新型フォレスターのルーフレールはグレードで違う!?実車画像で違いを確認

冒険心をくすぐる刺激的なデザインと使い勝手の良さを兼ね備えるスバルの本格派SUV新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、5代目に移行しました。

今回新発売された新型モデルでは、4つのグレードを用意していますが、オレンジのアクセントラインが印象的なX-BREAK(Xブレイク)のみルーフレールが標準装備。それ以外のグレードでは、ルーフレールはメーカーオプションとなっています。

>>> ルーフレールが標準装備されている新型フォレスターX-BREAKの外装を徹底解剖

また、この5代目新型フォレスター(Forester)に用意されているルーフレールは、グレードによってデザインや使い勝手に違いがありました。

今回新発売された5代目モデルのそれぞれのグレードのルーフレールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、グレードごとにどのような違いがあったのでしょうか?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のルーフレールの違いを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスター Xブレイクのルーフレールの実車画像レビュー

4つのグレードがラインナップされている新型フォレスター(Forester)の中で唯一標準装備されているX-BREAK(Xブレイク)のルーフレールは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターXブレイクのルーフレール

この新型X-BREAK(Xブレイク)のルーフレールは、ブラックカラーをベースにオレンジのアクセントカラーを採用したデザインに…。他のモデルのルーフレールよりもインパクトのあるデザインになっていました。

また、新型フォレスター Xブレイク(Forester X-BREAK)のルーフレールでは、積み込んだ荷物を固定しやすいロープホール付き。

見た目のデザイン性だけではなく、使い勝手の良さを兼ね備えたこのX-BREAK(Xブレイク)のルーフレールは、大きい荷物をこのクルマに積み込んで、アウトドアレジャーに行く人にとっては、とても便利なアイテムなのかなと思いました。

>>> ルーフレールを標準装備している新型フォレスター Xブレイクの見積もりを公開

新型フォレスター ガソリン車のルーフレールの実車画像レビュー

一方、標準装備ではなくメーカーオプション設定になっている新型フォレスターのX-BREAK(Xブレイク)以外のガソリン車のルーフレールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?

この新型モデルのガソリン車の最上位グレード”プレミアム(Premium)”と最廉価モデルの”ツーリング(Touring)”にメーカーオプションとして用意されているルーフレールは、このようなデザインになっていました。

■新型フォレスター ガソリン車用のルーフレール
グレード:プレミアム/ツーリング


標準装備されていた新型X-BREAK(Xブレイク)のルーフレールと異なり、メーカーオプション設定になっているプレミアム(Premium)とツーリング(Touring)用のルーフレールは、シンプルなグレーからに…。また、荷物を固定する時に助かるルーフホールの用意もありません。

この新型X-BREAK(Xブレイク)以外のガソリン車に用意されているルーフレールは、見た目のデザイン性重視として考えた方が良いかもしれませんね。

ちなみに、今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)のX-BREAK(Xブレイク)以外のガソリン車の全高は1,715mmですが、ルーフレールを装着すると、15mm高くなり、1,730mmとなるので、ご注意くださいね。

>>> 新型フォレスターの外装の実車画像レビュー【ガソリン車の魅力&特徴を徹底解剖】

新型フォレスター ガソリン車のハイブリッド車の実車画像レビュー

5代目新型フォレスター(Forester)では、2.0リットルエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車のアドバンス(Advance)も用意していますが、このモデルでもメーカーオプションでルーフレールを装備する事が可能です。

そんな新型ハイブリッド車に用意されているルーフレールを確認してみたところ、このようなデザインになっていました。

■新型フォレスター ハイブリッド車のルーフレール

この新型ハイブリッド車に用意されているルーフレールの基本的なデザインは、ガソリン車のプレミアム(Premium)やツーリング(Touring)のルーフレールと同じになっています。
ただ、この新型ハイブリッド車に用意されているルーフレールには、シルバーの加飾が…。

このルーフレールは、シルバーの加飾が施された専用デザインのパーツを備えているハイブリッド車の外装・エクステリアにマッチしたデザインになっているように感じました。

また、新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車に用意されているルーフレールは、ロープで固定しやすいロープホールを用意しているのも見逃せないポイントの一つなのかなと思いました。

ちなみに、この新型モデルのハイブリッド車の全高はガソリン車のプレミアムやツーリングと同じ1,715mmなっています。ただ、ルーフレールを装備すると15mm程高くなり、全高は1,730mmとなるのでる、ご注意くださいね。

>>> 新型フォレスター ハイブリッドの外装【ガソリンには無い3つの魅力とは?】

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型フォレスター(Forester)のルーフレールは、ご覧の通り、アクティブモデルのX-BREAK(Xブレイク)を除いたすべてのグレードでメーカーオプション設定となっていました。

また、5代目モデルのルーフレールは、グレードによってデザインや使い勝手に違いが…。

ただ、どのグレードのルーフレールも外装・エクステリアにマッチしたとても良いデザインになっているように感じました。また、SUVらしさを強調したいのなら、やはりルーフレールは、装備したいアイテムの一つなのかなと思いました。

ちなみに、メーカーオプション設定になっているXブレイク(X-BREAK)以外のルーフレールの価格は、ガソリン車/ハイブリッド車問わず54,000円となっています。

決して安い金額ではありませんが、ディーラーさんの話を聞くと、ルーフレールを装着していく方は、かなり多いようですよ。

>>> 新型フォレスター ハイブリッドの見積もり公開【ガソリン車との差はどのくらい?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする