ホンダ新型フィット4の後部座席って広い!?足元空間の広さを計測してみた

ホンダの人気コンパクトカー新型フィット/フィット4の魅力と言えば、ゆったりと座れる広々とした後部座席です。

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルも、先代モデルと同様に広い後部座席を備えています。

そんな新型モデルの後部座席の足元空間は、どれくらいだったのでしょうか?また、この新型モデルの後部座席は、大人が座っても快適に過ごせるだけの広さを備えていたのでしょうか?

新しいデザインに生まれ変わった新型フィット/フィット4の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4の後部座席の足元空間の広さをチェック

2020年2月にデビューを果たしたホンダの人気コンパクトカー新型フィット/フィット4の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型フィット4の後部座席

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルでは、後部座席も新設計に…。座面や背もたれのクッションや背もたれの角度を見直したこともあり、先代モデルと比較して、この新型モデルの後部座席の座り心地は、格段に良くなっていました。

そんな新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、このようになっています。

こちらは、フロントシートを一番前にスライドした時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さです。

■運転席を一番前にした時の新型フィット4の後部座席

またこちらは、フロントシートを一番快適に過ごせるポジションに設置(中央やや後方)した時の後部座席の足元空間の広さです。

■運転席を中央やや後方時時の新型フィット4の後部座性

コンパクトカーによっては、見た瞬間に後部座席の足元空間(ニークリアランス)が狭く、「窮屈そうだな…」と感じるクルマもあります。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4は、「これって本当にコンパクトカーの後部座席!?」と疑ってしまいたくなるほど広々とした足元空間(ニークリアランス)になっていました。

新型フィット4の足元空間を計測!広さはどれくらい

そんな新型フィット/フィット4の後部座席の足元空間の実際の広さは、どれくらいなのでしょうか?

私が一番運転しやすい位置に運転席を調節した状態で後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを計測してみたところ、次のようになっていました。

■新型フィット4の後部座席の足元空間の広さ…約33cm

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを計測してみたところ、約33cmとなっていました。

ディーラーさんに教えて貰ったのですが、後部座席の足元空間に30cm以上のゆとりがあるクルマは、かなり広い部類に入るとのこと。

そのことを考えると、この新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、十分に広いと言えるのかなと思いました。

新型フィット4の後部座席の足元空間はゆとりがある?【実際に座ってみた感想】

このように30cm以上のゆとりがある新型フィット/フィット4の後部座席ですが、成人男性がこのクルマの後部座席に座ってみると、どのような感じになるのでしょうか?足元が広々としていて、ゆったりと座ることができるのでしょうか?

身長約175.5cm、中肉中背の私がこの新型モデルの後部座席に座った時の様子を、包み隠さず粗油会したいと思います。

新型フィット4は成人男性が座っても足元空間に余裕あり

運転席の位置を私が一番運転にしやすい位置に設定した状態(中央やや後方)で、私がこの新型モデルの後部座席に座ると、このような感じに…。

■後部座席に座った時の様子

膝先からフロントシートのシートバックまで、かなりのゆとりがありますね。

私が普通に座った状態で、膝先からシートバックまで拳を縦にして2個半くらいのゆとりが…。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルは、先代モデルよりフロントシート下のトンネルの広さが拡大。画像のように足を前方に投げ出すように座ることができるのも、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

運転席を一番後ろにしても十分な広さを確保

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4は、運転席を一番後ろにスライドした状態でも、座ることができちゃいます。

■運転席を一番後ろにした状態での足元空間の広さ

運転席を一番後ろに設置した状態で後部座席に座ると、足元空間(ニークリアランス)にゆとりがなくなります。膝先がシートバックまでは拳一つ分くらのゆとりはありましたが…。

イメージ的には、スズキのスイフト(SWIFT)やトヨタのアクア(AQUA)、マツダのデミオ(DEMIO)など、コンパクトカーの中でも後部座席の足元空間(ニークリアランス)が狭いクルマに乗っているのに近い感じが…。

なので、運転席を一番後ろにした状態で座ると、「足まわりが少し窮屈だな…。」と、感じてしまいます。

ただ、運転席を一番後ろにした状態でも、成人男性が座れるだけの人さを確保しているのには、ちょっとスゴイなと思ってしまいました。

まとめ:新型フィット4の後部座席は、コンパクトカーと思えないくらい広い!

2020年2月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型フィット/フィット4の後部座席の足元空間の広さを確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルは、成人男性が後部座席に座っても、長時間、快適に過ごせるだけの居住スペースと広さを確保。後部座席の居住スペース&広さに関しては、このクルマに匹敵をするコンパクトカーは、ないのかなと思いました。

また、シートの骨格からデザインまですべてを見直した新型モデルの後部座席は、先代モデルよりも座り心地が格段によくなっているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする