サイズはどれくらい!?新型デイズの床下収納の広さを計測してみた

日産からフルモデルチェンジをして新発売をした2代目新型デイズ(DAYZ)は、広い荷室・ラゲッジスペースが特徴の一つですが、床下収納も用意しています。

先日、このクルマに備わっている床下収納(サブトランク)のを確認してきたのですが、予想以上に広く、使いやすいように感じました。

この2代目モデルに用意されている床下収納(サブトランク)は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、床下収納のサイズは、どのくらいだったのでしょうか?

新しいデザインに生まれ変わった新型デイズ(DAYZ)の荷室下に備わっている床下収納の広さや使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

日産 新型デイズの床下収納(サブトランク)は、どんなデザイン?

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された日産のハイト系ワゴン2代目新型デイズ(DAYZ)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■デイズの荷室・ラゲッジスペース

後部座席をスライドして荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調節する事ができるこの2代目モデルの荷室・ラゲッジスペースのフロアは、2枚のボードを組み合わせて作られています。

■新型デイズの荷室フロア

そして、この荷室フロアの下に床下収納(サブトランク)が用意されています。

実際にこの新型モデルの荷室フロアを持ち上げて、床下収納(サブトランク)を確認してみると、このような感じに…。

■新型デイズの床下収納

かなり広いですよね。

このクルマの荷室フロアを持ち上げると、ラゲッジスペースの横幅いっぱいに広がる床下収納(サブトランク)が登場。

床下収納(サブトランク)んの底面は、フラットではなく、両サイドの部分が若干高めになっていたのが少々気になるところでしたが、深さも十分。また、奥行き&横幅も意外と広い感じが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型デイズ(DAYZ)は、後部座席を一番後ろにスライドすると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きが狭くなり、収納力が一気に悪くなってしまうんですよね。

■後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室

>>> 新型デイズの荷室サイズを計測【後部座席の位置で広さはどれくらい変わる?】

しかし、この広くて使い勝手に良い床下収納(サブトランク)を上手に活用すれば、後部座席を一番後ろにスライドした状態でも、普段使い程度なら、荷物の置き場に困る事はないのかなと思いました。

また、荷室フロアのフロアの裏面には、持ち上げた荷室フロアを固定するためのストラップも用意されており、床下収納に荷物を出し入れする際、両手を使えるように工夫が施されているのも好印象でした。

新型デイズの床下収納(サブトランク)のサイズはどのくらいだった?

このように広くて使い勝手の良いデザインになっていた日産の新型デイズ(DAYZ)の床下収納(サブトランク)ですが、サイズは、どれくらだったのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際に、床下収納(サブトランク)の広さを計測してきたので、紹介したいと思います。(ちなみに、床下収納のサイズを計測したのは、FF車です。)

■新型デイズの床下収納のサイズ(FF車)

奥行き:約350mm
横幅 :約820mm
深さ :約 90mm ~ 約275mm

また、ディーラーさんの話では、この新型モデルの床下収納(サブトランク)の容量は、約54リットルあるようです。

これだけ広ければ、十分ですよね。

そんな新型デイズ(DAYZ)の床下収納(サブトランク)を確認して特に良いと思ったのは、深さです。

床下収納(サブトランク)のサイドの部分の深さは浅く、約90mm程度しかありません。しかし、最深部では、約275mm程度の深さが…。また、一番深い部分の底面の横幅は、約620mmもあります。

そのため、この床下収納(サブトランク)を活用すると、A型のベビーカーやゴルフバッグも立てた状態で積み込む事ができるそうですよ。

また、車中泊をする時にも、この広い床下収納(サブトランク)は荷物置き場として、重宝するのかなと思いました。

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された日産の新型デイズ(DAYZ)の床下収納を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルのFF車では、広くて深さもある床下収納(サブトランク)を標準装備。

スズキ ワゴンR(WAGON R)やホンダ Nワゴン(N-WGN)などの競合車・ライバル車も、荷室の下に床下収納を備えています。ただ、競合車・ライバル車のものよりも、このクルマの床下収納(サブトランク)が一番使い勝手が良いように感じました。

もしこれからこの新型デイズ(DAYZ)の試乗に行かれる方は、ラゲッジスペースのフロアを持ち上げて、床下収納(サブトランク)の広さや使い勝手も確認してみてくださいね。

>>> バリエーションは豊富!?新型デイズのシートアレンジを実際に試してみた

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする