装備の違いが一目瞭然!新型デイズXグレードとボレロの外装を比較

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された2代目新型デイズ(DAYZ)は、Xグレードをベースにしたカスタムモデル”ボレロ(Bolero)”も用意されています。

先日、カスタム仕様の”ボレロ(Bolero)”とノーマル車のXグレードを見比べる機会があったのですが、やはり専用アイテムを備えている”ボレロ(Bolero)”の方が、オシャレな感じが…。

>>> オシャレかわいい!?新型デイズ ボレロの外装の魅力を実車画像で徹底解剖

フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルのXグレードと”ボレロ(Bolero)”は、それぞれどのようなデザインになっていたのか?また、この2台のモデルの外装・エクステリアは、どのような違いがあったのか?

実車画像を使って、新型デイズ(DAYZ)の”ボレロ(Bolero)”とXグレードの外装・エクステリアの違いを紹介したいと思います

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズ Xグレードとボレロの外装・エクステリアをチェック

2019年3月にデビューを果たした2代目新型デイズ(DAYZ)のノーマル車の最上位モデル”Xグレード”は、このようなデザインになっています。

■Xグレードの外装・エクステリア

ノーマル車の最上位モデル”Xグレード”は、親しみやすいカジュアルなデザインに…。

ノーマル車の最上位モデル”Xグレード”は、14インチサイズのアルミホイールを備えるなど、装備も充実しており、見た目のデザインにこだわる人でも、十分に満足できるクルマに仕上がっていました。

>>> 親しみやすさが魅力!?2代目新型デイズのノーマル車の外装を実車画像で徹底レビュー

一方、こちらが、Xグレードがベースとなっているカスタム仕様の新型デイズ ボレロ(DAYZ Bolero)の外装・エクステリアです。

■ボレロの外装・エクステリア

最近の日産車の特徴でもあるVモーショングリルや、”L字型”になっているリアコンビネーションランプなど、”ボレロ(Bolero)”の基本的な外装・エクステリアは、ベースとなっている”Xグレード”と同じになっています。

ただ、外装・エクステリアに様々な専用アイテムを備えている新型デイズ ボレロ(DAYZ Bolero)の方が、ワンランク上の高級感・上質感のあるデザインに…。ワンランク上な軽自動車をオシャレに乗りこなしたいと思っている方には、ピッタリな一台なのかなと思いました。

新型デイズ Xグレードとボレロの外装のアイテム・装備の違いとは?

このような外装デザインになっている新型デイズ(DAYZ)のXグレードとカスタム仕様の”ボレロ(Bolero)”。

この2台のモデルの外装・エクステリアを見比べてみたところ、次のような違いがありました。

ボディカラー

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のXグレードとカスタム仕様の”ボレロ(Bolero)”の大きな違いの一つが、用意されているボディカラーです。

ベースとなっているノーマルモデルのXグレードでは、定番のホワイトパールやブラックなどを含めて、10色のボディカラーを用意しています。

■Xグレードに用意されているボディカラー

・ホワイトパール
・スターリングシルバー
・ソーダブルー
・ブロッサムピンク
・プレミアムサンシャインオレンジ
・オーシャンブルー
・スパークリングレッド
・プレミアムオリーブ
・アッシュブラウン
・ブラック

一方、新型デイズ ボレロ(DAYZ Bolero)は、ホワイトルーフを採用した専用の2ローンカラーを含む全7色をラインナップ。

■ボレロに用意されているボディカラー

・ブロッサムピンク×ホワイトパール (専用カラー)
・ブラック×ホワイトパール (専用カラー)
・ソーダブルー×ホワイトパール (専用カラー)
・スパークリングレッド
・アッシュブラウン
・スターリングシルバー
・ホワイトパール

ご覧の通り、Xグレードとボレロ(Bolero)では、用意されているボディカラーが異なるので、ボディカラーから購入するモデルを選んでも良いかもしれませんね。

フロントグリル

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のXグレードと”ボレロ(Bolero)”では、フロントグリルも若干異なります。

■Xグレードのフロントグリル

■ボレロのフロントグリル

どちらのモデルも日産の特徴でもあるVモーショングリルを採用していますが、Xグレードでは、シンプルなメッキを採用しているのに対し、”ボレロ(Bolero)”では、光沢感を抑えたダーククロームメッキを標準装備。

ダーククロームメッキを採用している”ボレロ(Bolero)”の方が、Xグレードよりも引き締まったフロントマスクになっているように感じました。

バックドアガーニッシュ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のXグレードとボレロでは、リヤのナンバーの上に備わっているバックドアガーニッシュのデザインにも違いがあります。

■Xグレードのバックドアガーニッシュ

■ボレロのバックドアガーニッシュ

ノーマルモデルのXグレードのバックドアガーニッシュは、ボディカラーと同じ色になっていたのに対し、カスタム仕様の”ボレロ(Bolero)”では、ダーククロームメッキのバックドアガーニッシュを採用

このダーククロームメッキが良いワンポイントアクセントになっていて、ノーマルモデルのXグレードよりも高級感のある後ろ姿になっていました。

サイドミラー

新型デイズ(DAYZ)のXグレードとボレロ(Bolero)では、サイドミラーにも違いがあります。

■Xグレードのサイドミラー

■ボレロのサイドミラー

ベースとなっているXグレードのサイドミラーは、ボディと同じカラーになっているのに対し、ボレロ(Bolero)は、ルーフと全く同じホワイトパールカラーに…。

ホワイトパールカラーのサイドミラーが良いワンポイントアクセントになり、ボレロ(Bolero)らしいオシャレな見た目を演出していました。

ちなみに、ボレロ(Bolero)では、パールホワイトのボディカラーを選ぶと、サイドミラーのカラーは、特別にブロッサムピンクになるようですよ。

アウトドアハンドル

また、新型デイズ ボレロ(DAYZ Bolero)を選ぶと、サイドミラーと同様にアウトドアハンドルもホワイトパールカラーになります。

■Xグレードのアウトドアハンドル

■ボレロのアウトドアハンドル

実際に見てみると、このホワイトパールカラーのアウトドアハンドルは、かなり目立ちます。

このオシャレかわいいを上手に演出するアウトドアハンドルも見逃せないポイントの一つかなと思いました。

タイヤ&ホイール

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のXグレードとボレロ(Bolero)の外装・エクステリアの大きな違いの一つが、タイヤ&ホイールのデザインです。

■Xグレードのタイヤ&ホイール

■ボレロのタイヤ&ホイール

Xグレードは、オーソドックスなシルバーのアルミホイールを標準装備していたのに対し、カスタム仕様のボレロ(Bolero)は、キュートなホワイトホイールを標準装備。

個性的なデザインになっているボレロ(Bolero)のホイールは、可愛さだけではなく、ちょっと懐かしさを感じさせるレトロ感があるのも好印象でした。

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された日産の新型デイズ(DAYZ)のXグレードとボレロ(Bolero)の外装・エクステリアを見比べてみたところ、このようになっていました。

ホワイトをアクセントカラーに使用したカスタム仕様のボレロ(Bolero)は、可愛さと大人っぽさを兼ね備えたオシャレなデザインに…。

「ノーマル車のXグレードの見た目は、シンプルすぎて物足りない…。」

「もう少し自分好みのオシャレな軽自動車に乗りたい。」

と、思っている方には、オーテックが手掛けた新型デイズ ボレロ(DAYZ Bolero)は、ピッタリな一台なのかなと思いました。

>>> 座り心地はイマイチ!?2代目新型デイズの後部座席インプレッション

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする