リクライニングは可能!?新型フィット4の後部座席の座り心地インプレ

2020年2月にホンダから新発売をした新型フィット/フィット4の魅力の一つは、広くて、ゆったりと過ごせる後部座席です。

また、フルモデルチェンジをして新型モデルでは、後部座席用のUSBポートが用意されるなど、機能や装備も充実。先代モデルよりも快適に過ごせるようになっていました。

そんな新型モデルの後部座席には、背もたれの角度を調整することができるリクライニング機能が用意されているのでしょうか?また、この新型モデルの後部座席の座り心地は、どのようになっていたのでしょうか?

ホンダからデビューを果たした人気コンパクトカー”新型フィット/フィット4″の後部座席のリクライニング性能や座り心地を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4の後部座席にはリクライニング機能が用意されている?

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット/フィット4の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型フィット4の後部座席

この新型モデルでは後部座席の骨格やデザインも一新したこともあり、座り心地やホールド感は良くなっていました。

ただ、肝心の背もたれの角度を調整することができるリクライニング機能に関しては、残念ながら用意されていませんでした。

ちょっとコレは残念ですよね。

先代モデルにあたるフィット3(FIT3)では、2段階から調整できるリクライニング機能が用意されており、背もたれの左右の肩口に用意されているレバーで背もたれの角度を調整することができたんですよね。

■リクライニングした時の新型フィット3の様子

先代モデルと同様、この新型モデルの後部座席の肩口には、似たようなレバーが用意されています。

■新型フィット4の後部座席の肩口のレバー

ただ、このレバーは、背もたれを前方に倒して荷室の奥行きを広くする時や、座面を跳ね上げる時に使用するもの。

■後部座席を収納した時の荷室

■後部座席の座面を跳ね上げるチップアップ機能

先代モデルのように、後部座席の背もたれを後方にリクライニングすることはできません。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4には、後部座席用のUSBポートが用意されるなど、後部座席の快適性や使い勝手は良くなりましたが、リクライニング機能が用意されていないことは、唯一の【改悪】だと思いました。

新型フィット4の後部座席の座り心地はどうだった?

2020年2月にフルモデルチェンジをした新型フィット/フィット4の後部座席には、残念ながら背もたれの角度を調節することができるリクライニング機能の用意はありませんでした。

ただ、この新型モデルの後部座席の座り心地は、「これって本当にコンパクトカーの後部座席!?」って思ってしまうくらい快適なシートになっていました。

新しく生まれ変わったこの新型モデルの後部座席の座り心地は、どのような感じだったのでしょうか?また、先代モデルと比較して、どこらへんが良くなっていたのでしょうか?

新型モデルの後部座席に座ってみて実感をして良かったところを、包み隠さず紹介したいと思います。

柔らかくお尻を包み込んでくれる座面

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の後部座席で「スゴイ!」と思った事の一つが、座面のクッション性です。

試乗をした際にディーラーさんに教えてもらったのですが、新設計となっているこの新型モデルの後部座席は、先代モデルと比較して、24mmも座面の厚みを増したようです。

そのおかげで、この新型モデルは、コンパクトカーとは思えない座り心地の良いシートになっていました。

この新型モデルの後部座席は、ソファーのようなフカフカとした座り心地ではく、もっちり感の強い座り心地に…。シート内部のウレタン素材の密度が高く、体圧をしっかりと吸収・分散してくれます。

また、”もちっ”とした新型モデルの後部座席の座面がお尻と腰を優しく包み込んでくれるため、長時間座っていても疲れにくいシートになっているように感じました。

ゆったりと座れるように設計された背もたれの角度

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の後部座席に座ってみて良いと思ったのが、背もたれの角度です。

この新型モデルでは残念ながら背もたれの角度を自分で調節することができるリクライニング機能は用意されていませんでしたが、快適に座れるように背もたれの角度を4度ほど寝かせたようです。

■4度寝かせた新型フィット4の後部座席

そのおかげで、この新型モデルは、先代モデルにあたる新型フィット3(FIT3)よりも荷室・ラゲッジスペースの容量は減ってしまいましたが、その分、後部座席の快適性はワンランクアップ。

ハイブリッド車に用意されているセンターアームレストを使用すると、ワンランク上のクルマにのっているような”ゆったり”と体をゆだねられる座り心地になっていました。

また、先代モデルよりも背もたれの角度を寝かせたことで、頭上空間(ヘッドクリアランス)に余裕ができたのも、好印象でした。

フットレストのように足を優しく支えてくれるフロア

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の後部座席に座ってみて良いと思ったのが、フロントシート下のトンネル部分(=レッグルーム)です。

新しく生まれ変わったこの新型モデルは、ガソリンタンクをフロントシート下に設置した”センタータンク”の影響で、フロントシート下の部分が少し盛り上がっていて、手前下がりの形状になっています。

■手前下がりになっている新型フィット4の後部座席の足元

ただ、この手前下がりになっているフロントシート下のフロア形状が、まるでフットレストのように足の角度に絶妙にフィット。

自然な角度で足をつけておける後部座席まわりのフロアも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の後部座席の魅力の一つなのかなと思いました。

まとめ:新型フィット4の後部座席の座り心地の右に出る者はいない

2020年2月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型フィット/フィット4の後部座席は、残念ながら背もたれの角度を調節することができるリクライニング機能の用意はありませんでした。

ただ、座面の厚みや背もたれの角度を調整した新設計の後部座席は、先代モデルよりもワンランク上の座り心地に…。もっちりとしたシートで、体を優しく包み込んでくれる座り心地は、競合車・ライバル車では味わえない新型フィット/フィット4ならではでした。

競合車・ライバル車にもたくさん良いところはありますが、後部座席の広さや快適性に関しは、この新型モデルの右に出るものはいないのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする