新型フィット4 リュクスは内装の高級感もスゴイ!実車画像インプレ

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の最上位モデルに位置をするのが、ゆとりと上質感を演出したラグジュアリー仕様の”リュクス(LUXE)”です。

プラチナ調のクロームメッキを施し、エレガントな外装・エクステリアになっている”リュクス(LUXE)”ですが、内装・インテリアもワンランク上のプレミアム感あふれるデザインに…。

また、他のグレードには用意されていない魅力的な機能や装備がたくさん備わっていたのも、このモデルの魅力の一つです。

そんな新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このグレードでは、どのような機能や装備を備えていたのでしょうか?

実車画像を使って、デザインや機能性にこだわった贅沢モデル”リュクス(LUXE)”の内装・インテリアを、徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4 リュクスの内装のデザインをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型フィット/フィット4の最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■リュクスの内装・インテリア

リュクスはブラックとブラウンの2色の内装色を用意

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4では、”ブラック”と”ブラウン”の2色の内装色・インテリアカラーを用意。

■ブラックの内装色

■ブラウンの内装色

ブラックの内装色はシックで重厚感のある内装・インテリアになっていたのに対し、ハンドルやシート、ドア内側パネルに茶色の差し色を使用した”ブラウン”の内装色は、センスの良さを感じる落ち着いた雰囲気の車内空間を演出していました。

また、ブラウンの内装色は、ブラックの内装色で感じたような【重さ】や【圧迫感】がなく、ヴィンテージ感あふれる柔らかい雰囲気になっていたのも好印象でした。

肌触りの良いソフトパッドを採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の”リュクス(LUXE)”では、助手席側のダッシュボードのパネルやセンターコンソールのサイド部分、ドア内側パネルのトリム部分に合成レザーのような質感の”プライムスムース”を採用。

■リュクスのダッシュボード

■リュクスのセンターコンソール

■リュクスのドア内側パネル

そのため、ファブリック素材を採用しているクロスター(CORSSTAR)やネス(NESS)と比較して、高級感あふれる車内空間になっていました。

また、センターコンソールのサイド部分にクッション性が良いプライムスムーズを採用しているおかげで、運転中に左足がセンターコンソールにぶつかっても不快感がないのも好印象でした。

本革巻きのハンドル&シフトレバーを採用

また、新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”では、高級感のある本革巻きのハンドル&シフトレバーを標準装備しています。

■リュクスのハンドル

■リュクスのシフトレバー

クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”やアクティブ仕様の”ネス(NESS)”に採用されているシンプルなウレタン製のハンドルとは、やはり大きな差が…。

このように肌触りの良い高級なハンドル&シフトレバーを標準装備しているのもラグジュアリー仕様”リュクス(LUXE)”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

他のグレードには用意されていないアイテムや装備も搭載

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”では、他のグレードに用意されていない機能や装備も盛り沢山です。

例えば、真冬の寒い時に重宝をするシートヒーター(運転席&助手席)が用意されているのは、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”のみです。

■シートヒータースイッチ

また、”リュクス(LUXE)”のハイブリッド車では、メーカーオプションでハンドルをじんわりと温めてくれるステアリングヒーターも装着することが可能です。
※4WDでは、ステアリングヒーターは標準装備されています。

このように他のグレードでは用意されていない機能や装備が付いているのも、最上位モデル”リュクス(LUXE)”ならではなのかなと思いました。

新型フィット4 リュクスのシートをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”は、シートも専用デザインになっています。

■リュクスのシート

リュクスのシートは本革を採用

見た目の高級感やデザイン性を追求した最上位モデルの”リュクス(LUXE)”では、クッション性が良い織物(メイン部分)と本革(シートサイド)を組み合わせた専用デザインのコンビシートを採用。

ファブリック素材を採用している”ホーム(HOME)”や”クロスター(CROSSTAR)”とは、シートの高級感が全く異なりますよね。

■リュクスのシート

■クロスターのシート

正直に言って、コンパクトカークラスでこのような手の込んだシートは見たことがありません。

この贅沢すぎる豪華なシートを採用しているのも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の魅力の一つかなと思いました。

リュクスのシートは座り心地も良好

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”は、ヘッドレストやシートの背もたれに大きなラインがはいっていることから分かる通り、他のグレードとは製法やレザーの縫い合わせ方が異なります。

そのため、座った時のフィット感が他のグレードとは異なり、背もたれや座面が身体に自然に吸いつくような座り心地に…。

このフィット感の良い座り心地も、他のグレードでは味わえない”リュクス(LUXE)”の魅力の一つなのかなと思いました。

まとめ:リュクスの内装はコンパクトカーのレベルを遥かに凌駕

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の最上位モデル”リュクス(LUXE)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

ダッシュボードやドア内側パネルにプライムスムースを採用している”リュクス(LUXE)”の内装・インテリアは、他のグレードには高級感&上質感が…。また、シートも専用デザインになっており、ワンランク上の快適な座り心地を味わうことができました。

ディーラーさんは、「リュクスは、上級車種に乗っている方でも満足できる質感と快適性を備えています!」と仰っていましたが、正直に言って、ここまでスゴイとは思っていませんでした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする