新型ノートe-POWERの外装の実車画像インプレ【洗練された見た目を徹底チェック】

2020年12月、日産の人気コンパクトカー新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)がフルモデルチェンジをしてデビューを果たしました。

滑らかさや静かさが進化をした第2世代のe-POWERや自動運転技術のプロパイロットの搭載など、様々な魅力を備えているこの新型モデルですが、外装・エクステリアも大きく進化を遂げていました。

そんな新型モデルの外装・エクステリアは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、外装・エクステリアには、どのような特徴&魅力を備えていたのでしょうか?

日産の人気コンパクトカー新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の外装・エクステリアを、実車画像を使って徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スタイリッシュになったフロントマスク【新型ノートe-POWERの外装1】

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のフロントマスクは、このようなデザインをしています。

■新型ノートe-POWERのフロントマスク

先代モデルのノートe-POWERは、大きめのヘッドライトにインパクトのあるメッキ調のVモーショングリルなど、ギラギラ間のある見た目になっていました。

しかし、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、先代モデルと比較すると、スッキリとしたクールな見た目に…。

また、2021年に日産が発売を予定しているクロスオーバーEVの”アリア(ARIYA)”っぽい先進感のあるデザインになっているのも印象的でした。

新しいNISSANエンブレムを初搭載

そんな新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のフロントマスクの注目ポイントの一つが、エンブレムです。

2020年に日産のロゴが変わることが発表されましたが、今回デビューを果たしたこの新型モデルが新しくなったエンブレムを初めて装着したクルマとのこと。

■新型ノートe-POWERに初採用した新エンブレム

新しいエンブレムは、先代モデルよりもサークル部分が細くなっているのですが、スタイリッシュなこの新型モデルのフロントマスクの雰囲気とマッチしているような感じが…。

また新しいエンブレムは、”NISSAN”の文字が白色になっていることもあり、今までのものよりも”NISSAN”の文字が際立って見えるのも印象的でした。

スタイリッシュなデザインになった新Vモーショングリル

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の注目ポイントの一つが、日産車の特徴でもあるVモーショングリルのデザインです。

先代モデルのVモーショングリルは、フロントグリルを縁取るようなデザインになっていました。

しかし、今回デビューをした新型モデルでは、左右分かれたセパレートタイプのVモーショングリルを採用。

■新型ノートe-POWERのVモーショングリル

また、今までe-POWERはブルーに塗装されたVモーショングリルを採用していましたが、この新型モデルでは、オーソドックスなシルバーメッキのVモーショングリルを採用。

そのおかげもあり、どのボディカラーにもあるシンプルモダンなフロントマスクになっているように感じました。

高級感のある格子状のフロントグリルを採用

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、格子状のフロントグリルを標準装備。

■新型ノートe-POWERのフロントグリル

複雑なデザインをしているこの新型モデルのフロントグリルですが、下にいくにつれて格子のサイズが小さくなっており、フロントマスクの立体感を演出…。

また、この新型モデルのフロントグリルは、艶のあるピアノブラック調の加飾が施されており、高級感・上質感のあるフロントグリルを演出しているのも好印象でした。

LEDヘッドライトはメーカーオプション設定

そんな新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の外装・エクステリアでちょっと残念だったのは、ヘッドライトです。

今回私が見た最上位モデルの”Xグレード”では、LEDヘッドライトが備わっていたのですが、標準仕様はハロゲンで、このLEDヘッドライトはメーカーオプション設定とのこと。

■メーカーオプションのLEDヘッドライト

最上位モデルのXグレードでも、ハロゲンのヘッドライトというのは、ちょっと寂しいですよね。

このスタイリッシュなLEDヘッドライトが標準装備になっていないというのは、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のちょっと残念なところの一つでした。

塊感が増したサイドスタイル【新型ノートe-POWERの外装2】

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の外装・エクステリアを横から見ると、このようなデザインになっています。

■新型ノートe-POWERのサイドスタイル

先代よりもひと回り小さい新型ノートe-POWER

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)をサイドから見て印象的だったのは、ボディサイズです。

この新型モデルの全高&全幅は、先代モデルと全く同じになっています。

しかし、この新型モデルは、先代モデルよりも全長が55mm、ホイールベースが20mmほど短くなっています。

■新型モデルと先代モデルのボディサイズ比較

そのため、先代モデルよりも塊感が増したような感じが…。

このひと回り小さくなったボディサイズも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の特徴&注目ポイントの一つなのかなと思いました。

ユニークなデザインのホイールを標準装備

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のサイドスタイルで印象的だったのが、タイヤ&ホイールです。

ホンダのフィット4やトヨタのヤリスなど、競合車・ライバル車の最上位モデルでは、アルミホイールを標準装備していますが、この新型モデルでは、16インチサイズのフルホイールキャップ付きのスチールホイール(鉄チン)を標準装備。

■新型ヤリスクロスのスチールホイール

最上位モデルのXグレードでも、フルホイールキャップ付きのスチールホイール(鉄チン)を標準装備しているのは、ちょっと珍しいですよね。

ただ、この新型モデルのために用意されたフルホイールキャップには深いスリットが刻まれるなど、かなり個性的なデザインに…。

また、ホイール部分の中央には、新しい日産のエンブレムが刻印されているのも、印象的でした。

ちなみに、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)では、ブラック塗装&切削加工を施した16インチサイズのアルミホイールをメーカーオプションで用意しています。

■メーカーオプションのアルミホイール

スポーティーなサイドスタイルを演出したい方は、メーカーオプションで足回りを変更しても良いかもしれませんね。

どっしり感がアップした後ろ姿【新型ノートe-POWERの外装3】

2020年12月にデビューを果たした日産の人気コンパクトカー”新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)”の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■新型ノートe-POWERの後ろ姿

この新型モデルでは、リヤコンビネーションランプ部分で張りを持たせていることもあり、ドッシリとした印象のある後ろ姿に…。

また、この新型モデルは、リヤガラスは四角形ではなく、サイドが跳ね上がっており、スタイリッシュな後ろ姿を演出しているのも印象的でした。

横一文字のリヤコンビネーションランプを採用

そんな新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の後ろ姿の大きな特徴の一つが、リヤコンビネーションランプです。

先代モデルのノートe-POWERはオーソドックスな縦型のリヤコンビネーションランプを採用していたのですが、この新型モデルでは、今までのノートとは一線を画した横一文字のリヤコンビネーションランプを採用。

■新型ノートe-POWERのリヤコンビネーションランプ

そのおかげもあり、この新型モデルの後ろ姿は、国産車というよりも輸入車のような雰囲気に…。

また、先代モデルよりもワイド感が増して、ひと回り大きく見えるのも好印象でした。

リヤエンブレムの装着もなし

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の後ろ姿で印象的だったのは、リヤエンブレムです。

この新型モデルの後ろ姿では、エンブレムではなく、メッキ加飾を施した”NISSAN”のロゴ(文字)を横一文字になった中央部分に配置。

今までの日産車とは雰囲気が異なりますが、個人的には、こっちの方が良い感じが…。

迫力が増した後ろ姿も、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の注目ポイントの一つなのかなと思いました。

まとめ:今までの日産車とは雰囲気が異なる新型ノートe-POWER

2020年12月にデビューを果たした日産の人気コンパクトカー”新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

エンブレムやVモーショングリルのデザインを変更するなど、スタイリッシュなデザインに…。

また、この新型モデルは進化を遂げた第2世代のe-POWERを搭載していることが話題になっていますが、外装・エクステリアも今までの日産車とは一線を画した先進性の高いデザインになっているのが印象的でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02