広さは十分!新型ランクル300の後部座席の足元&頭上空間を計測してみた

2021年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は、中央部分のみを収納することができる4対2対4分割方式の後部座席を採用しており、使い勝手が非常に良いです。

また、この新型モデルの後部座席(2列目シート)は、足元空間&頭上空間が広いこともあり、非常に快適に過ごすことができます。

今回デビューを果たした新型モデルの後部座席(2列目シート)の足元&頭上空間は、どれくらいの広さを確保しているのでしょうか?また、この新型モデルの後部座席に座ってみると、足元&頭上空間にどれくらいのゆとりがあるのでしょうか?

トヨタからデビューを果たしたキング オブ SUV新型ランクル300(Land Cruiser)の後部座席の足元空間&頭上空間の広さを計測してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300の後部座席の足元空間の広さをチェック

2021年8月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の後部座席は、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300の後部座席

前席を一番後ろにしても十分に広いランクル300の後部座席

“キング オブ SUV”と呼ぶのに相応しい上質感がただよう新型ランクル300(Land Cruiser)の後部座席ですが、足元空間の広さは、このような感じになっています。

こちらは、フロントシートを一番前にした時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さです。

■後部座席の足元空間の広さ:運転席を最前端

運転席を一番前にスライドすると、成人男性でも足を組んで座れるくらい広々とした足元空間の広さに…。

逆に運転席を一番後ろにスライドすると、後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、このような感じになります。

■後部座席の足元空間の広さ:運転席を最後端

この新型モデルのフロントシートは、前後の調整幅が広くなっています。

そのため、フロントシートを一番後ろにすると、後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、かなり狭くなります。

ただ、足回りは多少窮屈感は感じるものの、成人男性が座れるくらいの足元空間の広さは確保していました。

また、新型ランクル300(Land Cruiser)の運転席を私が一番運転をしやすいドライビングポジションに設定した時の後部座席の広さは、このような感じになります。

■後部座席の足元空間の広さ:ドライビングポジション設定時

私は普段、運転席を中央よりもやや後方に調整をして運転をします。

ただ、この新型モデルは、運転席をドライビングポジションにあわせた時も十分すぎる程の足元空間(ニークリアランス)の広さになっていました。

新型ランクル300の後部座席の足元の広さは最大で約48㎝

このように十分な足元空間の広さを備えている新型ランクル300(Land Cruiser)の後部座席ですが、実際には、どれくらい広いのでしょうか?

この新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを手持ちのメジャーで測ってみたところ、このようになっていました。

■新型ランクル300の後部座席の足元空間の広さ

今回デビューを果たした新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、最大で約48cmとなっており、成人男性でも足を組んで座れるだけの広さを確保。

また、運転席をドライビングポジションにあわせた時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、約32cmとなります。

足を組んで座るのは少々難しいですが、膝先からシートバックまで拳を縦にして約2個分のゆとりがあるため、窮屈感を感じることなく快適に過ごすことができました。

フロントシート下のトンネルの広さも魅力の一つ

また、2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の後部座席に実際に座って良いと思ったことの一つが、フロントシート下のトンネルの広さです。

■新型ランクル300のフロントシート下のトンネル

この新型モデルのフロントシート下のトンネルの高さは約70cmあり、バッシュのような大きなスニーカーでも真ん中くらいまでスッポリと収めることができます。

そのおかげもあり、この新型モデルの後部座席は足まわりの自由度が多く、長距離ドライブでも快適に過ごすことができますよ。

新型ランクル300の後部座席の頭上空間の広さをチェック

成人男性でも快適に過ごせるだけの足元空間の広さを確保している新型ランクル300(Land Cruiser)の後部座席ですが、頭上空間(ヘッドクリアランス)の広さは、どうだったのでしょうか?

この新型モデルの後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)の広さも確認してきたので、紹介したいと思います。

窮屈感を感じない新型ランクル300の後部座席の頭上空間

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)の広さは、このような感じになっています。

■新型ランクル300の後部座席の頭上空間

パッと見た感じかなり広そうな新型モデルの後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)ですが、身長約175cmある私が後部座席に座ってみたところ、頭のてっぺんから天井まで拳を縦にして1個半くらいのゆとりがあります。(参考動画:)

そのため、悪路を運転しても、頭を天井にぶつける心配がないため、非常に安心感があります。

また、この新型モデルは、先方の見晴らしが良く、また、サイドウィンドウが大きめに確保されているため、圧迫感&窮屈感を一切感じないのも好印象でした。

リクライニングすると頭上空間がさらにアップ

また、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の後部座席は、調節幅が10段階以上あるリクライニング機能を備えています。

■新型ランクル300の後部座席をリクライニングした時の様子

そして、この新型モデルの後部座席をリクライニングすると、頭の位置が下がるため、必然的に頭上空間(ヘッドクリアランス)は広くなります。

なので、身長が180cm以上ある人でも、この新型モデルの後部座席は、快適に過ごすことができます。

この広々としたゆとりのある頭上空間(ヘッドクリアランス)は、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力の一つだと思いあmスよ。

まとめ:誰でも快適に過ごすことができる新型ランクル300の後部座席

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の後部座席の足元空間&頭上空間の広さを測ってみたところ、このようになっていました。

■新型ランクル300の後部座席の広さのまとめ

・後部座席の足元空間の広さは約22cm~約48cm
・ドライビングポジション時の後部座席の足元空間の広さは約32cm
・後部座席の頭上空間の広さは拳を縦にして1個半程度
・リクライニングで頭上空間の広さを調整可能

今回デビューを果たした新型モデルの後部座席(2列目シート)は、大柄な男性でもゆったりと座れるだけの広さを確保。

また、サイドウィンドウが大きく、開放感をたっぷりと味わえるのもこの新型モデルの後部座席の魅力&メリットの一つですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02