新型デイズのSOSコールって必要!?どんな時に役立つの?【ディーラーに確認してみた】

新しいプラットフォームを採用し、大幅に進化を遂げた日産の2代目新型デイズ(DAYZ)が、2019年3月にデビューを果たしました。

同一車線自動運転技術のプロパイロット機能が用意されるなど、安全装備の充実度がこの新型モデルの魅力の一つですが、その中でも注目なのが、日産車で初めて搭載された”SOSコール”です。

最近、”SOSコール”を搭載しているクルマは増えてきましたが、まさか、軽自動車にも搭載されるとは…と言った感じです。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)にオプションとして用意されている”SOSコール”は、どのような機能なのでしょうか?また、このSOSコールは、どんな時に使用すれば、良いのでしょうか?

日産車に初めて搭載された”SOSコール”は使い方や価格などを、いつもお世話になっているディーラーさんに確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズに搭載されているSOSコールって、どんな機能?

日産のクルマとして新型デイズ(DAYZ)に初採用となる事故自動通報システム”SOSコール”とは、その名の通り、交通事故や急病などの緊急時や不測の事態の時、専用のオペレーターに自動的に繋がり、迅速な対応ができると言う機能です。

軽自動車で初搭載となっているこの”SOSコール”ですが、次の2つの方法で専用のオペレーターに連絡を取る事ができます。

自動的に専用オペレーター接続

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型デイズ(DAYZ)では、エアバッグが展開するレベルの事故が発生した場合、NTTドコモの回線を通じて、自動的に専用のオペレーターに接続する仕組みになっています。

事故発生時、ダッシュボードの前方に備わっている”SOSコール専用スピーカー”から流れてくる専用オペレーターの呼びかけに応答がない場合、オペレーターから警察や消防に出動要請が行われます。

■新型デイズのSOSコール専用スピーカー

また、自動的に専用のオペレーターに接続すると当時に、車両側から位置情報や減速Gなどの運転状況、シートベルトの着用有無などの情報をオペレーター側に送信。オペレーター側は、傷害レベルを予測し、重篤な事故と判断した場合、ドクターヘリやドクターカーを直ちに呼ぶなどの対応をしてくれます。

手動で専用オペレーターに接続

また、メーカーオプション設定になっている”SOSコール”を装着すると、新型デイズ(DAYZ)のダッシュボードの上段にスイッチが装着され、手動で専用オペレーターに連絡を取る事が可能です。

■新型デイズに備わっているSOSコールスイッチ

この新型モデルに用意されている”SOSコールスイッチ”は、二重のカバーになっており、
カバーをパカっと開けて、赤いスイッチを押すと、専用のオペレーターと繋がる仕組みに…。

また、事故発生時と同様に、このSOSコールスイッチを押した際も、車両の位置情報などがオペレーターの方に伝わります。

急病で運転をする事が出来ない時や車両が故障で動かす事ができない時など、緊急時に自ら専用オペレーターに連絡できるのは、とても心強いのかなと思いました。

また、最近問題になっている煽り運転の対応もしてくれるみたい…。

一人ではとっても不安なあおり運転を受けてた際、SOSコールを使用すると、警察の出動要請だけではなく、どのような対応をすれば良いのかアドバイスなども受けることができるようですよ。

新型デイズのSOSコールのオプション価格はいくら?装着した方が良い?

イザという時に役に立ちそうな新型デイズ(DAYZ)のSOSスイッチなのですが、残念ながら標準装備ではなく、全グレード通じてメーカーオプション設定になっているんですよね。

そんな事故自動通報システム”SOSコール”のオプション価格は、いくらなのでしょうか?いつもお世話になっているディーラーさんに確認してきました。

■SOSコールのオプション価格…3万2400円

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルに用意されている”SOSコール”のオプション価格は、税込みで3万2400円。

この”SOSコール”のオプション価格は、意外と安いと思いませんか?

この”SOSコール”のオプション価格が10万円以上もするのなら、装着するのに二の足を踏んでしまいます。ただ、このくらいの金額でイザという時の安心を手に入れる事ができるのなら、十分に装着する価値はあるのかなと思いました。

ちなみに、私がお世話になっているディーラーさんでは、半数以上の方が、新型デイズ(DAYZ)のメーカーオプション設定になっている”SOSコール”を装着していっているようですよ。

また、この新型デイズ(DAYZ)の兄弟車で三菱から発売されている”新型exワゴン/ex x”では、”SOSコール”の用意がないので、ご注意を…。

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された日産のハイト系ワゴン”新型デイズ(DAYZ)”の注目のアイテムの一つ”SOSコール”の使い勝手は、このようになっていました。

また、事故や病気などの緊急時だけではなく、最近、問題になっている煽り運転時にも対応してくれる”SOSコール”は、装着されているだけで、イザいという時の安心感が違うような感じが…。

また、オプション代がお手頃なのも好印象でした。

自動ブレーキや事故自動通報システム”SOSコール”などの安全装備は、使う機会が無いのが一番良いですが、イザと言う時のために装着しておいても良いのかなと思いました。

>>> 競合車よりも劣る!?新型デイズの自動ブレーキで気になったところとは?

ちなみに、この”SOSコール”は、メーカーオプション設定となっており、後付けする事ができないので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする