新型フィット4の後部座席は快適!?シートのデザイン&装備を徹底チェック

2020年2月にフルモデルチェンジをしてホンダからデビューを果たした新型フィット/フィット4は、コンパクトカーの中でトップクラスの広さを確保しています。

なので、後部座席に座っても窮屈な思いをすることなく、快適に過ごすことができます。

また、新しく生まれ変わったこの新型モデルは、先代モデルよりも後部座席まわりの機能や装備が充実しているのも好印象でした。

そんな新型フィット/フィット4の後部座席は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルの後部座席まわりには、どのような機能や装備を備えていたのでしょうか?

デザインを一新をした新型モデルの後部座席のデザインや機能&装備を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4の後部座席のデザインをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型フィット4の後部座席
グレード:クロスター(CROSSTAR)

新しく生まれ変わった新型モデルでは、フロントシートと同様に後部座席も一新。

先代モデルよりも座面の厚みがましたこともあり、座面のクッション性が格段に良くなっておりました。また、背もたれの角度を最適化したこともあり、先代モデルよりも座り心地の良いシートに生まれ変わっていました。

後部座席はグレード別の設定

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4では、内装はグレード別の設定になっていますが、後部座席のデザインもグレードによって異なります。

■ホームの後部座席

■ネスの後部座席

■リュクスの後部座席

■クロスターの後部座席

このように見比べると、グレードによる後部座席のデザインの違いが一目瞭然ですよね。

また、この新型モデルはグレードによって使用している素材もグレードによって異なるため、座り心地や高級感・上質感に大きな違いがありました。

新型フィット4の後部座席の機能や装備をチェック

このように豪華な作りになっている新型フィット/フィット4の後部座席ですが、充実した機能や装備も魅力の一つです。

そんな新型モデルの後部座席まわりに用意されている機能や装備を紹介したいと思います。

後部座席用のUSBポートを用意

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の後部座席の注目ポイントの装備&アイテムの一つが、USBポートです。

この新型モデルのハイブリッド車の”ホーム(HOME)”以上のグレードでは、先代モデルに用意されていなかった後部座席用のUSBポートをセンターコンソールの後方に標準装備。

■後部座席用のUSBポート

まだ後部座席用のUSBポートを用意しているクルマは、それほど多くないんですよね。

しかも、この新型モデルでは、後部座席用のUSBポートを2つ用意。

ロングドライブ時など、USBポートの取り合いにならないのは、このクルマの良いところの一つなのかなと思いました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の後部座席には、USBと接続をしたスマホ/iPhoneを収納するためのスペースも用意。

■スマホ収納用ポケット

後部座席まわりが収納スペース・小物入れが少ないため、スマホやiPhoneの置く場所に困るんですよね。

このように使う人のことをしっかりと考えた収納スペースを用意しているのも、このクルマの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、後部座席用のUSBポートが用意されているのは、ハイブリッド車のホーム(HOME)以上のグレードのみです。ハイブリッド車の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”とガソリン車では、後部座席用のUSBポートの用意がないので、ご注意くださいね。

センターアームレスト

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4では、後部座席用のセンターアームレストも用意しています。

■後部座席用のセンターアームレスト

センターアームレストにドリンクホルダーが用意されていなかったのは少々残念でしたが、この新型モデルに用意されているセンターアームレストは、腕を置いてもビクともしない頑丈な作りに…。

また、この新型モデルに用意されているセンターアームレストは、設置されている高さもちょうど良く、腕を置きやすいようになっているのも好印象でした。

ただ注意が必要なのは、この新型モデルで後部座席用のセンターアームレストが用意されているのは、ハイブリッド車のホーム(HOME)以上のグレードです。

後部座席用のUSBと同様にハイブリッド車の最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”、ガソリン車には後部座席用のセンターアームレストの用意はありません。

個人的には、ガソリン車にも後部座席用のセンターアームレストを用意しても良かったのかなと思いました。

シートバックポケット

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4のハイブリッド車/ガソリン車どちらも”ホーム(HOME)”以上のグレードでは、助手席側のシートバックポケットを標準装備しています。

■助手席側のシートバックポケット

開け閉めもしやすく、マチも十分なので、タブレット端末や地図&雑誌などを収納する際は、重宝するのかなと思いました。

ただ、この新型モデルに用意されているシートバックポケットで少々残念だったのは、運転席側のシートバックポケットです。

この新型モデルでは、運転席側のシートバックポケットが用意されているのは、ハイブリッド車の最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”のみです。それ以外のモデルでは、運転席側のシートバックポケットの用意はありません。

■リュクスの運転席側のシートバックポケット

個人的には、”ホーム(HOME)”や”ネス(NESS)”、”クロスター(COROSSTAR)”などにも、運転席側のシートバックポケットを用意しても良かったのに…と、思いました。

まとめ:新型フィット4の後部座席の快適性は先代モデル以上

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット/フィット4の後部座席は、このようなデザインになっていました。

シートの座り心地も良くなったこの新型モデルですが、後部座席用のUSBポートを用意するなど、機能や装備も充実。この新型モデルの後部座席は、先代モデルよりもさらに快適に過ごせるようになっていました。

足元空間(ニークリアランス)も相変わらず十分に広いですし、後部座席の居住性や快適性、居心地を良さは、競合車・ライバル車を圧倒していました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする