走行距離&最高速度はどれくらい?新型ヤリスクロスのEVモードを徹底解剖

2020年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車は、他のトヨタ車と同様に”EVモード”を用意しています。

真夜中の市街地を運転する時などに重宝をするこの新型モデルのEVモードですが、走行距離は、どれくらいなのでしょうか?また、EVモードで走行することができる最高速度は、どれくらいだったのでしょうか?

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車に備わっているEVモードの走行距離や制限速度など、使い勝手&性能を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヤリスクロスのEVモードってどんな機能?【スイッチの位置などを確認】

2020年8月にデビューを果たしたトヨタ新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車は、1.3リットル直列3気筒エンジンとモーターを搭載しているのですが、走行スピードなどによって、自動車側でエンジンとモーターの組み合わせを自動的に調整してくれます。

例えば、この新型モデルでは、発進時はモーターのみで静かに走り始めるのですが、アクセルを踏み込んんで、加速をしていくと、モーターとエンジンの両方を使って駆動する”ハイブリッド走行”に移行します。

ただ、ドライブモードを”EVモード”にすると、強制的にエンジンを停止して、モーターのみで駆動するようになります。

EVモードスイッチはセンターコンソールに設置

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車では、”EVモードスイッチ”が運転席と助手席の間にあるセンターコンソールの左側に用意されています。

■新型ヤリスクロスのEVモードスイッチ

このEVモードスイッチを押すと、メーターにグリーンの”EVモードマーク”が点灯して、EV走行モードに切り替わります。

■メーターに表示されるEVモードマーク

スイッチのサイズはちょっと小さめ

この新型モデルのEV走行モードスイッチは、運転席から手が届きやすい位置に設置されていたのは、とても良いと思います。

ただ、この新型モデルに用意されているEVモードスイッチは、サイズが小さい感じが…。

また、この新型モデルのEVモードスイッチは、走行モードを切り替える”ドライブモードスイッチ”と繋がっているため、押し間違えそうになるのも気になるところでした。

新型ヤリスクロスのEVモードの走行距離&最高速度は?【乗り心地インプレ】

強制的にモーターのみの走行にすることができる新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の”EVモード”ですが、EV走行のままでどれくらいの走行距離を走ることができるのでしょうか?

また、EV走行のままで走行することができる最高速度は、どれくらいだったのでしょうか?

この新型モデルを試乗した時に、EVモードの走行距離&最高速度を聞いてきました。

EVモードの走行距離は1km

ディーラーさんの話によると、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のEVモードで走行することができる距離は、バッテリーの残量や路面の状況などにもよるようですが、だいたい数百メートル~1km前後とのこと。

EV走行できる距離は思ったよりも短いですね。

なので、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているEVモードが活躍するシーンは、早朝&深夜の住宅街を運転する時など、かなり限られてしまうのかなと思いました。

ちなみに、私がこの新型モデルのEV走行を試した時は、500~600m走行したところで、EVモードが自動的に解除されてしまいました。

EVモードが解除された時、警告音が鳴り、また、マルチインフォメーションディスプレイに警告が表示されたため、少しビックリしてしまったのですが、EV走行からバッテリーとモーターを使用するハイブリッドモードへの切り替えは非常にスムーズで、運転をしていて違和感や不快感を感じることはありませんでした。

EV走行の最高速度は時速約130km/h

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のハイブリッド車に用意されているEV走行の最高速度を確認したところ、時速130km/hまで対応しているとのことでした。

EV走行の最高速度が約130km/hと言うのは、ちょっとスゴイですよね。

なので、この新型モデルは、制限速度が120km/hの高速道路でもEVモードのみで走行することが可能です。(走行距離に限りがあるため、すぐにEVモードは解除されてしまいますが…。)

ちなみに、最高速度が時速130km/hまで対応しているEVモードを搭載しているクルマは、トヨタ車の中でもごく僅かのようです。

どうやら搭載してあるバッテリーの電動性能が向上したことが理由のようですが、時速約130km/hまでEV走行することができるのは、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のEVモードの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:走行距離に物足りなさを感じる新型ヤリスクロスのEVモード

トヨタからデビューを果たしたコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”のハイブリッド車に搭載されているEVモードの走行距離や最高速度などを確認したところ、このようになっていました。

■新型ヤリスクロスのEVモードのまとめ

・スイッチはセンターコンソールに配置
・走行距離は最大で1km前後
・最高速度は時速130km/h

この新型モデルに搭載あれているEVモードの最高速度は時速約130㎞/hとなっており、高速道路でも使えるようになっていたのは、とても良いと思います。

ただ、EVモードのみで走行することができる距離は1kmと、まだまだ短め。

EVモードの対応している速度が十分なだけに、走行できる距離の短さが余計に残念に感じてしまいました。ただ、将来、搭載しているバッテリーの容量などが向上すれば、EV走行できる距離ももっと長くなっていくのかもしれませませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02