XとGターボで異なる!?新型デイズ ハイウェイスターの最新の納期情報

2019年3月にデビューを果たした2代目新型デイズ(DAYZ)の中で上位モデルに位置をするのが、精悍な顔つきが特徴のハイウェイスターです。

そんな新型モデルのハイウェイスター(Highway STAR)は、大きく分けて、”Xグレード”と”Gターボ”と言う2つのグレードを用意しているのですが、ビックリするくらい納期・納車待ちが異なります。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)の”ハイウェイスターX”と”ハイウェイスターGターボ”の納期・納車待ちは、どれくらいなのでしょうか?また、どのくらいの差があったのでしょうか?

いつもお世話になっているディーラーさんに、この2代目モデルのハイウェイスター(Highway STAR)の納期・納車待ちを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズ ハイウェイスターの納期・納車待ち:A店舗のケース

■新型デイズ ハイウェイスターの最新の納期

ハイウェイスターX         :1ヶ月半~2ヶ月前後
ハイウェイスターGターボ:4ヶ月前後

■ディーラーさんへの質問1

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)の上位モデル”ハイウェイスター”の納期・納車待ちは、どのような感じになっているのでしょうか?

■ディーラーさんからの回答1

グレードや装着するオプション、同一車線自動運転技術のプロパイロット機能の有無などによって異なるのですが、ノーマルエンジンにSハイブリッドを組み合わせた”ハイウェイスターX”は、おおよそ1ヶ月半~2ヶ月前後の納期・納車待ちとなっています。

一方、Sハイブリッドとターボエンジンを組み合わせた”ハイウェイスターGターボ”の納期・納車待ちは、4ヵ月前後でお届けとなっています。

ただ、今回お話させていただいた納期・納車待ちはあくまで目安なので、短くなったり長くなったりする事は多分にあるので、あくまで参考と考えてください。

■ディーラーさんへの質問2

ハイウェイスターGターボの方が圧倒的に納期・納車待ちが長くなっていますが、ハイウェイスターGターボの方がXよりも人気が高いためでしょうか?

■ディーラーさんからの回答2

納期の長さ自体は、ハイウェイスターGターボの方が圧倒的にながくなっていますが、実は売れ行きは、全く逆になっているんですよ。

売れ行き自体は、ハイウェイスターGターボよりもハイウェイスターXの方が、圧倒的に高くなっており、私どものお店では、7割近いお客さんがノーマルエンジンのハイウェイスターの方を購入されて行きます。

■ディーラーさんへの質問3

先ほど、オプションやプロパイロット機能の装着によって、納期・納車待ちに若干の違いがでると仰っていましたが、納期が遅くなるオプションなどはあるのででしょうか?

■ディーラーさんからの回答3

現在、装着するオプションによって、納期・納車待ちに大きな違いはありません。ただ、材料の欠品などの問題が生じると、納期・納車待ちが長くなる可能性がございます。

また、高速道路の運転をアシストしてくれるプロパイロット機能を装着しないモデルよりも装着するモデルの方が、若干(1週間~2週間程度)ですが、納期・納車待ちが長い傾向にあります。

■ディーラーさんへの質問4

現在、新型デイズ(DAYZ)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”を中心に納期・納車待ちは長い状態になっていますが、当分、このような状態が続いていくのでしょうか?

■ディーラーさんからの回答4

これは私個人の勝手な予想になってしまうのですが、今後、新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターの納期・納車待ちは、若干短くなっていくように感じます。

ただ、消費税の増税の関係で、2019年10月前に駆け込み注文が増える可能性があるので、夏以降は再び納期が延びると予想しています。

また、お盆やゴールデンウィーク、年末年始は、工場がお休みになるため、納期・納車待ちが、若干長くなる事がございます。

新型デイズ ハイウェイスターの納期・納車待ち:B店舗のケース

■新型デイズ ハイウェイスターの最新の納期

ハイウェイスターX         :1ヶ月~2ヶ月前後
ハイウェイスターGターボ:3ヶ月半~4ヶ月前後

■ディーラーさんへの質問1

フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)の上位モデル”ハイウェイスター”では、パワートレインが異なる2つのグレードを用意していますが、納期・納車待ちは、どのようになっているのでしょうか?

■ディーラーさんからの回答1

現在のところ、この新型モデルは、グレードやプロパイロット機能、ボディカラーによって、納期・納車待ちは大きく異なります。

例えば、ハイウェイスターXでは、プロパイロット機能が装着されていないモデルは、1ヶ月ちょっとくらい、また、プロパイロットエディションは、1ヶ月半~2ヶ月前後の納期・納車待ちとなっています。

一方、ターボエンジンを搭載したハイウェイスターGターボでは、ハイウェイスターXよりも納期・納車待ちは、かなり長めで、プロパイロットを装着してい無いモデルが3か月半、プロパイロットエディションが4ヵ月前後となっています。

ただ、納期・納車待ちは刻一刻と変化するので、目安として考えて頂ければと思います。

■ディーラーさんへの質問2

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターは各グレード、プロパイロットエディションとプロパイロットを装着してい無いモデルの2つを用意していますが、どちらの方が人気が高いですか?

■ディーラーさんからの回答2

私個人の主観になっていしまうのですが、プロパイロット エディションとプロパイロット機能が装着していないモデルの販売比率は、ちょうど半分半分くらいだと思います。

若い世代の方や新型デイズ(DAYZ)に乗って遠出をしたいと思っている方は、プロパイロットエディションをお選びになる傾向が強いのですが、高齢者の方は、設定が難しいと感じているためか、プロパイロットを装着していないモデルの方をお選びになる傾向があるように感じます。

■ディーラーさんへの質問3

新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターでは、ブラウン基調のエレガントな内装に変更する事ができる”プレミアムコンビネーションインテリア”などのオプションを用意していますが、これらのオプションを装着すると、納期・納車待ちは、長くなるのでしょうか?

■ディーラーさんからの回答3

現時点では、プレミアムコンビネーションインテリアを注文しても、納期・納車待ちは、長くなりません。

ただ、ハイウェイスターのみに設定されている2トーンカラーを注文すると、2週間~1ヶ月前後、納期・納車待ちが長くなる可能性があるので、ご注意ください。

また、事故にあった際や煽り運転を受けた際に専用のオペレーターに接続して、サポートをして貰える”SOSコール”を搭載した場合も納期・納車待ちが長くなります。

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された日産の新型デイズ(DAYZ)の上位モデル”ハイウェイスター”の最新の納期・納車待ちを確認してみたところ、このようになっていました。

ご覧いただいた通り、ノーマルエンジンを搭載した”ハイウェイスターX”とターボエンジンを搭載した”ハイウェイスターGターボ”では、納期・納車待ちに、予想以上の差が…。

特に、納車まで3か月以上もかかる”ハイウェイスターGターボ”の購入を検討している方は、現在乗っているクルマの車検切れなどに注意をしてくださいね。

>>> 新型デイズ ハイウェイスターGとXの乗り出し価格の差は小さい【見積もり公開】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする