新型デイズの安全性能はスゴイ!?【競合車よりも優れている3つの事とは?】

新しいプラットフォームとエンジンを採用し、大きく進化を遂げた2代目新型デイズ(DAYZ)が、2019年3月に日産からデビューを果たしました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルに損話割っている安全装備の一つ”自動ブレーキ”は、競合車の一つでもあるスズキのワゴンRよりも若干劣っています。

ただ、この新型モデルでは、競合車・ライバル車には用意されていない様々なアイテムを用意しており、遥かに優れた安全性能を備えているように感じました。

2019年3月にデビューを果たした新型デイズ(DAYZ)の安全性能は、競合車・ライバル車と比較して、どこが優れていたのでしょうか?

競合車・ライバル車には無いこの2代目モデルの優れた安全性能の魅力や競合車には無いメリットを、包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

優れた安全運転支援システム

2019年3月にデビューを果たした新型デイズ(DAYZ)の安全性能が、競合車よりも高いと感じた理由の一つが、優れた安全運転支援システムです。

■新型デイズと競合車の安全装備比較

新型デイズ ムーブ ワゴンR N-WGN
緊急自動ブレーキ
踏み間違い防止アシスト
(歩行者/車両検知)

(車両検知のみ)

(前方のみ)
車両逸脱防止支援
(ハンドル制御付き)

(警報のみ)

(警報のみ)
駐車時映像支援
ハイビームアシスト

ご覧いただければ分かると思いますが、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルに用意されている安全運転支援システムは、競合車・ライバル車とそれほど大きく変わりません。(ホンダのNワゴンは少々見劣りしますが…)

ただ、各安全装備支援システムの性能に関しては、新型デイズ(DAYZ)は、競合車・ライバル車を圧倒しているように感じました。

例えば、発進時や後退時のアクセルとブレーキの踏み間違いによる衝突事故を予防する”踏み間違い衝突防止アシスト”。

競合車やライバル車では、壁などの障害物や車両しか検知できないのに対し、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)では、車両や障害物以外に歩行者も検知。衝突する危険があると判断した場合、エンジンの出力を制御やブレーキ制御を行ってくれます。
※歩行者を検知するのは、前方のみ。

また、車線逸脱防止支援システム(インテリジェント LI)も、その一つです。

スズキのワゴンRやダイハツのムーブに備わっている”車線逸脱防止支援システム”は、自車が白線からはみ出しそうになると、警告を発し、注意を喚起してくれるのみです。

しかし、今回、フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)では、マルチインフォメーションディスプレイや警告音で注意を喚起するだけではなく、車両を白線内に戻す方向にハンドル・ステアリングホイールを制御し、車線内に復帰するのを促してくれます。

車線からはみ出しそうになると、ハンドル・ステアリングホイールを車線内に戻る制御は、高級車に備わっている機能で、軽自動車やコンパクトカークラスでは、滅多にお目にかかりません。

このような高級機能が、まさか、新型デイズ(DAYZ)に装着されるとは、ちょっと驚きです。

競合車・ライバル車よりもワンランク上の性能の安全運転支援システムが搭載されているのは、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

衝突時の安全性の高さ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)の安全性能を確認していて良いと思ったのが、衝突時にドライバーや同乗者を保護してくれるエアバッグの充実ぶりです。

当然のことながら、新型デイズ(DAYZ)も競合車も、運転手がハンドルやダッシュボードに頭を打ち付けるのを防ぐ”運転席/助手席エアバッグ”標準装備されています。

ただ、スズキのワゴンRやダイハツのムーブなどの競合車では、側面からの衝突に対応するサイドエアバッグやカーテンエアバッグは、オプションやグレード別の設定になっているんですよね。

しかし、今回フルモデルチェンジをした新型デイズ(DAYZ)では、一番オーソドックスな”運転席/助手席エアバッグ”に加え、横からの衝突に対応してくれるサイドエアバッグやカーテンエアバッグも全グレード標準装備されています。

これは地味に嬉しい!

ちなみに、競合車の一つダイハツのムーブ(MOVE)にサイドエアバッグ/カーテンエアバッグを装着した時のオプション価格は、6万4800円となっています。

ちょっと高いですよね…。

この価格だと、装着しようか迷ってしまう人も大勢いそうな感じが…。

競合車・ライバル車では標準装備されていないサイドエアバッグ/カーテンエアバッグが、日産の新型デイズ(DAYZ)では用意されている事も、安全性能の高さを物語っているのかなと思いました。

軽自動車初となる安全装備が盛り沢山

また、2019年3月にデビューを果たした新型デイズ(DAYZ)の魅力の一つは、軽自動車初となる安全装備が多い事です。

その一つが、SOSコールです。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)では、交通事故や急病など緊急の際に自動的に専用のオペレーターと接続し、迅速な対応をして貰える”SOSコール”が、メーカーオプションで用意されています。

■新型デイズのSOSコール

>>> デイズのSOSコールって必要!?どんな時に役立つの?【ディーラーに確認してみた】

このような機能が備わっていると、イザという時の安心感が違いますよね。

また、今回新発売された日産のハイト系ワゴン新型デイズ(DAYZ)では、軽自動車初となる9インチサイズの大型ナビを用意。

■新型デイズの9インチサイズナビ

>>> 新型デイズの純正のカーナビ”MM318D-L”は買い!【機能性&使い勝手レビュー】

画面のサイズが9インチサイズとなると、かなり迫力がありますよね。

また、バックや駐車をする際に役に立つアラウンドビューモニターを使った際も、かなり見やすいです。

■新型デイズのアラウンドビューモニター

>>> 使いやすい!?新型デイズのアラウンドビューモニターの視認性インプレ

このように今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルは、軽自動車初となる安全装備や機能が用意されているのも魅力の一つなのかなと思いました。

自動ブレーキの性能など、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)に用意されている安全装備の中には、物足りなさを感じた部分があったのも事実です。

ただ、この新型モデルには、ハンドルを制御していくれる”車線逸脱防止支援システム”や”SOSコール”など、競合車・ライバル車には無い機能を多数用意。

今回新発売された新型デイズ(DAYZ)は、軽自動車クラスをリードする優れた安全性能を備えているように感じました。

>>> 競合車よりも劣る!?新型デイズの自動ブレーキで気になったところとは?

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする