベストです。

また、このクルマを試乗した際、ディーラーさんも仰っていましたが、この7人乗り仕様の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)は狭めなので、長距離ドライブや旅行などには不向きです。

■新型CRV/CR-Vの7人乗りの3列目シートの足元空間の広さ

こちらは、2列目シートを一番前にスライドした状態(=3列目シートの足元空間が一番広くした状態)で、身長175cmある私が座ってみた時の様子なのですが、ご覧の通り、何とか座れる程度の広さしかありません。

>>> 3列目使用時はやっぱり狭い!?新型CRV/CR-Vの2列目の足元の広さを計測してみた

このように足元空間の広さは限られているため長距離ドライブには不向きな新型CRV/CR-Vの3列目シートですが、短距離ドライブなら十分に活躍できるような感じが…。

例えば、お正月や夏休み、お爺ちゃん/お婆ちゃんの遊びに行って、家族みんなで近くのファミリーレストランに食事へ…なんて場合、ありますよね。

このように一時的に乗車人数が増え、尚且つ、短時間のドライブするケースなら、この
3列目シートは、重宝するのかなと思いました。

魅力2:シートアレンジのバリエーション

また、5人乗り2列シート仕様と比べて、シートアレンジのバリエーションが豊富なのも、7人乗り3列シート仕様の魅力の一つです。

実はこのシートアレンジのバリエーションの豊富さこそ、私が5人乗り仕様よりも7人乗り仕様の方が好きな理由の一つなんです。

例えば、この新型モデルの2列目シートと3列目シートの右側(運転席側)を収納すれば、4人乗車できる状態で、5人乗り仕様よりも広い荷室・ラゲッジスペースを作る事が可能です。

■新型CRV/CR-Vのシートアレンジ(4人乗りモード)

また、新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の2列目シートを小さく折り畳めば、2列目シートと3列目シートの間に広大なスペースを確保する事ができるため、荷室・ラゲッジスペースの高さを超えるような背の高い荷物も積み込むことができちゃいます。

ちなみに、この7人乗り仕様は、2列目シートに様々な機能を搭載しているため、また、3列目シートを設置しているため、5人乗り仕様よりも車体本体価格で約23万円ほど高くなっています。

この価格差は決して安い金額ではありませんが、この新型モデルの車内の広さを有効活用したい人や荷室・ラゲッジスペースに多くの荷物を積み込む機会が多い方には、この価格差の払う価値のあるモデルだと思いました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのガソリン車に新たに設定された7人乗り3列シート仕様は、このようなデザインになっていました。また、このようなメリット&魅力がありました。

この新型モデルの7人乗り仕様の一番の特徴である3列目シートは補助シート的な役割となっており、3列目シートの使い勝手は、新型ステップワゴン(STEPWGN)やオデッセイ(ODESSEY)などのミニバンよりも劣ります。

ただ、その一方、3列目シートが用意されば、イザという時に助かるのも事実です。また、様々なシートアレンジをする事ができるのも、3列目シートがあるからこそです。

この新型CRV/CR-Vの特徴の一つでもある車内の広さを有効活用したい人にとっては、様々なシートアレンジを楽しめる7人乗り2列シート仕様は、ピッタリなのかなと思いました。

>>> 新型CRV/CR-Vの5人乗りと7人乗り【ディーラーのおすすめはどっち?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする