グレードで機能の違いが!?新型フォレスターのシートヒーターの使い勝手インプレ

先代のイメージをそのまま踏襲しつつ、外装や内装の質感を高めた5代目新型フォレスター(Forester)が、2018年6月にデビューをしました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)は、全グレードにシートヒーターが標準装備されるなど、機能や装備が充実しているのが魅力の一つです。

>>> こんな所まで!?新型フォレスターの進化を感じた便利な3つの機能とは?

ただ、この新型モデルに標準装備されているシートヒーターは、グレードによって、機能性やスイッチの操作性に違いが…。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された5代目モデルに標準装備されているシートヒーターは、グレードによって、どのような違いがあったのでしょうか?また、使い勝手やスイッチの操作性は、どうだったのでしょうか?

先代モデルよりも進化を遂げた新型フォレスター(Forester)のシートヒーターを徹底的にレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスターのシートヒーターの使い勝手レビュー

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターの内装・インテリア

そして、この5代目モデルは、全グレード共通でフロントシートだけではなく、後部座席にもシートヒーターが用意されていました。

また、この新型フォレスター(Forester)では、全グレード、座面だけではなく、背もたれも温めてくれるタイプのシートヒーターを標準装備しています。

ただ、フロントシート用のシートヒーターに関しては、2つのタイプを用意してあり、グレードによって、機能性や操作性が異なりました。

機能性に優れる上位モデルのシートヒーター

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のガソリン車の上位モデル”プレミアム”と新しくラインナップされたハイブリッド車の”アドバンス”では、上位モデルに相応しい使い勝手の良いシートヒーターが標準装備されていました。

そんな上位モデルに用意されているシートヒーターの特徴の一つが、機能性です。

この5代目モデルの”プレミアム(Premium)”と”アドバンス(Advance)”に標準装備されているシートヒーターは、3段階から温度を選択する事ができる仕様に…。

細やかな温度設定ができるようになっているのは、嬉しいですよね。

私も先日、この上位モデルのシートヒーターを試してみたのですが、設定温度によって、座面や背もたれから伝わってくる温かさが異なります。

一番温度を低く設定した時は、シートの座面や背もたれがじんわりと温まっているのを感じる程度だったのですが、温度を一番高く設定すると、ほんの30秒くらいで温かさが実感する事ができました。

また、新型フォレスター(Forester)の上位モデルに用意されているシートヒーターの注目ポイントの一つが、操作スイッチの位置です。

ガソリン車の最上位モデル”プレミアム(Premium)”やハイブリッド車の”アドバンス(Advance)”では、シートヒーターの操作スイッチをエアコンパネル部分に搭載。

■新型フォレスターの上位モデルのシートヒータースイッチ

若干スイッチのサイズが小さいのが気になりましたが、運転席から手が届きやすい位置にシートヒータースイッチが用意されているのは、好印象でした。

シートヒータースイッチの操作性が異なる下位モデル

新型フォレスター(Forester)の最廉価モデルの”ツーリング(Touring)”とアクティブ仕様の”X-BREAK(Xブレイク)”に用意されているシートヒーターは、上位モデルのものと異なります。

上位モデルと下位モデルに用意されているシートヒーターで大きく異なるのは、温度調節機能です。

先ほども紹介した通り、”プレミアム”や”アドバンス”では、3段階の温度調節機能をを備えたシートヒーターを用意していましたが、下位モデルの”ツーリング”と”X-BREAK”では、”High(ハイ)”と”LOW(ロー)”の2段階調整に…。

また、シートヒータースイッチの位置も異なり、下位モデルの”ツーリング(Touring)”と”X-BREAK(Xブレイク)”のシートヒータースイッチは、センターコンソール部分に配置されていました。

■新型フォレスターの下位モデルのシートヒータースイッチ

今回新発売された新型フォレスター(Forester)の下位モデルのシートヒータースイッチは、サイズが小さい事もあり、また、助手席側に設置されている事もあり、運転席から少し操作しにくい感じが…。

ちなみに、先代モデルのシートヒータースイッチもセンターコンソール部分に用意されていましたが、スイッチのサイズが大きいのが、好印象でした。センターコンソールの前方に備わっていたので、操作性はイマイチでしたが…。

■先代モデルのシートヒータースイッチ

個人的には、5代目モデルの下位モデル”ツーリング(Touring)”とアクティブ仕様の”X-BREAK(Xブレイク)”のシートヒータースイッチは、先代モデルくらいのサイズになっている方が操作しやすいのかなと思いました。

後部座席のシートヒーターは、全グレード共通

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のフロントシート用のシートヒーターは、上位モデルと下位モデルで機能性や操作性に違いがありましたが、後部座席のシートヒーターに関しては、全グレード共通となっています。

■新型フォレスターの後部座席用のシートヒーター

この5代目モデルの後部座席は、2段階の温度調節機能付きのシートヒーターを全グレード標準装備。

シートヒータースイッチもセンターコンソールの後方に備わっており、後部座席から直接操作できるがとても良いと思いました。また、左右独立して、温度調節できるのも好印象でした。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された5代目新型フォレスター(Forester)はシートヒーターが全グレード標準装備されていましたが、グレードによって、このような違いがありました。

私は上位モデルと下位モデルのシートヒーターを確認する事ができたのですが、やはり3段階の温度調節機能を備えている上位モデルのシートヒーターの方が使い勝手・操作性が良い感じが…。

新型フォレスター(Forester)の”ツーリング(Touring)”や”X-BREAK(Xブレイク)”では、プッシュ式のスタートエンジンが標準装備されていないなど、デザインだけではなく、機能や装備に様々な違いがあります。

ただ、このシートヒーターの機能性や操作性の違いも上位モデルの下位モデルの大きな違いの一つなのかなと思いました。

>>> 新型フォレスターのドライバーモニタリングシステム【魅力&メリットを徹底解剖】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする