日産 新型デイズのインパネ【運転席まわりの装備やアイテムを徹底解剖】

2019年3月にデビューを果たした日産のハイト系ワゴン新型デイズ(DAYZ)の内装・インテリアは、軽自動車の枠を超えた高級感と先進性を備えているのが魅力の一つです。

また、ハンドルやシフトレバーなどのインパネに備わっている各アイテムも、使い勝手が良くなるように、配置場所や使い勝手に工夫が施されているのが印象的でした。

そんな2代目モデルの内装・インパネは、どのようなデザインだったのでしょうか?また、ハンドルやシフトレバー、エンジンスターターなどの配置や使い勝手は、どうだったのでしょうか?

2019年3月にデビューを果たした日産のハイト系ワゴン新型デイズ(DAYZ)のインパネのデザインや使い勝手を、徹底的にレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズのインパネのデザインを実車画像で徹底解剖

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された日産のハイト系ワゴン新型デイズ(DAYZ)のインパネは、このようなデザインになっています。

■新型デイズ ノーマル車のインパネ

>>> 【あと一歩のところが多々…】新型デイズ ノーマル車の内装の実車画像インプレ

■新型デイズ ハイウェイスターのインパネ

>>> 新型デイズ ハイウェイスターの内装インプレ【軽の枠を超えた高級感に驚愕】

この2代目モデルは、ハイウェイスター/ノーマル車どちらも上下2段構成タイプのインパネを採用。

下段には、ダッシュボードの中央から助手席側に伸びる細長いトレイや引き出し式のトレイなどを形状の異なる様々な収納スペースを用意。そして、ダッシュボードの上段には、メーターや軽自動車車で初となる9インチサイズのカーナビなどを配置。

電動パーキングブレーキなど最新のアイテムも備わっており、普通乗用車と比較しても、勝るとも劣らないデザインと機能性を備えているように感じました。

また、2代目新型デイズ(DAYZ)のインパネ・ダッシュボードでは、次のような特徴&魅力を備えていました。

ダッシュボードのアッパーパネルには、ステッチ入りのソフトパッドを採用

この2代目モデルのインパネ(ダッシュボード)の特徴の一つが、ダッシュボードのアッパーパネルのデザインです。

このクルマのダッシュボードのアッパーパネルには、ステッチを施したレザー調のソフトパッドを採用しており、高級感と上質感を演出。

上位モデルのハイウェイスターではネイビー、ノーマルモデルではグレージュカラーと、モデルによって、アッパーパネルのソフトパッドのカラーに違いがありましたが、どちらも上質な仕上がりになっていました。

■ハイウェイスターのアッパーパネル

■ノーマルモデルのアッパーパネル

張り出しが小さくなったセンターパネル

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のインパネを確認してみて良いと思ったのが、シフトレバーやエアコンのコントローラーが備わっているセンターパネル(センタークラスター)です。

■新型デイズのセンターパネル

この2代目モデルのセンターパネルは、先代モデルと比較して、張り出しがかなり小さめ…。

なので、足元空間(ニークリアランス)が広く、運転席と助手席間の移動がしやすいのが、好印象でした。

新型デイズの運転席まわりの各装備・アイテムを実車画像でチェック

このようなデザインになっていた新型デイズ(DAYZ)のインパネですが、各アイテムのデザインや使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルのインパネに備わっている各アイテム・装備を、実車画像を使って、紹介したいと思います。

メーター

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)は、ハイウェイスター/ノーマルモデル問わず、全グレード共通でスピードメーターとタコメーターを備えた2眼式のメーターを標準装備しています。

■新型デイズのメーター

廉価モデルに位置するノーマル車でも、タコメーターが標準装備されているのは、ちょっと珍しいです。

また、タコメーターとスピードメーターの間には、4.2インチサイズのカラーのマルチインフォメーションディスプレイが全グレード標準装備されているのも、見逃せないポイントの一つですよ。

>>> 新型デイズのメーター&マルチインフォは、もはや軽じゃない!?【実車画像レビュー】

ハンドル・ステアリングホイール

日産から発売されているノートe-POWERやセレナ(SERENA)では、ハンドル・ステアリングホイールの下の部分がフラットな”D型シェイプ”のハンドルを採用していますが、このクルマでは、オーソドックスなサークル状のハンドルを標準装備。

■新型デイズのハンドル

ステアリングホイールの右側のスポークには、プロパイロット機能とハンズフリー通話/終話スイッチを配置。そして、左側には、オーディオ関係とマルチインフォメーションディスプレイの切り替えスイッチが用意されていました。

また、ハンドル・ステアリングホイールの左側には、ハンドルの高さを調節できるチルトレバーが用意されているのも好印象でした。

シフトレバー

この2代目モデルでは、前後にスライドするオーソドックスなシフトレバーをインパネに用意。

■新型デイズのシフトレバー

この新型モデルは、先代モデルと比較して、シフトレバーのパネルの角度を寝かせたため、操作性が格段に良くなっているのが、とても良かったです。

エアコンパネル

Sグレード以外のグレードでは、スタイリッシュなデザインが特徴のフルタッチパネル式のフルオートエアコンを標準装備。

■新型デイズのフルオートエアコン

スイッチパネルはピアノブラック調にするなど、高級感・上質感を演出したデザインに…。

また、”コの字型”の風量調節ボタンをタッチするだけで、任意の風量にダイレクトに設定できるなど、操作性に優れているのも好印象でした。

>>> 新型デイズのエアコンの使い勝手&操作性の詳細レビューは、コチラから

エンジンスターター

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型デイズ(DAYZ)では、ノーマル車の最廉価モデル”Sグレード”を除いて、プッシュ式のエンジンスターターをメーターの左側の付け根に標準装備。

■新型デイズのエンジンスターター

ただ、発進をする際の操作性を考えると、シフトレバーの近くにエンジンスターターを設置した方が良かったのかなと思いました。

スイッチ類

新型デイズ(DAYZ)のダッシュボードの右下には、アイドリングストップのON/OFFを切り替えスイッチや、ヘッドライトのれべライザー調整ダイヤルなどが用意されています。

■新型デイズのスイッチ類

ルームミラー

新型デイズ(DAYZ)の上位モデルでは、後方のクルマのヘッドライトの明るさを検知すると、自動で眩しさを抑える自動防眩機能付きのルームミラーを標準装備。

■新型デイズのルームミラー

また、上位モデルのルームミラーには、真上から見下ろす視点でバックや駐車をサポートするアラウンドビューモニターの映像が投影される機能が備わっています。

>>> 使いやすい!?新型デイズのアラウンドビューモニターの視認性インプレ

ルームランプ

この2代目モデルのダッシュボードの上部には、オーソドックスなデザインのルームランプが用意されています。

■新型デイズのルームランプ

実際にライトを点灯してみると、このような感じに…。

■ルームランプを点灯した時の様子

軽自動車なので仕方ない部分もあるかもしれませんが、このクルマのルームランプはLEDではなく、ハロゲンだったのが、少々残念でした。

後部座席シートベルトリマインダー

新型デイズ(DAYZ)のルームミラーの付近には、後部座席に座る人がシートベルトをつけていない時に点灯する”後部座席シートベルトリマインダー”が標準装備しています。

■新型デイズの後部座席シートベルトリマインダー

後部座席に小さいお子さんが座る際など、重宝するアイテムなのかなと思いました。

サンバイザー

新型デイズ(DAYZ)には、サンバイザーが標準装備されているのですが、運転席側には、バニティーミラーとチケットホルダーが全グレード用意されています。

■運転席側のサンバイザー

ちなみに、助手席側のサンバイザーにもバニティーミラーが標準装備されているのは、ハイウェイスターのみとなっており、ノーマルモデルには、用意されていないので、ご注意を…。

SOSコール

また、ルームランプの後方には、メーカーオプション設置になっている”SOSコール”の手動通報スイッチと集音機を設置しています。

■SOSコールの手動通報スイッチ

緊急時や煽り運転を受けた際、この手動通報スイッチを押すと専用のオペレーターと繋がり、様々なサポートを受ける事ができますよ。

>>> デイズのSOSコールって必要!?どんな時に役立つの?【ディーラーに確認してみた】

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された日産のハイト系ワゴンの新型デイズ(DAYZ)の内装・インパネは、このようなデザインになっていました。

この2代目モデルのダッシュボードのアッパーパネルには、レザー調のソフトパッドを採用するなど、高級感・上質感のあるデザインに…。また、タッチパネル式のフルオートエアコンを採用するなど、軽自動車とは思えない機能や装備が備わっているのも好印象でした。

ちなみに、この新型モデルでは、軽自動車で初となる9インチサイズのカーナビをディーラーオプションに用意しています。

>>> 新型デイズの純正のカーナビ”MM318D-L”は買い!【機能性&使い勝手レビュー】

9インチサイズのカーナビの画面は、やっぱり大きくて、スゴイ!!!

「大きさこそ正義!」とよく言いますが、この新型モデルに用意されているナビは、軽自動車のものとは思えない大迫力な画面になっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする