【ブラックorブラウン】新型フォレスターの本革シートはどっちが良い?

スバルを代表するSUV新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、5代目モデルが、2018年6月にデビューをしました。

そんな5代目モデルの注目グレードは、2.0リットルエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車の”アドバンス(Advance)”です。このハイブリッド車には、ガソリン車には無い専用装備を多数用意。一目見て、ハイブリッド車と分かるデザインになっていました。

>>> 新型フォレスター ハイブリッドとガソリンの外装【7つの違いを実車画像で比較】

また、この新型フォレスター ハイブリッド(Forester Hybrid)では、ブラックだけではなく、ブラウンの本革シートを選べるようになっているのも魅力の一つです。

今回新発売されたハイブリッド車に用意されているブラックとブラウンの本革シートは、それぞれどのようなデザインになっているのでしょうか?また、この2つのカラーは、どちらの方が良いのでしょうか?

新型フォレスターのブラックとブラウンの本革シートはどちらの方が良いのか、実写画像を使って、それぞれのカラーのメリット&デメリットを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスターのブラックの本革シートは、どんなデザイン?

フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のブラックの本革シートは、このようなデザインになっています。

■ブラックの本革シート:フロントシート


■ブラックの本革シート:後部座席

また、メーカーオプションのブラックの本革シートを選択した時の、インパネやドア内側パネル、センターコンソールボックスは、このようなデザインになっています。

■ブラックの本革シート選択時の内装・インパネ

■ブラックのレザー調になっているドア内側パネル

■ブラックのソフトパッドを使用したセンターコンソールボックス

標準仕様の内装・インテリアを比較すると、メーカーオプションのブラックレザーを施した内装・インテリアはスタイリッシュなデザインに…。

スバル車の魅力でもある”質実剛健”さはそのままに、ワンランク上の高級感や上質感を兼ね備えたデザインになっているように感じました。

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)に用意されているブラックレザーの内装・インテリアは、標準仕様の内装・インテリアと同様にスバルのクルマらしい飽きの来ないデザインになっていました。

標準仕様の内装・インテリアでは、ちょっと見栄え的に物足りないと感じる人には、ピッタリのオプションなのかなと思いました。

新型フォレスターのブラックの内装色の気になったところとは?

このようなデザインになっている新型フォレスター(Forester)のブラックの本革シートを確認したところ、気になったところもありました。

それは、圧迫感・窮屈感です。

標準装備されているシートはグレーカラーになっているため、車内に乗り込んだ時にそれ程窮感や圧迫感を感じませんでした。

■標準装備のシート

しかし、この本革シートの場合、シート全体がブラックカラーになっているため、標準装備のシートよりも窮屈感や圧迫感が…。特に後部座席に座っている時には、気になりました。

ちなみに、メーカーオプションのサンルーフを装着すると、ブラックの内装色特有の窮屈感や圧迫感がだいぶ和らいだ感じがしました。

■新型フォレスターの大型サンルーフ

個人的には、ブラックの本革シートと格別な解放感が味わえる大型サンルーフとの相性は、とても良いように感じました。

新型フォレスター ブラウンの本革シートはどんなデザイン?

一方、新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車のみに用意されているブラウンレザーの内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?

ハイブリッド車の”アドバンス(Advance)”のみ選択できるブラウンカラーの本革シートを確認したところ、このようになっていました。

■ブラウンの本革シート:フロントシート

■ブラウンの本革シート:後部座席

また、ブラウンの本革シートを選択すると、このようにインパネやセンターコンソール、ドア内側パネルもブラウンカラーに装飾されます。

■ブラウンのアクセントカラーが入った内装・インパネ

■ドアトリムにブラウンが施されたドア内側パネル

■ブラウンのソフトパッドを使用したセンターコンソールボックス

今回新型フォレスター ハイブリッド(Forester Hybrid)に採用されているブラウンの本革シートは、かなりキレイな色だと思いませんか?。

この新型モデルを見る前、スバルのホームページやこのクルマのカタログを確認したのですが、その時は、この新型モデルに使用されているブラウンは、オレンジがかった明るい感じのカラーになっているのかなと思っていました。

しかし、実際にこのブラウンの本革シートを確認してみると、思ったよりもシックな感じが…。想像していたよりも落ち着いた感じの色合いになっており、大人っぽい雰囲気の内装・インテリアになっているように感じました。

また、今回新発売された新型フォレスター ハイブリッド(Forester Hybrid)のブラウンレザーの内装・インテリアは、ブラウンの本革とベースになっているブラックの配色のバランスが良く、派手すぎないデザインになっているのも好印象でした。

なので、初めてのブラウンの内装色にチャレンジする方でも、購入しやすいデザインになっているのかなと思いました。

ちなみに、今回私が見たモデルのボディカラーは、新色の”ホライゾン ブルーパール”だったのですが、ブラウンレザーの内装との相性も意外と良いと思いました。

新型フォレスターのブラウンの内装色の気になったところとは?

このように大人っぽいシックな内装・インテリアになる新型フォレスター ハイブリッド(Forester Hybrid)のブラウンの本革シートですが、欠点・デメリットになるのは、お手入れの大変さです。

試乗をした際、ディーラーさんに教えて貰ったのですが、やはりブラックよりもブラウンの方がお手入れが大変なようです。また、このブラウンの本革シートを確認したところ、ブラックよりも表面のこすれやひび割れ、黒ずみなどは目立ちそうなのかなと感じました。

メンテナンス・お手入れのラクさなどを考えると、ブラウンよりもブラックの本革シートの方が良いと思います。

ただ、デザイン性に関しては、ブラックよりもブラウンの内装・インテリアの方が上。ワンランク上のオシャレな内装・インテリアを楽しみたいのなら、ブラックよりもブラウンの内装・インテリアの方が良いのかなと思いました

ちなみに、ブラウン・ブラックどちらの本革シートを選んでも、メーカーオプション価格に違いがありませんよ。

5代目新型フォレスター ハイブリッド(Forester Hybrid)のメーカーオプションとして用意されているブラックとブラウンの本革シートのデザインを確認したところ、このようなデザインになっていました。

どちらのカラーを選択しても、標準仕様の内装・インテリアよりも高級感や上質感のあるデザインになります。

ただ、ブラックの本革シートを選択した方がスポーティーさのある内装・インテリアになるような感じが…。一方、ブラウンの本革シートを選ぶと、今までのスバルのクルマとは一線を画すような大人っぽい落ち着いた雰囲気の内装・インテリアになるような感じがしました。

どちらのカラーを選ぶかで、内装・インテリアの雰囲気は、だいぶ異なります。
ただ、個人的には、ヨーロッパ車のような佇まいになるブラウンの本革シートの方が好みでした。

>>> 新型フォレスター ハイブリッドの見積もり公開【ガソリン車との価格はどのくらい!?】

ちなみに、ブラウンの本革シートは、ハイブリッド車専用のオプションになっており、ガソリン車では選べないのでご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする