日産 新型デイズの内装色【3つのタイプのインテリアカラーを実車画像で徹底解剖】

プロパイロット機能をはじめ、様々な先進装備を惜しみなく採用した日産の軽自動車2代目新型デイズ(DAYZ)が、2019年3月にデビューを果たしました。

今回、フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルは、ハイウェイスターとノーマル車の2つのモデルを用意していますが、外装・エクステリアだけではなく、内装色にも違いがあります。

また、上位モデルの”ハイウェイスター(Highway STAR)”では、エレガントな”プレミアムコンビネーションインテリア”もオプションで用意しており、合計で3種類の内装色を用意しています。

このように今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)では、3つの内装色を用意しているのですが、それぞれどのようなデザインだったのでしょうか?また、どのような特徴があったのでしょうか?

実車画像を使って、日産からデビューを果たした2代目新型デイズ(DAYZ)の3つの内装色(インテリアカラー)を比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズ ノーマルモデルの内装色

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のノーマルモデルの内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型デイズのノーマルモデルの内装

下位モデルに位置をする”ノーマルモデル”の内装・インテリアは、アイボリーを基調にしたデザインに…。オシャレなアイボリーを内装色に採用したノーマルモデルは、軽やかで、温かみのあるインテリアになっていました。

ダッシュボードにはグレージュのソフトパッドを採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のノーマルモデルのダッシュボードには、グレーとベージュの中間色”グレージュ”のソフトパッドを採用。

■ノーマルモデルのダッシュボード

このグレージュを基調にしたオシャレなダッシュボードも、カジュアルで明るいイメージの内装・インテリアに一役買っている感じが…。

また、このダッシュボードに採用されているソフトパッドは肌触りも良く、下位モデルとは思えない上質感があるのも好印象でした。

シートは、カジュアルなソファーのようなデザインに…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のノーマルモデルは、ダッシュボードと同様にグレージュ基調のシートを採用。

■ノーマルモデルのシート

このノーマルモデルのシートは、粗めに編んだ凹凸の感じられる肌触りとなっており、ソファーのようなカジュアルなデザインに…。

また、シートサイドやヘッドレスト、アームレストに施されているダークブラウンが、明るい車内の中で良い引き締め役となっていました。

新型デイズ ハイウェイスターの内装色

一方、新型デイズ(DAYZ)の上位モデル”ハイウェイスター(Highway STAR)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■ハイウェイスターの内装・インテリア

上位モデルの”ハイウェイスター(Highway STAR)”は、ブラックを基調にネイビーをアクセントカラーに用いた内装色を採用。

明るくカジュアルな雰囲気が魅力だったノーマルモデルとは一転して、スタイリッシュでモダンな内装・インテリアに…。

また、ネイビーをアクセントカラーに採用したこの新型モデルの内装・インテリアは、精悍な顔つきが特徴のハイウェイスター(Highway STAR)のイメージにピッタリなデザインになっていました。

ダッシュボードにはネイビーのソフトパッドを採用

スタイリッシュさを強調したデザインになっている新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスター(Highway STAR)の内装・インテリアですが、ダッシュボードには、ネイビーのソフトパッドを採用。

■ハイウェイスターのダッシュボード

ダッシュボードにネイビーを採用しているクルマってあまり見かけないのですが、ブラック一色のダッシュボードよりも重たくなく、思ったよりも良いなと思いました。

ハイウェイスターは、市松模様のデザインのシートを採用

また、新型デイズ(DAYZ)の上位モデル”ハイウェイスター”のシートも、このようにスタイリッシュなデザインになっています。

■ハイウェイスターのシート

シートのメイン部分には、ハイウェイスターの頭文字でもある”HWS”の文字があしらわれており、凝ったデザインに…。

また、このハイウェイスター(Highway STAR)では、ノーマルモデルとは異なり、織物みたいなサラサラとした肌触りが特徴の上質なトリコット素材を採用。

そのため、肌に触れた時の感触が良く、ワンランク上の高級感のある座り心地になっていました。

新型デイズのオプション”プレミアムコンビネーションインテリア”

今回フルモデルチェンジをして新発売された2代目新型デイズ(DAYZ)の上位モデル”ハイウェイスター(Highway STAR)”では、メーカーオプションでブラウン基調の”プレミアムコンビネーションインテリア”を用意しています。

■新型デイズのプレミアムコンビネーションインテリア

このプレミアムコンビネーションインテリアでは、明るさを抑えたダークトーンのブラウンを採用。そのため、このプレミアムコンビネーションインテリアの内装・インテリアは、落ち着いていて、大人っぽい雰囲気になっていました。

ダッシュボードには、ダークブラウンのソフトパッドを採用

オプションで用意されている”プレミアムコンビネーションインテリア”のダッシュボードには、大人っぽい印象を与える専用デザインのダークブラウンのソフトパッドを採用。

■プレミアムコンビネーションインテリアのダッシュボード

また、ハンドル・ステアリングホイールもダッシュボードに合わせて、ブラウンカラーになっています。

■プレミアムコンビネーションインテリアのハンドル

ダークブラウン基調の内装・インテリアと言うと、車内全体が暗くなりがち(重くなりがち)なのが欠点・デメリットの一つです。

ただ、このプレミアムコンビネーションインテリアでは、ダッシュボードに施されたライトブルーのステッチを採用しており、ダークブラウン特有の暗さや重さを上手に緩和。

実際に車内に乗りこんでみると、大人っぽさはありつつも、思ったよりも圧迫感や重さを感じなかったのが、好印象でした。

プレミアムコンビネーションインテリアでは、シートも専用デザインに…

また、新型デイズ ハイウェイスター(DAYZ Highway STAR)に用意されている”プレミアムコンビネーションインテリア”では、シートもブラウンを基調にした専用デザインになっています。

■プレミアムコンビネーションインテリアのシート

このプレミアムコンビネーションインテリアのシートは、ブラウンを基調にしたデザインになっているものの、ブルーをアクセントカラーに使用した凝ったデザインに…。

また、シートサイドに施されているステッチもブルーになっています。

ブラウン系とブルー系の組み合わせはちょっと珍しいと思いましたが、実際に確認してみると、思ったよりも違和感がなく、オシャレな雰囲気が漂うシートになっていました。

また、シートサイドがレザー調の素材になっており、標準仕様のシートよりもワンランク上の高級感があるのが好印象でした。

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された日産のハイト系ワゴン新型デイズ(DAYZ)では、ご覧の通り、個性的な3種類の内装色を用意していました。

この新型モデルは、モデルによって内装色やデザインが大きく異なりますが、どの内装色もレベルが高く、オシャレな仕上がりに…。選ぶ内装色によって、車内の雰囲気は大きく異なりますが、どの内装色を選んでも、十分に満足できるデザイン性を備えているように感じました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)では、オーテックが手掛けたカスタム仕様のボレロ”を用意しているのですが、このボレロの内装・インテリアは、ピンクを基調にした特別なデザインになっています。

>>> 上質で華やかなインテリアに!?新型デイズ ボレロの内装の実車画像レビュー

標準仕様の内装・インテリアも良いですが、特別感のある”ボレロ(Bolero)”の内装・インテリアも要注目ですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする