新型デイズの後部座席は広い!?スライド&足元空間を計測してみた

2019年3月、日産の売れ筋モデル新型デイズ(DAYZ)が初のフルモデルチェンジを行い、2代目モデルに移行をしました。

今回新発売された2代目モデルは、先代モデルよりもホイールベースが65mmほど長くなった事もあり、後部座席の足元空間(ニークリアランス)に余裕が…。大人が後部座席に座っても快適に過ごせるだけの足元空間(ニークリアランス)を確保していました。

そんな新型デイズ(DAYZ)の後部座席のスライド量はどれくらいだったのでしょうか?また、前後にスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の広さは、どれくらいだったのでしょうか?

この新型モデルの魅力の一つでもある後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを計測してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズの後部座席のスライド量はどれくらい?

2019年3月に日産からデビューをした2代目新型デイズ(DAYZ)の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型デイズの後部座席

今回新発売された新型モデルの後部座席の背もたれは、若干薄めになっているものの、座面のクッション性は十分。長い時間座ってもお尻が痛くなりにくい柔らか目の座り心地になっていました。

このように座面の厚みがしっかりとしている2代目シートのシートですが、背もたれの中央にあるレバーを操作する事によって、後部座席を前後にスライドする事が可能です。

この新型モデルの後部座席を実際に前後にスライドしてみると、このような感じに…。

■新型デイズの後部座席をスライドした時の様子

このように見ても、今回新発売された新型デイズ(DAYZ)の後部座席は、前後にスライドできる量が多いのがわかりますよね。

そんな新型モデルの後部座席のスライド幅を実際に計測してみたところ、約175mmとなっており、ハイト系ワゴンとしては十分な数値に…。

荷室の奥行きと後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さ・快適性は表裏一体ですが、ロングスライドを備えている新型デイズ(DAYZ)では、荷室の広さと後部座席の快適性の両立を十分に図れるのかなと思いました。

>>> 新型デイズの荷室サイズを計測【アレンジで広さはどれくらい変わる?】

新型デイズの足元空間はどのくらい!?広さを計測してみた

このように約175ミリの後部座席のスライドショーを備えている新型デイズ(DAYZ)ですが、後部座席に座ったときの足元空間(ニークリアランス)の広さは、どれぐらいだったのでしょうか?

後部座席を一番前にスライドした時と一番後ろにスライドしたときの足元空間の広さを確認してみました。

後部座席を一番後ろにスライドしたときの足元空間の広さ

2019年3月にデビューをした日産の新型デイズ(DAYZ)の後部座席を一番後ろにスライドしたときの足元空間(ニークリアランス)の広さは、このようになっていました。

■後部座席を一番後ろにスライドしたときの足元空間

この新型モデルの後部座席を一番後ろにスライドすると、かなり足元空間(ニークリアランス)は広くなりますよね。

このときの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを計測してみると、座面の上段部分で約470ミリの広さが… 。

また、身長175センチある私が、実際にこの状態で後部座席に座ってみると、足元空間は、このような感じに…。

私が実際にこの新型モデルの後部座席に座ってみると、膝先からフロントシートの裏側まで、拳を縦にした状態で約4個分以上の広さを確保。そのため、一切の窮屈感がなく快適です。

いつもお世話になっているディーラーさんは、「この新型モデルの後部座席の足元空間の広さは、日産から発売されているプレミアムセダン車のフーガに匹敵します。」と、言っていました。

試乗する前は、「フーガに匹敵をする足元空間の広さと言うのは、少し言い過ぎだろう。」と、疑ってかかっていましたが、実際に試乗してみると、ディーラーさんが仰る通り広い足元空間があり、あながち間違いではありませんでした。

ちなみに、今回新発売された新型モデルの後部座席を一番後ろにした時の荷室・ラゲッジスペースのサイズは、このようになっています。

■後部座席を一番後ろにした時に荷室

後部座席を一番後ろにした状態でも、普段使いで不満を感じないくらい広い荷室・ラゲッジスペースを備えている事も、この新型モデルの良さの一つですよ。

後部座席を一番前にスライドしたときの足元空間の広さ

一方、新型デイズ(DAYZ)の後部座席を一番前にスライドしたときの足元空間の広さはどのようになっていたのでしょうか?

この新型モデルの後部座席を一番前にスライドしてみた時の足元空間(ニークリアランス)の広さは、このようになっていました。

■後部座席を一番前にスライドしたときの足元空間の広さ

今回新発売された新型モデルでは、約175ミリメートルのスライド量を備えていることもあり、後部座席を一番前にスライドすると足元空間はかなり狭くなってしまいますね。

ただ、後部座席を一番前にスライドした状態でも、この新型モデルでは、約320mmの足元空間の広さを確保。

身長約175cmの私がこの新型モデルの後部座席に座ると、膝先からフロントシートの裏側まで拳を縦にして約一個半のゆとりが…。なので、後部座席を一番前にスライドしても、思ったよりも窮屈感や不快感は感じません。

軽自動車の中には、後部座席を一番前にスライドすると、子供が座るのも難しいほど足元空間(ニークリアランス)にゆとりがないモデルもあります。

そんな中、今回新発売をした2代目新型デイズ(DAYZ)は、後部座席を一番前にスライドしても、これだけ広い足元空間(ニークリアランス)を確保しているのはちょっとスゴイなと関心をしてしまいました。

また、後部座席を一番前にスライドすると、競合車・ライバル車と比較にならないほど広い荷室・ラゲッジスペースが登場するのも見逃せないポイントの一つですよ。

■後部座席を一番前にスライドした時の荷室

2019年12月にデビューを果たした日産のハイト系ワゴン2代目新型デイズ(DAYZ)の後部座席のスライド量や、足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してみたところ、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルは、後部座席を一番前にスライドした状態でも大人が快適に過ごせるだけの足元空間(ニークリアランス)の広さを確保。

座り心地など若干気になるところもありましたが、この新型モデルをファミリーカーとして使用を考えている方には、この後部座席の居住性は、かなり魅力的に感じるのかなと思いました。

>>> 【魅力満載!】気になる新型デイズの概要をサクッとまとめてみた

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする