日産 新型デイズの安全装備を徹底解剖【どんな機能を備えている?】

軽自動車の常識を打ち破るべく最新の技術を惜しみなく投入した軽自動車2代目新型デイズ(DAYZ)が、2019年3月に日産からデビューを果たしました。

スタイルから走りまで全方位的に進化を遂げたこの新型モデルですが、見逃せないポイントの一つが安全装備の充実度です。この新型モデルでは、競合車よりも優れた安全装備が用意されており、日常の相棒として、とても心強いクルマに仕上がっていました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルでは、どのような安全装備が用意されていたのでしょうか?また、自動ブレーキや踏み間違い防止アシストなどの各機能の性能は、どうだったのでしょうか?

2019年3月にデビューを果たした新型デイズ(DAYZ)に用意されている最新の安全装備の性能や使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズには、どんな安全装備が用意されているの?

2019年3月にデビューを果たした2代目新型デイズ(DAYZ)では、次のような事故を防ぐ予防安全装備が用意されています。

■新型デイズに用意されている主な予防安全装備

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)
・車線逸脱防止支援システム(インテリジェントLI)
・車線逸脱防止警報(LDW)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・ハイビームアシスト
・SOSコール

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)は、事故を未然に防ぐ予防安全装備だけではなく、事故が起こった時にドライバーや同乗者の身を守る衝突時の安全装備も充実していました。

■新型デイズに用意されている主な衝突安全装備

・SRSエアバッグシステム(前席)
・SRSサイドエアバッグシステム(前席)
・SRSカーテンエアバッグ
・シートベルト非着用時警告灯&警告音

このような安全装備機能が、最廉価モデルに位置をするノーマル車のSグレードを含めて、全グレード標準装備されているのは、この新型モデルの魅力の一つなのかなと、思いました。
※プロパイロット機能など、一部の安全装備は、グレード別設定になっています。

新型デイズに用意されている各安全装備の性能や作動条件を確認

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)に装備されている自動ブレーキや踏み間違い衝突防止アシストなどの安全装備は、競合車のスズキのワゴンRやダイハツのムーブなど、競合車・ライバル車にも搭載されています。

ただ、同じ安全装備でも、メーカーや車種によって、特徴や性能、作動条件(対応範囲)などは大きく異なるんですよね。

そこで、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)に用意されている主な安全装備の性能や特徴、作動条件などを詳しく紹介したいと思います。

インテリジェントエマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)

最近発売された車種では、搭載が当たり前になっている自動ブレーキですが、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)でも、全グレード標準装備されています。

この新型モデルに搭載されている自動ブレーキ(インテリジェントエマージェンシーブレーキ)は、フロントガラス上手に設置された単眼カメラで周囲の状況を検知。

衝突の恐れがある場合、まずは、警告音とディスプレイ画面で警告します。それでも、ドライバーが衝突回避行動を行わなかった場合は、自動ブレーキを作動して、衝突の回避や軽減を図ります。

■新型デイズに備わっている単眼カメラ

この新型モデルに搭載されている自動ブレーキ(インテリジェントエマージェンシーブレーキ)は、自動車だけではなく、歩行者も検知。そして、対車両では、時速約10km~80km/h、対歩行者では、約60km/h以下で作動するようになっています。

ただ、新型デイズ(DAYZ)の自動ブレーキの性能は、競合車のスズキのワゴンRよりも若干見劣りするように感じました。

>>> 競合車よりも劣る!?新型デイズの自動ブレーキで気になったところとは?

車線逸脱防止警報&車線逸脱防止支援システム

新型デイズ(DAYZ)に用意されている車線逸脱防止警報(LDW)は、時速約60km/hで走行中、車線から逸脱しそうになった時に警告音とディスプレイ画面で注意を喚起するシステムです。

さらに、今回新発売された新型モデルでは、車線から逸脱しそうになると、車線逸脱防止支援システム(インテリジェントLI)が作動。車線内に戻る方向にハンドルを制御し、ドライバーが車線内に復帰操作するように促してくれます。

ちなみに、ハンドルを制御して、車線内に戻るように促す車線逸脱防止支援システムが搭載されている軽自動車は、かなりレアです。

このような貴重な機能が搭載されているのは、今回新発売された新型デイズ(DAYZ)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

踏み間違い防止アシスト

新型デイズ(DAYZ)に搭載されている踏み間違い防止アシストとは、その名の通り、ブレーキやアクセルの踏み間違による急発進を抑制し、壁やコンビニ、歩行者などに衝突するのを防ぐ機能です。

この新型モデルでは、クルマの前後に搭載された8つのソナーと単眼カメラで周囲にある壁や障害物、歩行者などを検知しているため、前進だけではなく、後退時にも対応しています。

ただ、前進時と後退時で検知できる対象が若干異なります。

前進時は、壁などの障害物だけではなく、歩行者や車両も検知できるようになっています。しかし、後退時に関しては、歩行者や車両は検知できず、壁やガラスなどの障害物のみに…。

しかも、新型デイズ(DAYZ)の踏み間違い防止アシストは、歩行者や車両、障害物によって、作動条件が異なります。

■新型デイズの踏み間違い防止アシストの対応速度

歩行者:約0~25km/h
車両   :約0~25km/h
障害物:約0~15km/h

このように今回フルモデルチェンジをして新発売された踏み間違い防止アシストは、前後や対象物によって、条件が大きく異なるので、ご注意くださいね。

ハイビームアシスト

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)は、先行車や対向車のライト、周囲の明るさに合わせて、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれるハイビームアシストを全グレード標準装備しています。

毎回、手動でハイビームとロービームを切り替える乗って、面倒なんですよね。
また、ヘッドライトの切り替えを忘れる時もありますし…。

他の安全装備と比較すると地味な機能ですが、ヘッドライトを切り替える煩わしさから解放してくれる有難い機能だと思いました。

2019年3月にデビューをした2代目新型デイズ(DAYZ)は、このような安全装備を用意していました。

自動ブレーキの性能など、若干気になるところはあるものの、今回新発売された新型モデルは、軽自動車の中でトップクラスの安全装備を備えています。

>>> 新型デイズの安全性能はスゴイ!?【競合車よりも優れている3つの事とは?】

これらの安全装備に依存し過ぎて安全運転を疎かにするのはダメですが、この新型モデルに用意されている様々な安全装備は、イザという時にドライバーや同乗者をしっかりと守ってくれる心強い味方なのかなと感じました。

また、メーカーオプション設定となっているのですが、事故や緊急時などに専用のオペレーターに連絡する事ができる”SOSコール”が、新型デイズ(DAYZ)に軽自動車で初めて用意されているのも見逃せないポイントの一つですよ。

>>> デイズのSOSコールって必要!?どんな時に役立つの?【ディーラーに確認してみた】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする