他のグレードに無い工夫が!?新型フォレスターX-BREAKの荷室レビュー

世界中で人気が高いスバルのミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、2018年6月に5代目がデビューをしました。

そんな5代目モデルの注目のグレードの一つが、X-BREAK(Xブレイク)です。

先代モデルでは特別仕様車設定だったこのX-BREAK(Xブレイク)ですが、今回新発売された5代目モデルでは、標準グレードに昇格。外装や内装にオレンジのアクセントを配しており、他のグレードと一線を画すデザインになっているのが、印象的でした。

>>> 内装の違いを徹底解剖!新型フォレスター X-BREAKの6つの専用装備とは?

また、この新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)の魅力の一つが、荷室・ラゲッジスペースです。

この新型X-BREAK(Xブレイク)の荷室には、アウトドアレジャーで使用するのに嬉しい様々な工夫が…。

今回新発売された新型X-BREAK(Xブレイク)の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このX-BREAK(Xブレイク)の荷室・ラゲッジスペースに施されていた工夫は、何だったのでしょうか?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)の荷室・ラゲッジスペースのアレンジや広さ、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスターX-BREAKの荷室・ラゲッジスペース画像レビュー

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターX-BREAKの荷室・ラゲッジスペース

今回新発売された5代目モデルは、荷室開口部が広めのデザインに…。

多くの荷物を積み下ろしをするアウトドアレジャーシーンでは、荷物が積み下ろしがしやすい広い荷室開口部は、とても重宝するのかなと思いました。

また、この新型X-BREAK(Xブレイク)では、他のグレードと同様に6対4分割方式の後部座席を採用しております。

なので、荷物の大きさや量、後部座席の乗車する人数などによって、荷室・ラゲッジスペースの広さを調整する事が可能です。

■新型フォレスター X-BREAKの荷室アレンジ

他のグレードと同様にこの新型モデルでも、スイッチ一つで後部座席を収納できるデザインになっているのは、好印象でした。

また、今回新発売されたこの新型モデルの荷室は先代モデルよりも広くなっており、先代モデルよりもたくさんの荷物が積み込めるようになっています。

>>> 競合車よりも広い!?5代目新型フォレスターの荷室サイズを確認

荷物をたくさん積み込むシーンが多くなるアクティブモデルのX-BREAK(Xブレイク)だからこそ、広くなった荷室・ラゲッジスペースの良さを実感できるのかなと思いました。

また、数が増えたコンビニフックも、アウトドアレジャーシーンでは大活躍をするのかなと思いました。

新型フォレスター X-BREAKの荷室:他のグレードには無い魅力とは?

このように荷物が多くなるアウトドアレジャーでも十分に対応できる広さと使い勝手の良さを備える新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)の荷室・ラゲッジスペースですが、この新型X-BREAK(Xブレイク)の荷室は、他のグレードには無いメリットがありました。

そんな新型X-BREAK(Xブレイク)の荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つが、汚れを気にせずに使い倒せる荷室フロアです。

プレミアムやアドバンスなど他のグレードでは、一般的なカーペット素材を荷室フロアに採用しておりましたが、今回新発売された新型X-BREAK(Xブレイク)では、汚れや水に強い撥水加工を施したプラスチックのような素材をフロアに採用。

■新型フォレスター Xブレイクの荷室フロア

アウトドアレジャーで使いたい人にとっては、この荷室フロアは嬉しいですよね。

このようにこの新型X-BREAK(Xブレイク)の荷室フロアは簡単にお手入れができるプラスチック素材でできているので、泥などで汚れてしまったら、水拭きなどで簡単に掃除する事が可能です。

また、この荷室フロアは簡単に取り外す事ができるため、ホースの水などを使って、まるまる水洗いをする事もできちゃうのも魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、この新型X-BREAK(Xブレイク)では、後部座席の裏側部分も汚れに強い素材になっています。なので、後部座席を収納した時も、シートバックの汚れを気にせずに荷物を積み込めるようになっているのも、個人的には高ポイントでした。

重たい荷物の積み込もラクラク

また、今回新発売された新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)の荷室・ラゲッジスペースのフロアには、重たい荷物の積み見込みをサポートするレール(スムーザー)機能付き。

■新型フォレスター X-BREAKの荷室レール

クーラーボックスや重たい段ボールを荷室・ラゲッジスペースの奥に移動させたい時には、この新型X-BREAKに用意されているレール(スムーザー)は、重宝するのかなと思いました。

また、この新型X-BREAK(Xブレイク)の荷室フロアは、ハチの巣状(ハニカム状)になっており、汚れや傷が目立ちにくいデザインになっているのも好印象でした。

2018年6月にフルモデルチェンジをしてデビューをした5代目新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)のアクティブモデル”X-BREAK”の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、汚れに強い素材をフロアに採用。

汚れや傷を心配する事無く荷室・ラゲッジスペースを使い倒せるのは、他のグレードには無いこの新型X-BREAK(Xブレイク)の魅力・メリットの一つだと思いました。

また、スキーやスノボー、キャンプなどアウトドアレジャーのお供として新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)の使用を考えているユーザーさんにとっては、アウトドアレジャーに役立つ機能や装備がデフォルトで用意されているこのグレードは、とても魅力的に映るのかなと思いました。

ちなみに、アクティブ志向の新型X-BREAK(Xブレイク)と他のグレードの荷室・ラゲッジスペースの違いを確認したい方は、コチラの記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする