新型デイズのプレミアムコンビネーションインテリアは豪華!?実車画像レビュー

日産が持ちうる最新技術を惜しみなく投入した軽自動車新型デイズ(DAYZ)の2代目モデルが、2019年3月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルの”ハイウェイスター(Highway STAR)”では、オシャレな内装・インテリアを演出する”プレミアムコンビネーションインテリア”を用意しています。

先日、この”プレミアムコンビネーションインテリア”を試乗する事ができたのですが、標準仕様とは全く異なる上質感のあるデザインになっていました。

新型デイズ ハイウェイスター(DAYZ Highway STAR)に用意されているメーカーオプション”プレミアムコンビネーションインテリア”は、どのようなデザインだったのか?また、このオプションの価格は、いくらだったのでしょうか?

実車画像を使って、新型デイズ(DAYZ)に用意されている”プレミアムコンビネーションインテリア”を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズのプレミアムコンビネーションインテリア【運転席周りのデザインをチェック】

メーカーオプションの”プレミアムコンビネーションインテリア”の特徴の一つは、ダッシュボード(インパネ)のデザインです。

■プレミアムコンビネーションインテリアのダッシュボード

標準仕様のハイウェイスターのダッシュボード(インパネ)は、ダークブルーカラーのソフトパッドを採用しているのに対し、このプレミアムコンビネーションインテリアは、ブラウンカラーのダッシュボードを採用。

■標準仕様のハイウェイスターのダッシュボード

ダークブルーのソフトパッドなどを採用しているハイウェイスターの標準仕様のダッシュボードは、生活感のないスタイリッシュさを強調したデザインに…。

一方、ダッシュボード(インパネ)にブラウンカラーを採用したプレミアムコンビネーションインテリアは、標準仕様には無い、落ち着きのあるインテリアになっていました。

また、この”プレミアムコンビネーションインテリア”の助手席側のソフトパッドには、ブルーのダブルステッチを採用。

ブラウンとブルーの組み合わせはあまり相性が良くないのかなと思っていたのですが、実際に見てみると、ブルーのダブルステッチが良いワンポイントアクセントになっていました。

ステアリングホイールもブラウンカラーに…

また、新型デイズ(DAYZ)のプレミアムコンビネーションインテリアのダッシュボードの特徴&魅力の一つが、ハンドル・ステアリングホイールのデザインです。

標準仕様はオーソドックスなブラックの本革仕様になっていたのに対し、この”プレミアムコンビネーションインテリア”では、ハンドル・ステアリングホイールもブラウン仕様に…。

■プレミアムコンビネーションインテリアのハンドル

ブラウンに施されたハンドル・ステアリングホイールは、標準仕様のものよりもオシャレな感じに…。

特別感を感じるハンドル・ステアリングホイールも、この”プレミアムコンビネーションインテリア”の魅力の一つなのかなと思いました。

ドア内側パネルも専用デザインに…

ダッシュボードやハンドル・ステアリングホイールにブラウンの素材を使用して、大人っぽい雰囲気の内装・インテリアを演出している新型デイズ(DAYZ)の”プレミアムコンビネーションインテリア”ですが、ドア内側パネルも専用デザインとなります。

■プレミアムコンビネーションインテリアのドア内側パネル

メーカーオプションの”プレミアムコンビネーションインテリア”を注文すると、トリム部分がオシャレなブラウンカラーに…。

また、素材もファブリックではなく、ソフトパッドのような素材になっており、見た目の高級感だけではなく、腕が触れた時の肌触りが良いのも好印象でした。

新型デイズのプレミアムコンビネーションインテリア【シートのデザインをチェック】

また、プレミアムコンビネーションインテリア仕様にすると、新型デイズ(DAYZ)のシートも専用デザインとなります。

■プレミアムコンビネーションインテリアのフロントシート

■プレミアムコンビネーションインテリアの後部座席

今回新発売された新型モデルの”プレミアムコンビネーションインテリア”は、

パッと見ると、シート中央に向かってブラウンのグラデーションが濃くなっているように見えますが、ダッシュボードと同様にブルーをシートのアクセントカラーに使用。

ブラウンとブルーの組み合わせって、かなり珍しいですよね。

ただ、このシートに採用されているブルーの編物は、明るさを抑えたダークなブルーとなっていたため、ブラウンとの組み合わせもバッチリ、他のクルマ・競合車とは一風変わったスタイリッシュさ漂うデザインになっていました。

プレミアムコンビネーションインテリアは、コンビシートを採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のシートで注目なのが、使用されている素材です。

標準仕様のシートが全面ファブリック素材になっていたのに対し、メーカーオプション設定になっているプレミアムコンビネーションインテリアは、ファブリック素材と合成レザーを組み合わせたコンビシートを採用。

■シートサイドに施されている合成レザー

標準仕様のシートよりもワンランク上の高級感・上質感がありました。

また、このプレミアムコンビネーションインテリアに使用されている素材も、標準仕様と同じトリコット素材だったのですが、織物のようなパリっとした肌触りになっているのも好印象でした。

新型デイズのプレミアムコンビネーションインテリアのオプション価格は、いくら?

このようにシックな内装にする事ができる新型デイズ(DAYZ)の”プレミアムコンビネーションインテリア”ですが、オプション価格は、いくらなのでしょうか?

ディーラーさんに確認してみたところ、このプレミアムコンビネーションインテリアのオプション価格は、3万2400円となっていました。

思ったよりもお手頃なお値段ですよね。

内装・インテリアのデザインを変えるのに10万円以上掛かる車種がある事を考えると、新型デイズ(DAYZ)の”プレミアムコンビネーションインテリア”は、かなり良心的な価格設定だなと思いまいた。

プレミアムコンビネーションインテリア仕様の新型デイズ ハイウェイスター(DAYZ Highway STAR)の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

プレミアムコンビネーションインテリア仕様にすると、ダッシュボードやシートが落ち着いたブラウンカラーになり、大人っぽい雰囲気の内装に…。

男っぽい雰囲気になっているハイウェイスターの標準仕様の内装が苦手な方や、ワンランク上の高級感・上質感を求めたい方には、シックで落ち着いた雰囲気の内装にする”プレミアムコンビネーションインテリア”は、ピッタリなのかなと思いました。

>>> 新型デイズのプロパイロット エディションの内装【未装着車との違いとは?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする