新型デイズのメーカーオプション【ディーラーおすすめのアイテムを聞いてきた】

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された2代目新型デイズ(DAYZ)では、グレード別に様々なメーカーオプションを用意しています。

ただ、オプションの種類が多いため、どのアイテムが良いのか迷っちゃいますよね。

そこで、いつもお世話になっている営業マンの方に、人気が高くて、装着した方が良いおススメのメーカーオプションを聞いてきました。

6年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)では、どのようなメーカーオプションを用意していたのでしょうか?また、その中で、ディーラーさんが絶対に装着して貰いたいと思っているおススメのアイテムは、何だったのでしょうか?

ディーラーさん一押しのメーカーオプションを、大公開したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズに用意されてるメーカーオプションと価格をチェック

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された日産のハイト系ワゴン車新型デイズ(DAYZ)では、次のようなメーカーオプションを用意していました。

SOSコール

対象:全グレード
オプション価格:32,400円

“SOSコール”とは、事故時や急病時に専用のオペレーターに繋がる機能です。。接続時、クルマの位置情報も転送されるため、迅速、且つ、的確なサポートをしてくれます。

プロパイロット機能

対象:ハイウェイスターX/ハイウェイスターGターボ
オプション価格:86,400円

“プロパイロット機能”とは、アクセルやブレーキ、ステアリング操作を自動制御し、高速道路を運転する際のドライバーの負担を軽減してくれるオプションです。

このオプションを装着すると、電動パーキングブレーキやオートブレーキホールド、インテリジェントアラウンドビューモニターもセットで装着されます。

プレミアムコンビネーションインテリア

対象:ハイウェイスター全車
オプション価格:32,400円

この”プレミアムコンビネーションインテリア”とは、ブラウン基調のエレガントな内装・インテリアにしてくれるオプションです。

シートも、サイドにブランのレザー素材を採用した専用デザインになっており、標準仕様よりもワンランク上の上質感を演出しています。

>>> 新型デイズのプレミアムコンビネーションインテリアは豪華!?実車画像レビュー

15インチアルミホイール

対象:ハイウェイスターX/ハイウェイスターXプロパイロット エディション
オプション価格:21,600円

元々、新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターX系グレードでは、14インチサイズのシルバー塗装を施したホイールが標準装備されているのですが、オプションで、このホイールをひと回り大きい15インチサイズのホイールに変更する事が可能です。

オプションとして用意されている15インチサイズのアルミホイールは、切削加工&ブラック塗装が施されているため、スタイリッシュな見た目を演出します。

インテリジェントアラウンドビューモニター

対象:Xグレード
オプション価格:32,400円

新型デイズ(DAYZ)のノーマルモデルの上位モデル”Xグレード”ではメーカーオプションで、インテリジェント アラウンドビューモニターを用意。

また、アラウンドビューモニターを注文すると、サイドターンランプ付き電動格納式リモコンカラードドアミラーもセットで装着されます。

>>> 使いやすい!?新型デイズのアラウンドビューモニターの視認性インプレ

日産オリジナルナビ取付パッケージ

対象:プロパイロット エディションを除く全車
オプション価格:27,000円

日産オリジナルナビ取付パッケージと聞くと、どんなオプションかイメージをするのが難しいですが、ディーラーオプション設定となっている純正ナビを有効活用するに必要なアイテムです。

そして、この日産オリジナルナビ取付パッケージでは、GPSアンテナ、TVアンテナ、6スピーカーなどの機能・アイテムが含まれます。

ちなみに、プロパイロット エディションでは、日産オリジナル取付パッケージで装着される各アイテムが標準装備されているため、対象外となっています。

>>> 新型デイズの純正のカーナビ”MM318D-L”は買い!【機能性&使い勝手レビュー】

寒冷地仕様

対象:2WD全車
オプション価格:24,840円

寒冷地仕様とは、その名の通り、寒い地域で運転するのに必要なアイテムをセットにしたメーカーオプションです。

この新型デイズ(DAYZ)の寒冷地仕様では、シートヒーター(運転席/助手席)、ヒーター月ドアミラー、リヤヒーターダクト、PTC素子ヒーター、高濃度不凍液の5つのアイテムがセットになっています。

ディーラーさんおススメの新型デイズのメーカーオプションは何?

このように様々なメーカーオプションを用意している新型デイズ(DAYZ)ですが、ディーラーさんがおススメのアイテムは、何だったのでしょうか?

この新型モデルの見積もりを貰っ際、ディーラーさんに質問してみたところ、次の2つのアイテムをおすすめしてくれました。

ディーラーおすすめアイテム1:SOSコール

新型デイズ(DAYZ)に用意されているオプションの中で、ディーラーさんがおススメしていたアイテムの一つが、軽自動車で初搭載となるSOSコールです。

事故や急病人が出た時に専属のオペレーターと接続する事ができ、的確なサポートを受ける事ができるSOSコールですが、ディーラーさんがおススメする理由の一つは、最近ニュースで話題になっている煽り運転(あおり運転)を受けた時でも、対応してくれるからだそうです。

高速道路などで煽り運転を受けた際、SOSコールから専用のオペレーターに連絡すると、オペレーターの方から警察に連絡するだけではなく、パトカーが待機している場所まで誘導してくれるなどのサポートをしてくれるそうです。

怖い思いをしている時にしっかりと的確なサポートをしてくれるのは、心強いですよね。

ディーラーさんの話によると、やはり普通乗用車よりも軽自動車の方が煽り運転(あおり運転)を受ける傾向が強いようですし、イザと言う時の保険として装着する価値は、十分にあるのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、SOSコールの装着率は、約4~5割くらいとなっているそうですよ。

ディーラーおすすめアイテム2:寒冷地仕様

また、2WDモデル全車に装着できる新型デイズ(DAYZ)の寒冷地仕様も、ディーラーさんおススメのメーカーオプションの一つのようです。

「なぜ寒冷地仕様を装着した方が良いの!?」と思ってディーラーさんに理由を尋ねてみたのですが、どうやらシートヒーターが関係しているようです。

今回新発売された2代目モデルの2WD車では、シートヒーターが標準装備されていないどころか、単体オプションでも用意されていないんですよね。

なので、この新型モデルにシートヒーターを装着するには、この寒冷地仕様を注文するしかなくm真冬の寒い日に運転する方には、このオプションを強くおススメしているとの事。

真冬の寒い日、スグに運転席を温めてくれるシートヒーターが備わっていると、助かりますよね。

オプション価格もそれほど高くないですし、シートヒーター目当てで寒冷地仕様を購入するのもありなのかなと思いました。

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された日産緒ハイト系ワゴン2代目新型デイズ(DAYZ)では、このようなメーカーオプションを用意していました。

また、ディーラーさんにおすすめのオプションを訪ねてみたところ、”SOSコール”と”寒冷地仕様”の2つのアイテムを紹介していただきました。

特に軽自動車初となる”SOSコール”は、イザと言う時に頼りになるアイテムなので、装着する価値は十分にあるのかなと思いました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)では、軽自動車初となる9インチサイズのナビなど。ディーラーオプションもかなり魅力的なアイテムが揃っているので、こちらの方にも注目してみてくださいね。

>>> 新型デイズ ハイウェイスターGとXの乗り出し価格の差は小さい【見積もり公開】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする