新型デイズの荷室サイズを計測【アレンジで広さはどれくらい変わる?】

日産が誇るハイト系ワゴン新型デイズ(DAYZ)が初のフルモデルチェンジを行い、2019年3月に2代目モデルがデビューを果たしました。

プロパイロット機能など、軽自動車の枠を超えた装備が注目を集めているこの新型モデルですが、奥行きを調節できる荷室・ラゲッジスペースを備えるなど、クルマとしても使い勝手の良さも魅力の一つです。

そんな2代目モデルの荷室・ラゲッジスペースのサイズは、どのくらいだったのでしょうか?また、後部座席を前後にスライドすると、荷室の奥行きはどれくらい広くなったのでしょか?

日産から新発売された2代目新型デイズ(DAYZ)の荷室・ラゲッジルームの寸法を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

日産 新型デイズの荷室サイズをアレンジごとに確認

2019年3月にデビューを果たした日産の2台目新型デイズ(DAYZ)は、後部座席を前後にスライドする機能や、後部座席の背もたれを左右個別に収納する機能を備えており、様々な荷室アレンジが可能となっています。

>>> アレンジは豊富で使いやすい!新型デイズの荷室【実車画像レビュー】

そこで、次のアレンジをした時の新型デイズ(DAYZ)の荷室サイズを計測してきました。

・後部座席を一番後ろにスライドした状態
・後部座席を一番前にスライドした状態
・後部座席の背もたれを収納した状態

後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室サイズ

日産から新発売された新型デイズ(DAYZ)の後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■後部座席を一番後ろにした時の荷室

後部座席を一番後ろにスライドした状態でも、荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、かなり広いですよね。

そんな新型デイズ(DAYZ)の後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

■後部座席を最後端にした時の荷室サイズ

荷室長 約365mm
荷室幅 約875mm
荷室高 約880mm

今回新発売された新型デイズ(DAYZ)の後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、ハイト系ワゴンの中でトップとなる365mmに達する広さに…。。

部座席を一番後ろにスライドした状態でも、スーパーの大きな買い物袋などの積み込めるサイズとなっているため、普段使いで困る事はないのかなと思いました。

また、ホイールベース部分の張り出しも最小限になっており、大きい荷物も積み込みやすい設計になっているのも好印象でした。

後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室サイズ

新型デイズ(DAYZ)の後部座席の背もたれの中央に備わっているレバーを操作して、後部座席を一番前にスライドした時の荷室・ラゲッジスペースは、このようになります。

■後部座席を一番にスライドした時の荷室

今回新発売された新型モデルの後部座席のスライド幅は広くなっているため、前方にシートをスライドすると、荷室・ラゲッジスペースはかなり広くなります。

そんな後部座席を前方にスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの広さを確認してみたところ、このようになっていました。

■後部座席を最後端にした時の荷室サイズ

荷室長 約540mm
荷室幅 約875mm
荷室高 約880mm

新型デイズ(DAYZ)の後部座席を一番前にスライドした時の荷室の奥行きは540mmとなっており、最後端時よりも1.5倍以上の広さに…。

この新型モデルは、後部座席を左右別々にスライドする事ができないと言う欠点・デメリットもあります。

ただ、大人が後部座席に座れる状態をキープしたまま、1週間以上の海外旅行に使用をする大きなスーツケースを積み込めるだけの広い積載量を備えているのは、新型デイズ(DAYZ)の凄いところだなと関心をしてしまいました。

後部座席を収納時の荷室サイズ

フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)の荷室・ラゲッジスペースは、後部座席の背もたれを収納して、広さや積載量を最大限にする事が可能です。

実際に後部座席の背もたれの左右に備わっているレバーを操作をしてみると、荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■後部座席の背もたれを収納した時の荷室

この時の荷室・ラゲッジスペースのサイズは、このようになっていました。

■後部座席収納時の荷室サイズ

荷室長 約1400mm
荷室幅 約875mm
荷室高 約880mm

後部座席の背もたれを収納しても、当然のことながら、荷室幅や荷室高は変わりません。

ただ、1400mmに達する新型デイズ(DAYZ)の荷室長(奥行き)に関しては、スズキのワゴンR(WGON R)やダイハツのムーブ(MOVE)よりも一回り大きく、ハイト系ワゴンの中でトップの数値となっています。

後部座席の背もたれの部分で大きな段差ができてしまうのは少々残念でしたが、競合車・ライバル車のライバルの追随を許さない荷室・ラゲッジスペースの広さは、この新型モデルならではの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

2019年3月にデビューを果たした新型デイズ(DAYZ)の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、競合車・ライバル車よりもサイズが大きく、荷室長/荷室幅/荷室高どれをとってもハイト系ワゴン車の中でトップクラスの数値となっていました。

また、何より、荷室サイズが広いだけではなく、後部座席を一番後ろにスライドした状態でも、十分に満足できる積載量を備えているなど、使い勝手に優れているのも好印象でした。

もし、ハイト系ワゴン車の中でトップクラスの荷室サイズを備える新型デイズ(DAYS)で満足できなかったら、もう一回り荷室が大きいノートなどのコンパクトカーや、デイズルークス(Dなどのスーパーハイト系ワゴン車の購入を検討した方が良いと思いますよ。

>>> 新型デイズのラゲッジの欠点【競合車よりも劣ると感じた2つの事とは?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする