新型デイズ ボレロの内装には、どんな専用装備を用意!?【実車画像で徹底解剖】

日産の2代目新型デイズ(DAYZ)では、ハイウェイスターとノーマル車の他に、外装や内装のデザインにこだわった特別モデル”ボレロ(Bolero)”も用意しています。

外装や内装に様々な専用アイテムを用意しているボレロ(Bolero)は、オシャレを楽しむ感覚でクルマと付き合いたい人にはピッタリな一台になっていました。

>>> オシャレかわいい!?新型デイズ ボレロの外装の魅力を実車画像で徹底解剖

そんな新型ボレロ(Bolero)の内装・インテリアには、どのような専用アイテムを用意していたのでしょうか?また、ベースとなっているXグレードの内装とどのような違いがあったのでしょうか?

2019年3月にデビューをした新型デイズ(DAYZ)のカスタムモデルのボレロ(Bolero)の内装・インテリアに用意されている専用アイテムを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズ ボレロの内装に用意されている専用装備&アイテムを徹底解剖

オーテックが手掛けた新型デイズ(DAYZ)のカスタマイズ仕様”ボレロ(Bolero)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型デイズ ボレロの内装

この”ボレロ(Bolero)”は、ベースとなっているノーマルモデルのXグレードと同様に、明るくて開放感のある雰囲気の内装・インテリアに…。

ただ、この新型デイズ ボレロ(DAYZ Bolero)の内装・インテリアには、様々な専用アイテムや装備が用意されており、ノーマル車のXグレードよりもオシャレで高級感のあるデザインになっていました。

そんな新型”ボレロ(Bolero)”の内装・インテリアに用意されている主な専用アイテムを紹介したいと思います。

ダッシュボード(インパネ)

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ ボレロ(DAYZ Bolero)に用意されている専用アイテムの一つが、ダッシュボード(インパネ)です。

■ボレロのダッシュボード(インパネ)

この”ボレロ(Bolero)”では、モチモチとした柔らかな感触が特徴のブラウンピンクのソフトパッドを採用。

ピンクと言ってもビビットな感じではないので、思ったよりも派手さはないため、幅広い年齢層に愛されそうな感じが…。

また、この”ボレロ(Bolero)”のダッシュボードの左右に備わっている送風口(サイドレジスター)には、ピアノブラック調の加飾が施されており、良いワンポイントアクセントになっているのも好印象でした。

■ボレロの送風口(サイドレジスター)

ハンドル・ステアリングホイール

また、新型デイズ ボレロ(DAYZ Bolero)では、ハンドル・ステアリングホイールも専用デザインとなっています。

■ボレロのハンドル

ダッシュボードのカラーにマッチをしたピンクとアイボリーを組み合わせたハンドルの色合いも良かったのですが、それ以上に良いと思ったのが、ハンドルに使用されている素材です。

このクルマのベースとなっているXグレードでは、シンプルなウレタン製のハンドルを標準装備していたため、やはり安っぽい感じが…。

■Xグレードのハンドル

しかし、オーテックが手掛けた”ボレロ(Bolero)”では、グリップ感の良い本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

ピンク×アイボリーを施した”ボレロ(Bolero)”のハンドル・ステアリングホイールは、見た目のデザイン性だけではなく、握り心地も良くなっていたのが、好印象でした。

ドア内側パネル

また、専用デザインとなっている新型デイズ ボレロ(DAYZ Bolero)のドア内側パネルもデザイン性と上質感を兼ね備えたデザインになっていました。

■ボレロのドア内側パネル

キレイなアイボリーカラーが印象的なボレロ(Bolero)のドア内側パネルの良いところの一つが、トリムの素材です。

このボレロ(Bolero)のベースとなっているXグレードでは、ファブリック素材になっていたのに対し、この新型モデルでは、ダッシュボードなどにも使用されているソフトパッドを採用。

■ボレロのドアトリム

■Xグレードのドアトリム

手をドアアームレストに置いた時にドアトリムに腕や肘が触れるのですが、この時の肌触りがファブリック素材を採用しているXグレードよりも柔らかく、触れ心地が良いのが好印象でした。

また、ドアハンドルもプラスチック素材ではなく、メッキ調のデザインに…。

■ボレロのドア内側ハンドル

このキラリと輝くメッキ調のドアハンドルが良いワンポイントアクセントになっており、、ボレロ(Bolero)らしい高級感と上質感を演出しているように感じました。

シート

また、オーテックが手掛けた新型デイズ ボレロ(DAYZ Bolero)は、シートも専用のデザインとなっています。

■ボレロのフロントシート

■ボレロの後部座席

今回新発売されたボレロ(Bolero)は、他のモデルとは異なり、ピンクとホワイトでコーディネートをしたシートを標準装備。

ピンクのソフトパッドを採用したダッシュボードとの相性も良く、オシャレで明るい車内空間を演出していました。

また、オーテックが手掛けたカスタム仕様の”ボレロ(Bolero)”では、ファブリック素材とソフトレザーを組み合わせたコンビシートを標準装備。

■メイン部分に採用されているファブリック素材

■シートサイドに採用されているソフトレザー

車体本体価格が安めに設定されているノーマルモデルのXグレードがベースになっていると分からないくらい高級感・上質感のある質感を備えていました。

2019年3月にデビューを果たした2代目新型デイズ(DAYZ)のカスタム仕様”ボレロ(Bolero)”の内装・インテリアには、このような専用アイテムを用意していました。

今回新発売された新型ボレロ(Bolero)は、肌触りの良いソフトレザーを採用するなど、質感や素材にこだわった内装・インテリアに…。

ベースとなっているXグレードの内装の質感に物足りなさを感じた人には、ボレロ(Bolero)は、ピッタリなのかなと思いました。

>>> 新型デイズの安全性能はスゴイ!?【競合車よりも優れている3つの事とは?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする