使い勝手&視認性は良い!?新型デイズのルームミラーの性能を徹底解剖

あらゆる面で進化を遂げた日産のハイト系ワゴン新型デイズ(DAYZ)の2代目モデルが、2019年3月にデビューをしました。

今回デビューをした新型モデルは、イザという時に専用のオペレーターに接続できる”SOSコール”を軽自動車で初めて搭載するなど、軽自動車の中でトップクラスの安全装備を備えています。

>>> デイズのSOSコールって必要!?どんな時に役立つの⁉【ディーラーに確認してみた】

また、後方の視界を確認する際に使用するルームミラーも十分に満足できる機能性を備えており、視認性も上々でした。

2019年3月にデビューを果たしたこの新型モデルのルームミラーは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルのルームミラーの、視認性や機能性、使い勝手は、どのような感じになっていたのでしょうか?

2019年3月にデビューを果たした新型デイズ(DAYZ)に用意されているルームミラーのデザインや使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズのルームミラーのデザイン&機能性をチェック

2019年3月にフルモデルチェンジを果たした新型デイズ(DAYZ)に備わっているルームミラーは、このようなデザインになっています。

■新型デイズのルームミラー

今回新発売された新型モデルに用意されているルームミラーは、軽自動車の中では、標準的なサイズとなっています。

ただ、この新型モデルに備わっているルームミラーには、様々な電子部品が使用されている事もあり、見た目の印象は、かなり大きい(ゴツい)感じが…。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のルームミラーは、機能性もかなりハイレベルです。この新型モデルのルームミラーは、普通乗用車と比較しても、勝るとも劣らない機能を備えているのが、好印象でした。

そんな新型モデルにルームミラーに備わっている便利な機能を紹介したいと思います。

アラウンドビューモニター

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のルームミラーの特徴の一つは、真上から見下ろすような視点で車体と周囲を確認できるアラウンドビューモニターのディスプレイを備えている事です。

実際にこの新型モデルのルームミラーに、アラウンドビューモニターを映し出してみると、このような感じに…。

■アラウンドビューモニターを映した時のルームミラー

ルームミラーに備わっているアラウンドビューモニターの画面は、それほど大きくないため、視認性はお世辞にも良いとは言えません。

ただ、最廉価モデルの”Sグレード”を除いた全グレードにアラウンドビューモニター付きのルームミラーが標準装備されているのは、ちょっとスゴイなと関心をしてしまいました。

ちなみに、ディーラーオプションのカーナビを装着すると、アラウンドビューモニターを大きなナビの画面で確認できるようになります。

もし、「ルームミラーに表示されるアラウンドビューモニターが見にくい…。」と感じたら、大画面で確認する事ができるディーラーオプションのナビの装着を検討しても良いかもしれませんね。

>>> 使いやすい!?新型デイズのアラウンドビューモニターの視認性インプレ

自動防眩機能

また、フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のルームミラーには、後続車のヘッドライトがルームミラーに反射するのを抑える自動防眩(じどうぼうげん)機能も、最廉価モデルの”Sグレード”を除いて全グレード標準装備されています。

ルームミラーの下部にレバーがついている”手動式”の防眩機能を備えている軽自動車は多いですが、”自動式”の防眩機能を備えているクルマって、実はそれ程多くないんですよね。

そんな中、レバー操作をすることなく、自動的にルームミラーに映り込むヘッドライトの光を抑えて、快適な運転をサポートしてくれる自動防眩機能付きのルームミラーを備えているのは、この新型デイズ(DAYZ)の良さの一つなのかなと思いました。

新型デイズのルームミラーの視認性をチェック

このように機能が充実している新型デイズ(DAYZ)のルームミラーですが、一番肝心の視認性は、どうなのでしょうか?

こちらがルームミラーを通して、クルマの後方を確認した時の様子です。

■ルームミラー越しにクルマの後方を確認した時の様子

ルームミラーのサイズも十分に大きいため、また、車体後方のバックドアのガラスエリアも、ハイト系ワゴンとしては、十分なサイズを備えているため、視認性・使い勝手は良いです。

ただ、競合車・ライバル車と同様にこの新型モデルでも、後部座席に乗車する人がいると、バックドアのガラスエリアが遮られてしまうため、バックミラーの視認性が悪くなってしまうんですよね。

同じ日産から発売されているノートe-POWER(NOTE e-POWER)などでは、後部座席に同乗者がいる時のクルマ後方の視認性の悪さを解消するために、バックミラーにクルマ後方に搭載したカメラの映像を映し出す”スマート ルームミラー”を搭載しています。

■ノートe-POWERなどに搭載されているスマート ルームミラー

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のルームミラーには、このような便利な機能は搭載されていません。

後方の視認性や運転のしやすさを考えると、この2代目モデルにも、ルームミラーにクルマ後方のカメラ映像を表示する”スマート ルームミラー”を用意しても良い感じが…。

フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)にも、他の日産車と同様に”スマート ルームミラー”が搭載されているものと思っていただけに、少々残念に感じてしまいました。

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された日産のハイト系ワゴン新型デイズ(DAYZ)のルームミラーを確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルのルームミラーは、標準的なサイズになっていたものの、アラウンドビューモニターの映像を映し出すディスプレイや自動防眩機能を備えるなど、機能性は十分。
また、視認性も良かったです。

ただ、個人的には、後部座席に同乗者がいる場合でも、クリアな後方の視界を確保する事ができる”スマート ルームミラー”を、オプションでも良いので、用意して貰いたかったです。

>>> 先代よりも操作性が良くなった!?新型デイズのエアコンの使い勝手インプレ

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする