違いはたった1つ!?新型デイズのハイウェイスターGとXの内装を比較

高速道路の運転を楽にしてくれるプロパイロット機能を備えるなど、次世代の軽自動車と呼ぶのに相応しい日産の2代目新型デイズ(DAYZ)。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルのハイウェイスター(Highway STAR)は大きく分けて、XとGターボと言う2つのグレードを用意しています。

タイヤのサイズやホイールのデザインなど、外装・エクステリアの違いはそれなりにあるこの2台のモデルですが、内装・インテリアの違いは、ほんの僅かなものでした。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターXとハイウェイスターGターボの内装・インテリアは、それぞれどのようなデザインだったのでしょうか?また、この2台のモデルの内装・インテリアは、どこが違ったのか?

2019年3月にデビューを果たした新型モデルのハイウェイスターXとハイウェイスターGターボの内装・インテリアのデザインを比較してみました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズ ハイウェイスターGターボとXの内装を比較

2019年3月にデビューを果たした新型デイズ(DAYZ)の上位モデル”ハイウェイスターGターボ”と”ハイウェイスターX”の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっています。

■ハイウェイスターGターボの内装

■ハイウェイスターXの内装

この2つのグレードどちらも、ダークブルーのソフトパッドをダッシュボードに採用しており、スタイリッシュな雰囲気の内装・インテリアに…。

また、注目なのが、ハンドルやステアリングホイール、エアコンなどの各アイテムのデザインや機能性です。

クルマによっては、ハンドルやシフトレバーなどに使用している素材でグレードの違いを出していますが、今回デビューをした新型デイズ(DAYZ)では、ハイウェイスターG/Xどちらも同じ素材を使用しています。

例えば、ハンドル・ステアリングホイール。

今回新発売された新型モデルのハイウェイスターGターボ/Xでは、どちらも上質感のある本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備しています。

■ハイウェイスターのハンドル

また、インパネの中央に備わっているシフトレバーも同様です。

■ハイウェイスターのシフトレバー

ハイウェイスターGターボ/ハイウェイスターXどちらのグレードも、サテンメッキ調のボタンを採用した高級感&上質感のあるシフトレバーを標準装備していました。

このように、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターGターボ/ハイウェイスターXの内装・インテリアの基本的なデザインや質感に、違いはありません。

なので、ハイウェイスターGターボよりも下位モデルに位置をしている”ハイウェイスターX”ですが、内装・インテリアのデザインや質感で物足りなさを感じる事はないと思いますよ。

新型デイズ ハイウェイスターXとGターボの内装の唯一の違いとは?

このように基本的な内装・インテリアのデザインは全く同じになっている新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターXとハイウェイスターGターボですが、この2台のモデルを見比べてみると、たった一つだけ違う部分がありました。

それは、助手席側のシートバックポケットです。

上位モデルに位置をするハイウェイスターGターボでは、助手席側のシートバックの下側に雑誌などを収納できるポケットを用意しておりました。

■ハイウェイスターGターボの助手席側ロアシートバックポケット

一方、下位モデルに位置するハイウェイスターXでは、助手席側のシートバックの下側にポケットは用意されていません。

■ハイウェイスターXの助手席側のシートバック

この2台のモデルの内装・インテリアの違いは、この1つだけです。

個人的には、こんなところで差をつけるくらいなら、ハイウェイスターGターボ/ハイウェイスターXで、まったく同じ内装・インテリアにしても良かったような…。

ただ、現時点の新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターXでは、助手席側にシートバックポケットが用意されておらず、雑誌や地図などを収納する事ができないので、ご注意くださいね。

ちなみに、助手席側の下側にポケットが用意されていないハイウェイスターXですが、シートバックの上部には、スマホやiPhoneなどを収納できる小型のポケットが備わっています。

■ハイウェイスターXのシートバックアッパーポケット

なので、後部座席の助手席側に座っても、スマホやiPhoneの置き場に困ることは無いと思いますよ。

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された日産のハイト系ワゴン新型デイズ(DAYZ)の上位モデル”ハイウェイスターGターボ”と”ハイウェイスターX”の内装・インテリアを比較したところ、それぞれこのようなデザインになっていました。

この2台のモデルの内装・インテリアで唯一違いがあったのは、助手席側のシートバックポケットのみ。

それ以外のアイテムや装備に関しては、全く同じデザインになっていました。

なので、グレード選びをする際は、内装・インテリアのデザインや質感の事を気にすることなく、外装やパワートレインの違いを中心に考えれば良いのかなと思いました。

>>> 新型デイズのプロパイロット エディションの内装【未装着車との違いとは?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする