新型ノートe-POWERのおすすめのディーラーオプションとは?【ディーラーさん一押し】

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、スタイリッシュな内外装を際立たせるアイテムから快適性&使い勝手を高めるアイテムまで、様々なディーラーオプションを用意しています。

ただ、ディーラーオプションのカタログを見ていると、全てのアイテムが良さそうに見えてきて、どのアイテムを装着したら良いのか迷っちゃいますよね。

しかも、今回デビューを果たした新型モデルは、メーカーオプションも高いので、気になるアイテム&装備をすべて付けたら、オプション代だけで、とんでもない金額になりそうですし…。

そこで、いつもお世話になっている日産のディーラーさんに、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に絶対装着した方が良いおすすめのディーラーオプションを聞いてきました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

ラゲッジアンダーボックス【新型ノートe-POWER一押しのディーラーオプション】

いつもお世話になっているディーラーさんが、おすすめしてくれたディーラーオプションの一つが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を良くする”ラゲッジアンダーボックス”です。

■新型ノートe-POWERのラゲッジアンダーボックス

(引用:日産公式ホームページ)

オプション価格:3万6300円(取り付け費/消費税込み)

荷室の使い勝手の悪さを解消するラゲッジアンダーボックス

ディーラーさんがこのアイテムをオススメしてくれた理由の一つは、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の荷室・ラゲッジスペースの欠点&デメリットを解消してくれるからです。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、ホンダの新型フィット4と並んで、コンパクトカーの中でトップクラスの広さを誇っています。

■新型ノートe-POWERのラゲッジルーム

ただ、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、後部座席を収納をすると、背もたれの部分で10cm前後の大きな段差ができてしまうのが欠点&デメリットなんですよね。

■後部座席を収納した時の新型ノートe-POWERの荷室

しかし、ディーラーオプションで用意されている”ラゲッジアンダーボックス”を装着すると、後部座席の背もたれ部分で段差ができないフラットな荷室・ラゲッジスペースに…。

(引用:日産公式ホームページ)

また、”ラゲッジアンダーボックス”を装着すると、レジャー用品や洗車道具などの小さいアイテムをフロア下に収納することができるようになるのも、魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

インテリアLEDバルブパック【新型ノートe-POWER一押しのディーラーオプション】

また、ディーラーさんがおすすめしてくれた新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のディーラーオプションの一つが、マップランプやルームランプ、ラゲッジランプをLEDにしてくれる”インテリアLEDバルブパック”です。

■新型ノートe-POWERのインテリアLEDバルブ

(引用:日産公式ホームページ)

オプション価格:15,928円(取り付け費/消費税込み)

新型ノートe-POWERはハロゲンのルームランプが標準仕様

今回デビューを果たした新型モデルは、ハロゲンのマップランプ&ルームランプ、ラゲッジランプが標準仕様となっています。

■新型ノートe-POWERの標準仕様のマップランプ

■新型ノートe-POWERの標準仕様のルームランプ

■新型ノートe-POWERの標準仕様のラゲッジランプ

このオレンジに光るハロゲンのマップランプやルームランプでは、近未来感あふれるデザインに生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の魅力を損なっているような感じが…。

また、今回デビューを果たした新型モデルは、上下2段組になったセンターコンソールを備えているのですが、標準仕様のハロゲンのマップランプやルームランプでは、センターコンソールの下段まで光が届きにくく、少し暗くなりやすいんですよね。

■新型ノートe-POWERのセンターコンソール

しかし、ハロゲンよりも室内を明るく照らしてくれる、また、光が届く範囲が広いLEDのマップランプやルームランプでは、センターコンソールまわりもしっかりと照らしてくれます。

このように見た目のデザイン性だけではなく、車内の隅々までしっかりと明るく照らして夜間の快適性を高めてくれるのは、ディーラーオプションで用意されているLEDランプの良いところなのかなと思いました。

また、この新型モデルに用意されている”インテリアLEDバルブ”は、3カ所まとめて約1万6000円と手が届きやすい価格設定になっているのもおすすめの理由の一つとのことでした。

後席用充電USBポート【新型ノートe-POWER一押しのディーラーオプション】

また、いつもお世話になっているディーラーさんが、「是非ともこれは…」と言って、おすすめしてくれた新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のディーラーオプションが後部座席用のUSBポートです。

■新型ノートe-POWERの後席用充電USBポート

(引用:日産公式ホームページ)

オプション価格:14,520円(取り付け費/消費税込み)

新型ノートe-POWERの後部座席にはUSBポートの用意がない

今回デビューを果たした新型モデルは、ダッシュボードの下部にUSBポートが1つ標準装備されているのですが、後部座席まわりにはUSBポートが用意されていないんですよね。

また、この新型モデルでは、メーカーオプションでもUSBポートを用意しているのですが、ダッシュボードの”タイプC”のUSBポートが1つ追加されるだけで、後部座席まわりにはUSBポートは付きません。

■新型ノートe-POWERのUSBポート

なので、後部座席まわりに純正のUSBポートを装着するには、このディーラーオプションを注文するしかないとのこと。

お値段もそれほど高くないですし、この新型モデルをファミリーカーとして使用する方など、後部座席を頻繁に利用する方は、後部座席まわりの利便性を高めてくれるUSBポートの装着を検討しても良いかもしれませんね。

ちなみに、見た目は非常にシンプルな後部座席用USBポートですが、最大で2.4A出力対応なので、スマホやiPhone、タブレット端末を急速充電することが可能ですよ。

まとめ:ディーラーオプションで新型ノートe-POWERの快適性&利便性をアップ

いつもお世話になっているディーラーさんに、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のおすすめのディーラーオプションを質問してみたところ、次のようなアイテムを教えて頂きました。

■ディーラーさんオススメのディーラーオプション

・ラゲッジアンダーボックス
・インテリアLEDバルブパック
・後席用充電USBポート

ディーラーさん曰く、「今回おすすめしたアイテムは、オプション価格も安いため十分に元が取れる」とのこと。

特に荷室の段差を解消してくれる”ラゲッジアンダーボックス”や、後部座席の快適性を高めてくれる”後部座席用充電USBポート”は特に使い勝手が良さそうで、装着して後悔することはなさそうなだなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02