新型フォレスター X-BREAKの内装レビュー【アウトドアで役立つ装備が充実!?】

スバルの最新のプラットフォーム”SGP(スバルグローバルプラットフォーム)”を採用した5代目新型フォレスター(Forester)が、2018年6月にデビューしました。

今回、新発売された五代目モデルは4つのグレードを用意していますが、特に注目を集めているのが、レッドオレンジのアクセントラインが印象的なX-BREAK(Xブレイク)です。

>>> 新型フォレスターX-BREAKの外装比較【他グレードとの違いを実車画像で徹底解説】

このように専用デザインのフロントグリルなどを採用するなど、他のグレードと一線を画すスタイルになっているこの新型X-BREAK(Xブレイク)ですが、内装・インテリアも全く異なるデザインに…。

また、アウトドアシーンで役に立つ機能や装備が充実しているのも好印象でした。

今回新発売された5代目モデルの中でも異彩を放っている新型X-BREAK(Xブレイク)の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、他のグレードとどのような違いがあったのでしょうか?

2018年6月にデビューした5代目新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)の内装・インテリアを、どこよりも詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

5代目新型フォレスター X-BREAKの内装レビュー:インパネ編

2018年6月にデビューをした新型フォレスター(Forester)の中で特にアクティブ指向になっている”X-BREAK(Xブレイク)”の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスター X-BREAKの内装・インパネ

ちなみに、こちらは新型フォレスター(Forester)の人気モデル”プレミアム(Premium)”の内装・インパネのデザインです。

■新型フォレスター プレミアムの内装・インパネ

内装・インパネのデザインが全く異なりますよね。

この新型モデルののセンターコンソールや送風口(サイドレジスタ)には、このモデルのイメージカラーでもあるオレンジの加飾を採用。

■新型フォレスター X-BREAKのセンターコンソール

■新型フォレスター X-BREAKの送風口(サイドレジスタ)

また、この新型X-BREAK(Xブレイク)のインパネには、革シボやオレンジのステッチ、シルバー加飾などが施されており、アウトドア仕様らしいアクティブさを強調したデザインになっているのも、他のグレードとの大きな違いだと思いました。

X-BREAK専用デザインの装備が充実

このようにオレンジカラーの加飾が印象的な新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)ですが、インパネに備わっている各パーツや装備が専用デザインになっているのも注目ポイントの一つです。

例えば、ハンドル・ステアリングホイール。

他のグレードではシルバーのステッチを採用してシックなイメージになっていますが、今回新発売された新型X-BREAK(Xブレイク)では、オレンジのステッチを採用。

■新型X-BREAK(Xブレイク)のハンドル・ステアリングホイール

また、この新型X-BREAK(Xブレイク)では、シフトレバーのシフトブーツ部分やセンターコンソールにもオレンジのステッチを採用。

■新型X-BREAK(Xブレイク)のシフトレバー

■新型X-BREAK(Xブレイク)のセンターコンソール

ハンドルやシフトレバー、センターコンソールなどのインパネに備わっている各装備もX-BREAK(Xブレイク)らしいアクティブさが漂っていました。

ドア内側パネルも専用デザインに…

また、今回新発売された新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)の内装・インテリアを確認していて印象的だったのが、ドア内側パネルのデザインです。

■新型フォレスター X-BREAKのドア内側パネル

この新型X-BREAK(Xブレイク)は、ドア内側パネルの表皮にグレーのブロック調の模様が特徴の織物を採用した専用デザインに…。

ちょっとザラザラとした手触りがSUVらしさを演出しているような感じが…。

また、ドア内側パネルには、”X-BREAK”のタグが付いているのも、他のグレードとは異なる特別感があって、良いと思いました。

ちなみに、このドア内側パネルに採用されている表皮も撥水加工が施されており、汚れに強くなっているそうですよ。

5代目新型フォレスター X-BREAKの内装レビュー:シート編

2018年6月にデビューをした新型フォレスター(Forester)のアクティブモデル”X-BREAK(Xブレイク)”は、シートも専用デザインになっています。

この新型モデルのフロントシート&後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型フォレスター Xブレイクのフロントシート

■新型フォレスター Xブレイクの後部座席

シートサイドに施されたオレンジのステッチがアクティブさを強調しているこの新型X-BREAK(Xブレイク)のシートですが、他のグレードには用意されていない機能が…。

それは撥水機能です。

この新型モデルでは、プレミアムと同様に織物をシートのメイン素材に採用しているのですが、このこのXブレイクのみ撥水加工が施されているそうです。なので、他のグレードのシートよりも汚れがシート内に染み込みにくくなっているそうです。

私はディーラーさんに許可を取って、少し水滴をシートに垂らしてみたのですが、確かにシートの表面で撥水している感じが…。

また、シートカラーに汚れが目立ちにくいグレーを採用しているところも、この新型X-BREAK(Xブレイク)をアクティブに使いこなしたい人には、嬉しいポイントの一つなのかなと思いました。

ちなみに、ドア内側パネルと同様にこの新型フォレスター(Forester)のシートにも”X-BREAK”のタグが付けられています。シートに取り付けられている専用タグもワンポイントアクセントになっていて、とても良いと思いました。

2018年6月にデビューをした新型フォレスター(Forester)のアクティブモデル”X-BREAK(Xブレイク)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

この新型X-BREAK(Xブレイク)の内装・インテリアにはオレンジの加飾が随所に施されており、アウトドアレジャーにピッタリなアクティブなデザインに…。

また、撥水恰好のシート素材が採用されるなど、アウトドアシーンに役に立つ機能や装備が充実しているのも注目ポイントの一つなのかなと思いました。

ちなみに、この新型X-BREAK(Xブレイク)は、メーターも他のグレードと異なる専用デザインになっています。

アクティブなイメージに生まれ変わったこの新型X-BREAK(Xブレイク)のメーターも注目ポイントの一つなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする