先代より格段に進化!新型ランクル300のシフトレバーの魅力&注目ポイントを徹底解説

2021年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は、全方位的に進化を遂げましたが、シフトレバーもその一つです。

そのおかげもあり、この新型モデルのシフトレバーは、先代モデルより見た目のデザイン性だけではなく、操作性&使い勝手も良くなっていました。

そんな新型モデルのシフトレバーは、どのようなデザイン&操作性をしてるのでしょか?また、先代モデルと比べて、どこが進化していたのでしょうか?

実車画像を使って、新型ランクル300(Land Cruiser)のシフトレバーの魅力や特徴、注目ポイントを徹底解説したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300のシフトレバーのデザインをチェック

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)に用意されているシフトレバーは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300のシフトレバー

本革巻きのシフトレバーを標準装備

今回デビューを果たした新型モデルは、シフトブーツを履いた本革巻きのシフトレバーを全グレード標準装備。

シフトノブの部分にはサテンメッキがあしらわれており、”キング オブ SUV”と呼ぶのに相応しい高級感&上質感がただようシフトレバーになっていました。

グレードでシフトレバーの加飾が異なる

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、上位モデルに位置をするGRスポーツやZXグレードだけではなく、エントリーモデルに位置をするGXグレードも高級感がただようシフトブーツを履いた本革巻きのシフトレバーを標準装備しています。

ただ、上位モデルと下位モデルでは、シフトレバーにあしらわれているサテンメッキの加飾デザインに若干の差があります。

GRスポーツやZXグレードなど上位モデルのシフトレバーは、シフトブーツとノブの間にサテンメッキの加飾がほどこされています。

■上位モデルの本革巻きシフトレバー
グレード:GRスポーツ・ZXグレード・VXグレード

一方、AXグレードやGXグレードなどの下位モデルのシフトレバーは、シフトブーツとノブの間にサテンメッキの加飾はなく、オーソドックスなブラック塗装に…。

■下位モデルモデルの本革巻きシフトレバー
グレード:AXグレード・GXグレード

そのおかげもあり、上位モデルのシフトレバーの方が、上質感&高級感がありました。

パドルシフトの用意はなし

そんな新型ランクル300(Land Cruiser)のシフトレバーで残念だったことの一つが、パドルシフトです。

今回デビューを果たした新型モデルは、先代モデルと同様、ハンドルを握ったままシフトチェンジを行うことができるパドルシフトの用意はなし。

■新型ランクル300のハンドル

フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルには、手元で簡単にシフトチェンジを行えるパドルシフトが搭載されていることを期待していたのですが…。

ちなみに、メルセデス ベンツのAMG G63などの競合車・ライバル車には、パドルシフトが搭載されているんですよね。

競合車にパドルシフトが用意されているとなると、この新型モデルにも装着してもらいたいところでした。

新型ランクル300のシフトレバーの使い勝手【先代より進化したところとは?】

高級感がただようデザインに生まれ変わった新型ランクル300(Land Cruiser)のシフトレバーですが、操作性&使いが手も先代モデルより良くなっていました。

今回デビューを果たした新型モデルのシフトレバーの操作性&使い勝手は、どのような感じになっていたのでしょうか?また、先代モデルとドコが変わったのか?

新しく生まれ変わった新型ランクル300(Land Cruiser)のシフトレバーの操作性&使い勝手を、紹介したいと思いあmス。

ストレートゲート式のシフトレバーを採用

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のシフトレバーの注目ポイントの一つが、シフトレバーの操作性です。

先代モデルも新型モデルと同様、センターコンソールにシフトレバーを配置したフロアシフトを採用していました。

ただ、先代モデルのシフトレバーは、ポジションチェンジをする際、シフトレバーがジグザクのシフトゲートに沿ってレバーを動かすタイプになっていたんですよね。

■先代モデルのシフトレバー

画像引用:https://www.webcg.net/

しかし、フルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)は、シフトゲートがまっすぐなストレートゲート式のシフトレバーを採用。

■ストレートゲート式の新型ランクル300のシフトレバー

そのおかげもあり、スッキリとした見た目に…。

また、誰でも直感的に操作できるシフトレバーになっているのも、好印象でした。

きめ細かく設定できるようになったマニュアルモード

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、MT車のようにドライバー自らシフトアップ/ダウンを行うことができる”マニュアルモード”が用意されています。

マニュアルモード自体は、先代モデルにも用意されていましたが、先代モデルのマニュアルモードは6速だったんですよね。

しかし、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、10速の中から選べるマニュアルモードを搭載。

そのおかげもあり、この新型モデルは、先代モデルよりも細かいシフトチェンジで、なめらか&スムーズに加減速をすることができるようになっていました。

電動パーキングブレーキを初搭載

また、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の注目ポイントの一つが、パーキングブレーキです。

先代モデルは、センターコンソールに用意されているレバー引き上げるオーソドックスなタイプのサイドブレーキを採用していました。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、ランクルで初となる電動パーキングブレーキを標準装備。

■新型ランクル300の電動パーキングブレーキ

このような装備はランクルっぽくないんですが、そのおかげもあり、非力な女性でも簡単&確実にパーキングブレーキをかけることができます。

また、ブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持してくれるオートブレーキホールを標準装備しているのも、新型ランクル300(Land Cruiser)の注目ポイントの一つですよ。

まとめ:デザイン性と操作性を兼ね備えた新型ランクル300のシフトレバー

14年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のシフトレバーのデザインや操作性を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ランクル300のシフトレバーのまとめ

・本革巻きのシフトレバーを全グレード標準装備
・グレードでメッキ加飾が若干異なる
・操作がしやすいストレートゲート式のシフトレバーを採用
・電動パーキングブレーキをランクル初搭載
・パドルシフトの用意はなし

今回デビューを果たした新型モデルは、ストレートゲート式のシフトレバーを標準装備。そのおかげもあり、先代モデルのシフトレバーよりも操作性が良くなった感じが…。

また、電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドなどが標準装備になっているのも、この新型モデルの魅力の一つですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02