新型フィット4のおすすめグレードは”リュクス”【3つの理由を紹介】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、中間モデルの”ホーム(HOME)”が圧倒的な人気を誇っています。

私は今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルを全グレードを確認したのですが、私個人の一番のおすすめグレードは、最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”です。

なぜ私は、一番人気の”ホーム(HOME)”ではなく、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”をおすすめするのでしょうか?

私が新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス”をオススメする3つの理由を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

充実した機能&装備【新型フィット4のリュクスをおすすめする理由1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中で、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”をおすすめする理由の一つは、機能や装備の違いです。

この新型モデルは、全体的に機能や装備は充実しています。

ただ、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”のみに用意されている機能や装備があり、他のグレードよりも快適に過ごせるようになっていました。

リュクスのみにシートヒーターを標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”のみに用意されている機能&装備の一つが、寒い日の運転で重宝をするシートヒーターです。

この新型モデルでは、最上位グレードの”リュクス(LUXE)”のみ3段階から調節できる”シートヒーター”が標準装備されていました。

■リュクスに標準装備されているシートヒーター

私は最上位モデルの”リュクス(LUXE)”を試乗した際にシートヒーターとステアリングヒーターを試してみたのですが、やっぱり便利です。

この新型モデルのシートヒーターは、座面だけではなく、背もたれも温めるタイプとなっているため、ものの数分で体の芯からポカポカとしてきます。

また、最上位モデル”リュクス(LUXE)”に備わっているシートヒーターは、コンパクトカーとしては珍しく3段階から温度調整できるようになっていたのも、好印象でした。

ステアリングヒーターを装着することも可能

また、新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”では、メーカーオプションでハンドルのグリップ部分をじんわりと温めてくれるステアリングヒーターも用意しています。(※4WD車では、ステアリングヒーターは標準装備)

■リュクスのステアリングヒーター スイッチ

真冬の寒い日のハンドル・ステアリングホイールは、握るのがイヤになるくらいキンキンに冷えているのですが、ステアリングヒーターをONにすると、ほんの数十秒でじんわりとした温かさが伝わってきます。

運転中になかなかカバーをできない指先をしっかりと温めてくれるので、本当に助かります。

真冬の寒い日の快適性を考えると、シートヒーターやステアリングヒーターが備わっている新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”が一番良いのかなと思いました。

豪華な内装【新型フィット4のリュクスをおすすめする理由2】

また、ラグジュアリー感あふれる内装も、新型フィット4(Fit4)の最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”をおすすめする理由の一つです。

■リュクスの内装

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの最上位”リュクス(LUXE)”では、ダッシュボードやセンターコンソール、ドア内側パネルにソフトパットを採用。

ソフトパットをあしらった最上位モデル”リュクス(LUXE)”のダッシュボードは質感も良く、コンパクトカーとは思えない高級感あふれるデザインになっていました。

本革を唯一採用

また、シートもおすすめポイントの一つです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルでは、5つのグレードを用意しているのですが、最上位モデル”リュクス(LUXE)”のみシートサイドに本革を採用しています。

■本革を採用したリュクスのシート

本革を採用した”リュクス(LUXE)”のシートは、他のグレードでは味わえない圧倒的な存在感と高級感が…。

ワンランク上のクルマに乗っているかのような高級感を味わえるのは、最上位モデル”リュクス(LUXE)”の魅力の一つなのかなと思いました。

運転席の座り心地もワンランク上

また、私が最上位モデルの”リュクス(LUXE)”をおすすめした理由の一つが、運転席の座り心地の良さです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルでは、”ボディスタビライジングシート”と名付けられた新設計のシートが採用されているのですが、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”では、専用デザインのシートに…。

■リュクスのシート

背もたれや座面のフィット感やホールド感など、他のグレードよりもワンランク上の座りご地を楽しめる”リュクス(LUXE)”のシートですが、特に良いと思ったのが、ヘッドレストの作りです。

■リュクスのヘッドレスト

この最上位モデルの”リュクス(LUXE)”に採用されているヘッドレストは、サイドの部分に少し角度が付いており、頭がぐらぐらと動かないようにをしっかりと固定してくれます。
なので、長時間ドライブでも快適です。

この疲れ知らずの快適なシートも、新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”が良いなと思った理由の一つでした。

コスパの良さ【新型フィット4のリュクスをおすすめする理由3】

また、近亜紀フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”がおすすめの理由の一つが、コストパフォーマンスの良さです。

豪華な仕様になっている最上位モデルの”リュクス(LUXE)”は、他のグレードよりも機能や装備が充実しているにも関わらず、車体本体価格の差は思ったよりもありません。

一番人気”ホーム”と”リュクス”の価格差は?

実際に新型フィット4(Fit4)の一番人気のグレード”ホーム(HOME)”とこのグレードの車体本体価格の差を比較してみると、このような感じに…。

■リュクスとホームの価格差

リュクスの車体本体価格 \2,327,600
ホームの車体本体価格 \2,068,000
車体本体価格の差 \259,600

※ハイブリッドのFF車で比較

新型フィット4(Fit4)の”リュクス(LUXE)”と”ホーム(HOME)”のハイブリッド車同士を比較すると、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”の方が約26万円ほど高くなっています。

ただ、中間モデルの”ホーム(HOME)”では、USBソケットやリヤカメラ、オーディオリモートコントロールなどがセットになった”ナビ装着用スペシャルパッケージ(オプション価格:4万9500円) “が標準装備されていません。

もし中間モデルのホーム(HOME)”に”ナビ装着用スペシャルパッケージ”を装着するとなると、”リュクス(LUXE)”の差は20万円近くまで縮まることになります。

リュクス(LUXE)とホーム(HOME)の内外装の豪華や装備の違いを見比べると、この価格差なら十分に元を取れるのではないかと思いました。

まとめ:リュクスに慣れちゃうと、他のグレードには戻れない

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”は、コンパクトカーとしては決して安い金額ではありません。

車体本体価格にオプションや税金、諸経費を加えた乗り出し価格で計算、コンパクトカーなのに300万円オーバーですし…。

ただ、豪華な外装や内装、他のグレードには用意されていない機能や装備など、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”には、他のグレードにはない魅力が盛り沢山です。

また、運転席の座り心地&運転のしやすさも全然違います。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)に用意されている5つのグレードは、それぞれ魅力的なクルマに仕上がっています。ただ、どれか一つを選べと言われたら、私は迷わず最上位モデルの”リュクス(LUXE)”を選ぶのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする