【X-BREAK vs その他のグレード】新型フォレスターの荷室の違いを徹底検証

先代の良さを継承しながらも、存在感がさらに増したスバルの人気SUV新型フォレスター(Forester)の5代目モデルが、2018年6月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは4つのグレードを用意していますが、アウトドアシーンにピッタリのクルマとして注目を集めているのが、オレンジのアクセントラインが特徴のX-BREAK(Xブレイク)です。

このX-BREAK(Xブレイク)は撥水加工を施したシートを標準装備するなど、他のグレードには無い機能や装備が盛り沢山。また、他のグレードよりも荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が良くなっているのも好印象でした。

>>> 他のグレードに無い工夫が!?新型フォレスターX-BREAKの荷室レビュー

このようにアクティブに使うこなすには嬉しい機能や装備が充実している新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)とそれ以外のグレードの荷室・ラゲッジスペースは、どのような違いがあるのでしょうか?

実車画像を使って、新型X-BREAK(Xブレイク)とそれ以外のグレードの荷室・ラゲッジスペースの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスターの荷室:X-BREAKとそれ以外のグレードでは、どんな違いが?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された5代目新型フォレスター(Forester)のX-BREAKとそれ以外の荷室・ラゲッジスペースは、それぞれこのようなデザインになっています。

■新型フォレスター X-BREAKの荷室・ラゲッジスペース

■新型フォレスター “プレミアム”の荷室・ラゲッジスペース

どちらのモデルも同じ荷室サイズになっています。

また、6対4分割方式になっている後部座席を活用した荷室・ラゲッジスペースのアレンジや使い勝手も全く同じになっています。

>>> 広くて使い勝手も抜群!?新型フォレスターの荷室アレンジを徹底チェック

ただ、新型フォレスター(Forester)のX-BREAKとそれ以外のグレードの荷室・ラゲッジスペースでは、次のような違いがありました。

荷室の違い1:荷室のフロア素材

今回新発売され新型フォレスター(Forester)のX-BREAKとそれ以外のグレードの荷室・ラゲッジスペースの大きな違いの一つが、フロアに使用されている素材です。

“プレミアム”グレードなど、X-BREAK以外のグレードの荷室・ラゲッジスペースに使用されている素材は、一般的なカーペット素材となっております。

■新型フォレスター X-BREAK以外の荷室素材

泥のついたキャンプ用具や濡れたサーフボードなどを積み込むには、少し不向きです。

なので、もし泥のついた荷物を積み込むなら、ディーラーオプション設定になってるカーゴトレーマットやオールウェザーカーゴカバーなど、荷室フロアをカバーするアイテムを使用した方が良いです。

一方、新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)の荷室・ラゲッジスペースでは、元々、汚れや水濡れに強いプラスチックのような素材をフロアに採用。

■新型フォレスター X-BREAKの荷室素材

この荷室フロアは簡単に取り外しする事ができるので、もし汚れてしまった場合は、ホースで水洗いをすれば、簡単にキレイにする事が可能です。

また、ハチの巣状(ハニカム状)になっている新型X-BREAK(Xブレイク)の荷室フロアは、傷に強いため、少々ラフに扱っても問題ありません。

この荷室・ラゲッジスペースの使い勝手の良さは、他のグレードには無い新型X-BREAK(Xブレイク)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

荷物の積み降ろしをサポートする荷室レールも標準装備

アウトドア志向になっている新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)とそれ以外のモデルの荷室・ラゲッジスペースの大きな違いの一つが、フロアに備わっているレール(スムーザー)です。

新型X-BREAK(Xブレーク)の荷室・ラゲッジスペースでは、重たい荷物の積み降ろしをサポートするレール(スムーザー)を標準装備。

■新型フォレスター X-BREAKに備わっているスムーザー

このレール(スムーザー)を使用すれば、クーラーボックスや段ボールなど重たい荷物をラクに滑り込ませる事ができちゃいます。

荷物の積み降ろしがしやすくなっているのも、新型X-BREAK(Xブレイク)の荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つなのかなと思いました。

荷室の違い2:ライト

今回新発売された新型フォレスター X-BREAK(Forester X-BREAK)とそれ以外のグレードでは、荷室・ラゲッジスペース周りに用意されたライトにも違いがあります。

例えば、新型X-BREAK(Xブレイク)では、リヤゲートの中央にLEDのリヤゲートライトが標準装備されています。

■新型フォレスター X-BREAKのリヤゲートライト

高い位置から荷室・ラゲッジスペース全体を照らしてくれるLEDのリヤゲートライトは、夜間に荷物を積み下ろしをする時や荷室・ラゲッジスペースに腰を掛けて作業をする時などに便利な感じが…。

また、プレミアムなどX-BREAK以外のグレードでは、ハロゲンのカーゴルームランプを採用していたのに対し、新型X-BREAK(Xブレイク)では、LEDのカーゴルームランプを標準装備。

新型X-BREAK(Xブレイク)は、他のグレードよりも明るく荷室・ラゲッジスペースを照らしてくれるだけではなく、スタイリッシュな雰囲気になっているのも好印象でした。

2018年6月にデビューをした新型フォレスター(Forester)のX-BREAKとそれ以外のグレードの荷室・ラゲッジスペースを比較してみたところ、このようになっていました。

新型X-BREAK(Xブレイク)の荷室・ラゲッジスペースは、汚れに強いプラスチック素材をフロアに使用するなど、他のグレードよりも使い勝手が良いデザインに…。また、個人的には、LEDのカーゴルームランプやリヤゲートライトが標準装備されているのも好印象でした。

オレンジのステッチが外装や内装に施された新型X-BREAK(Xブレイク)は、アウトドアレジャー専用のモデルと考える人が多いよう。ただ、この使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースは、ファミリーカーとして使用する際にも重宝するのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする