新型デイズの収納スペースは多い!【工夫満載の小物入れを実車画像で確認】

2019年3月、走りや安全性など全方位的に進化を遂げた2代目新型デイズ(DAYZ)が、日産からデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルは、華やかで落ち着きのある内装・インテリアとなっていますが、工夫を凝らした使い勝手の良い収納スペースが用意されているのも注目ポイントの一つです。

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)では、どのような収納スペース・小物入れを用意していたのでしょうか?また、使い勝手はどうだったのどうだったのでしょうか?

私が撮ってきた実車画像を使って、この新型モデルの収納スペースや小物入れのデザインや使い勝手を、詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズの運転席周りの収納スペースをチェック

2019年3月にデビューを果たした日産のハイト系ワゴン新型デイズ(DAYZ)の運転席周りのデザインは、このようになっています。

■新型デイズのインパネ

今回新発売された新型モデルのインパネは上下2段式となっており、その間には、左右に広がるトレイを配置。また、トレイ以外にも様々な種類の収納スペース・小物入れがスマートに組み込まれていました。

そんな新型デイズ(DAYZ)の運転席周りには、どのような収納スペース・小物入れが用意されていたのでしょうか?実車画像を使って、この新型モデルに用意されている収納スペースを紹介したいと思います。

収納スペース1:インパネ中央トレイ

フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)の一番目立つ収納スペースが、助手席側から中央にかけて伸びている”インパネ中央トレー”です。

■インパネ中央トレー

高さはそれ程無いので、女性用の大きな財布やポーチなどを置いておくのには不向きですが、スマホやiPhoneなどを収納するのには最適です。

収納スペース2:インストセンタースライドトレー

また、今回新発売された新型デイズ(DAYZ)の注目の収納アイテムが、引き出して使用をする”インストセンタースライドトレイ”です。

■インストセンタースライドトレー


このインパネ中央トレーは、奥行きが約120mmと意外と広く、スマホやiPhoneなどを置くのにも最適です。

また、このインパネ中央トレーの上段には、引き出し式のドリンクホルダーも装備。

トレーの上段に組み込ま和れているドリンクホルダーを引き出すだけで、サッと収納トレイ&ドリンクホルダーに早変わり。

■インストセンタースライドトレー&ドリンクホルダー

運転席や助手席から手が届く範囲に、様々な用途に使える収納スペースがあるのは、嬉しいですよね。

スマホやiPhoneなどを置いておくのにも良いですが、個人的には、コンビニで購入したパンやおにぎり、ドリンクなどを置いておくのも良いのかなと思いました。

収納スペース3:インストセンターロアボックス

新型デイズ(DAYZ)のインパネの中央したには、開閉して使用をする”インストセンターロアボックス”が用意されています。

■インストセンターロアボックス

サイズ的には350リットルの缶が2本程度収納できる大きさとなっており、それほど大きくありません。

ただ、このインパネ中央下ボックスは、意外と設置場所に困るゴミ箱として重宝するのかなと思いました。

収納スペース4:助手席シートアンダーボックス

兄弟車の”デイズルークス(DAYZ ROOX)”と同様、今回新発売された新型デイズ(DAYZ)でも、助手席の下に引き出して使用する”助手席シートアンダーボックス”が用意されています。

■助手席シートアンダーボックス

サイズも大きいので、サンダルを履く女性には、運転用の靴などを収納しておくのに最適なのかなと思いました。また、取り外して丸洗いをする事も可能なので、お出かけをした際、泥汚れをした子供の洋服などを、置いておく場所としても最適なのかなと思いました。

収納スペース5:コンビニフック

新型デイズ(DAYZ)の助手席側の足元には、3kgまで対応可能なコンビニフックを用意しています。

■コンビニフック

ブレーキを踏んだ途端、助手席に置いていたレジ袋が倒れて中身が散乱…。なんてことありますよね。

この助手席の足元に備わっているコンビニフックは、助手席に置いたレジ袋の落下&転倒防止に役立ちそうです。

収納スペース6:グローブボックス

今回新発売された新型デイズ(DAYZ)では、当然のことながら、助手席の手前にグローブボックスを用意しています。

この新型モデルのグローブボックスを開けてみると、このような感じに…。

■グローブボックス

今回新発売された新型モデルのグローブボックスは、ちょっと小さめ。

ただ、この新型モデルの運転席周りには十分な収納スペース・小物入れが用意されているので、この小さなグローブボックスでも困る事は無いのかなと思いました。

収納スペース7:インストスライドボックス

数多く用意されている新型デイズ(DAYZ)の運転席周りの収納スペースの中で特に重宝すると思ったのが、グローブボックスの上段に設置されている”インストスライドボックス”です。

■インストスライドボックス

引き出し式になっているインストスライドボックスの何が良いのかというと、ボックス型のティッシュがスッポリと収納できるサイズになっているんです。

小さいお子さんがいるご家庭では、これはかなり嬉しいですよね。

置き場所に困るティッシュ置き場がしっかりと用意されているのは、個人的には、かなりの高ポイントでした。

収納スペース8:インスト運転席ポケット

新型デイズ(DAYZ)では、ハンドル・ステアリングホイールの下側にポケット状の収納スペース”インスト運転席ポケット”を用意しています。

■インスト運転席ポケット

このインスト運転席ポケットは、入れたアイテムを車外から確認できない死角となっているので、財布などの貴重品を収納しておくのに最適ですよ。

収納スペース9:運転席側ドア内側パネル

2019年3月にデビューを果たした新型デイズ(DAYZ)は、運転席側と助手席側でドア内側パネルに備わっている収納スペースのデザインに違いがあります。

こちらは運転席側のドア内側パネルです。

■運転席側ドア内側パネル

運転席側には、ドリンクホルダーと雑誌などを収納できるポケットを組み合わせた収納スペースを標準装備。

■ドア内側パネルのドリンクホルダー&ポケット

運転席側のドアポケットは、大きめのサイズに…。

ドアポケット周りの空間が大きく取られており、雑誌やドリンクの出し入れがしやすいデザインになっていたのが、好印象でした。

また、ドア内側パネルのアームレスト部分に備わっているドアハンドルは、ガムやミントタブレットなどを収納する小物入れとして使用する事もできますよ。

■ドアハンドル

収納スペース10:助手席側ドア内側パネル

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)の収納スペースを確認していて、一番印象的だったのが、助手席側のドア内側パネルです。

■助手席側のドア内側パネル

この新型モデルの助手席側のドア内側パネルは、雑誌や地図を収納できるポケットが無くドリンクホルダーのみとなっています。

ただその代わりに、この新型モデルでは、ドア内側パネルのデッドスペースを活用したオリジナルデザインの収納スペースを用意しています。

■新型デイズ オリジナルのドア内側収納ボックス

ドア内側パネルにこれだけ大きな収納スペースが用意されているのは、ちょっと驚きですよね。

開け閉めがしにくいのが少々難点ですが、車検証など普段使用しないアイテムを収納するのに最適なのかなと思いました。

新型デイズの後部座席りの収納スペースをチェック

フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)の後部座席に用意されている収納スペースは、シートバックポケットなど基本的なアイテムしか用意されていません。

ただ、この後部座席周りの収納スペースにも様々な工夫が…。

そんな新型モデルの後部座席周りの収納スペースをチェックしていきましょう。

収納スペース1:シートバックポケット

今回新発売された新型デイズ(DAYZ)の後部座席周りの収納スペースで関心をしたのが、シートバックポケットです。

■シートバックポケット

今回新発売された新型モデルでは、後部座席に座った時に困るスマホやiPhoneの置き場として最適な小さなポケットを、シートバック上段に用意。

実際にこのシートバックポケットにiPhoneを収納してみると、このような感じに…。

深さもちょうど良く、取り出しがしやすいデザインになっていました。

また、このシートバックの上段のポケットは、中身が確認しやすいメッシュ地になっているのも好印象でした。

ただ、注意が必要なのは、フロントシートの裏側の下段に設置されるロアシートバックポケットです。

■新型デイズのロアシートバックポケット

地図や雑誌などを収納しておくのに便利な大型サイズの収納スペース”ロアシートバックポケット”は全グレード標準装備ではなく、用意されているのは、最上位モデルの”ハイウェイスターGターボ”のみです。

ハイウェイスターXなど、それ以外のグレードでは、地図や雑誌などを収納するのに便利なロアポケット用意されていないので、ご注意くださいね。

収納スペース2:後部座席用ドア内側パネル

また、新型デイズ(DAYZ)の後部座席用のドア内側パネルは、このようなデザインになっています。

■後部座席用ドア内側パネル

後部座席用のドア内側パネルは、小物入れとして使用できるドアハンドルとドリンクホルダーのみと言うシンプルな設計に…。

ご覧の通り、後部座席のドア内側パネルには、十分な収納スペースが用意されていません。なので、後部座席に座った際のメインの収納スペースは、シートバックポケットになるのかなと思いました。

2019年3月にデビューを果たした新型デイズ(DAYZ)に用意されている収納スペースを確認してみたところ、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルでは、引き出し式のセンタートレーやシートアンダーボックスなど、アイディア満載の便利な収納スペースを多数用意。

使い勝手の良い収納スペースがこれだけ用意されていたら、小さいお子さんがいるご家庭でも、荷物の置き場に困る事は無いのかなと思いました。

>>> 座り心地はイマイチ!?2代目新型デイズの後部座席インプレッション

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする