新型ランクル300とプラドを比較【外装の違いを実写画像で徹底解説】

トヨタから発売されているランドクルーザーには、フラッグシップモデルの新型ランクル300(Land Cruiser)と弟分にあたるランクル プラド(Landcruiser PRADO)の2種類が用意されています。

ただ、この2台のモデルは、発売された時期に差があることから、装備&機能に大きな差が…。

2021年8月にデビューをした新型ランクル300(と弟分のランドクルーザー プラドの外装・は、それぞれどのようなデザインになっているのでしょうか?また、この2台のモデルの外装まわりの装備や機能には、どのような違いがあるのか?

実写画像を使って、この2台のモデルの外装・エクステリアの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300とランクルプラドの外装【デザインをチェック】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300と弟分のランクル プラドの外装・エクステリアは、それぞれこのようなデザインをしています。

王者の風格がただよう新型ランクル300

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300の外装・エクステリア

2021年8月に登場をした新型モデルですが、今までのランクルと同様、前後左右ともに水平時期を基調にしたスクエアなフォルムを採用。

そんな新型ランクル300(Land Cruiser)の外装・エクステリアの特徴の一つは、フロントマスクのデザインです。

この新型モデルは、先代モデル同様、薄型のヘッドライトと大型のフロントグリルを採用しており、”陸の王者”と呼ぶのにふさわしい迫力と存在感が…。

■新型ランクル300のフロントグリル

また、シーケンシャルウィンカー付きのLEDヘッドライトや電動パワーゲートなど、最新のアイテム&装備が用意されているのも、この新型モデルの魅力の一つですよ。

見た目の迫力と使い勝手の良さを兼ね備えたランクル プラド

一方、ランドクルーザー プラド(Landcruiser PRADO)の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■ランクル プラドの外装・エクステリア

新型ランクル300の弟分と言われているだけあって、ランドクルーザー プラドも、水平基調の四角いフォルムをしています。

また、薄型のシャープなヘッドライトや存在感のあるフロントグリルを採用するなど、新型ランクル300(Land Cruiser)の面影を感じるデザインになっています。

ただ、新型ランクル300よりもランクル プラド(Landcruiser PRADO)の方がボディサイズがひと回り小さくなっているんですよね。また、燃費性能も優れています。

そのため、新型ランクル300(Land Cruiser)よりランクル プラド(Landcruiser PRADO)の方が、日本の道路事情にはあっているかもしれませんね。

新型ランクル300とランクルプラドの外装【装備&機能の違いをチェック】

新型ランクル300とランクル プラドはどちらも、SUVらしい迫力のあるデザインをしていますが、用意されている機能&装備に大きな差がありました。

この2台のモデルの外装まわりの装備&アイテムは、どのような違いがあるのか?実写画像を交えて、紹介したいと思います。

ボディサイズ

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300と弟分のランドクルーザー プラドの大きな違いの一つが、ボディサイズです。

■新型ランクル300とランクルプラドのボディサイズ

上記の方をご覧いただければわかると思いますが、新型ランクル300(Land Cruiser)の方がランクル プラド(Landcruiser PRADO)よりもと全長は190mm、全幅は95mmほど大きくなっています。

そのおかげもあり、新型ランクル300(Land Cruiser)の方が迫力のあるデザインに…。

ただ、細い道の運転や駐車などは、ボディサイズが小さく小回りが効くランクル プラド(Landcruiser PRADO)の方が良かったです。

■新型ランクル300とプラドの最小回転半径を比較

フロントグリル

また、フロントグリルのデザインも、新型ランクル300とランクル プラドの大きな違いの一つです。

どちらも迫力のあるデザインをしているフロントグリルを装着していますが、新型ランクル300(Land Cruiser)は4本の太い横バーをあしらったフロントグリルを採用しているのに対し、縦に5本のバーを配列したフロントグリルを採用。

■新型ランクル300のフロントグリル

■ランクルプラドのフロントグリル

また、ランクル プラドのフロントグリルのバーは、ブラック塗装が施されており、新型ランクル300よりも引き締まったフロントマスクになっていました。

ヘッドライト

また、ヘッドライトも、新型ランクル300とランクル プラドの大きな違いの一つです。

どちらもシャープな見た目を演出する薄型のLEDのヘッドライトを採用しているのですが、2021年8月にフルモデルチェンジをした新型ランクル300(Land Cruiser)は、インパクトのある太いウィンカー兼用のデイライトを採用。

■新型ランクル300のデイライト

■新型ランクル300のウィンカー

また、ヘッドライト内部もスクエア形状になっています。

■新型ランクル300のヘッドライト

一方、ランクル プラド(Landcruiser PRADO)のデイライトは、細めのデザインを採用。また、ヘッドライトも、丸形デザインを採用

■ランクル プラドのヘッドライト

そのおかげもあり、ヘッドライト点灯時の印象は、全く異なり増す。

また、ランクル プラド(Landcruiser PRADO)の上位モデルは、流れるウィンカー(シーケンシャルウィンカー)やハイビームとロービームを自動で切り替えてくれる”アダプティブハイビーム”を備えているのも注目ポイントの一つですよ。

タイヤ&ホイール

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)と弟分のランクル プラド(Landcruiser PRADO)は、SUVらしい無骨感のあるタイヤ&ホイールを履いています。

■新型ランクル300のタイヤ&ホイール

■ランクルプラドのタイヤ&ホイール

ただ、ボディサイズが大きい新型ランクル300(Land Cruiser)の方が、ひと回り大きいタイヤ&ホイールを履いていました。

■新型ランクル300とランクルプラドのタイヤサイズ

リヤコンビネーションランプ

また、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)とランクル プラド(Landcruiser PRADO)では、リヤコンビネーションランプのデザインも異なります。

ランクル プラド(Landcruiser PRADO)は縦に長いデザインをしたリヤコンビネーションランプを採用していたのに対し、今回デビューを新型ランクル300(Land Cruiser)のリヤコンビネーションランプは、ワイド感を強調したデザインに…。

■新型ランクル300のリヤコンビネーションランプ

■ランクル プラドのリヤコンビネーションランプ

そのおかげもあり、新型ランクル300(Land Cruiser)の方がどっしり感のある後ろ姿に…。

■新型ランクル300の後ろ姿

■ランドクルーザー プラドの後ろ姿

また、新型ランクル300の上位モデルは、テールランプやストップランプだけではなく、ターンランプにもLEDを使ったフルLEDのリヤコンビネーションランプを採用しているのも、ランクル プラドとの大きな違いの一つでした。

まとめ:迫力のあるデザインを採用している新型ランクル300

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)と弟分にあたるランクル プラド(Landcruiser PRADO)の外装・エクステリアを比較してみたところ、このような違いがありました。

■新型ランクル300とランクルプラドの外装の違い

・ボディサイズ
・フロントグリル
・ヘッドライト
・タイヤ&ホイール
・リヤコンビネーションランプ

今回デビューを果たした新型ランクル300とランクル プラドは、どちらもオフローダーらしくボックス型のシルエットを採用していますが、ボディサイズがひと回り大きい新型ランクル300の方が迫力&存在感がありました。

また、ウィンカー兼用のデイライトなど最新の機能&装備を備えているのも、ランドクルーザー プラドにはない新型ランクル300の魅力の一つですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02