新型ノートクロスオーバーとキックスの内装はこんなに違う【実車画像で比較】

2021年10月にデビュー果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)は、どちらも日産から発売されているコンパクトSUVですが、内装・インテリアのデザインが全く異なります。

また、機能や装備にも大きな差が…。

日産からデビューを果たした2台のコンパクトSUVの内装・インテリアは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、機能や装備にどのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)の内装・インテリアの違いを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートクロスオーバーとキックスの内装【デザインをチェック】

ノートe-POWERから派生をしたコンパクトSUVの新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)と、ジューク(JUKE)の後継モデルとして登場をしたキックス(KICKS)の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインをしています。

上品な車内空間が魅力のキックス

ジューク(JUKE)の後継モデルとして2020年6月にデビューを果たしたキックス(KICKS)の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■キックスの内装:Xグレード

■キックスの内装:X ツートーンインテリアエディション

どちらもダッシュボード全体にソフトパッドをあしらっており、大人っぽさがただよう上品な内装・インテリアに…。

そんなキックス(KICKS)の注目ポイントの一つは、最上位モデルに位置をするXツートーンインテリアエディションの内装・インテリアです。

このXツートーンインテリアエディションの内装・インテリアには、シートサイドやダッシュボードなどに明るめのオレンジ色”オレンジタン”が採用されているため、解放感がありま。

そのため、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)よりも、ひと回り車内が広く感じます。

また、後部座席用のUSBポートなど、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)にはない機能&装備が充実しているのも、このクルマの魅力の一つでした。

シック&モダンな新型ノートクロスオーバーの内装

一方、ノートe-POWERをベースにした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■新型ノートクロスオーバーの内装

この新型モデルは、キックス(KICKS)の下位モデル”Xグレード”と同じブラックを基調にした内装・インテリアを採用。

ただ、この新型モデルは、光の当たり具合によって紫っぽく見えるシタン(紫檀)をモチーフにした木目調のパネルやブラックカラーのシート採用していることもあり、キックス(KICKS)よりもシックで重厚感のある車内空間に…。

また、センターコンソールやシートの背もたれには、この新型モデルを手掛けたオーテック(AUTECH)のロゴもあり、特別感を演出しているのも好印象でした。

新型ノートクロスオーバーとキックスの内装【機能&装備の違いをチェック】

2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)は、内装・インテリアのデザインに大きな差がありますが、備わっている機能&装備にも違いがあります。

この2台のモデルの内装・インテリアには、どのような違いがあるのでしょうか?実車画像を使って、比較をしてみたいと思います。

メーター

今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)の内装・インテリアの違いの一つが、メーターのデザインです。

新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)よりも一足早く発売をしたキックス(KICKS)は、メーターフードを備えた比較的オーソドックスなデザインのメーターを採用しています。

■キックスのメーター

一方、ノートe-POWERをベースにした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、ナビと一体化をしたバイザーレスデザインのメーターを採用。

■新型ノートクロスオーバーのメーター

そのおかげもあり、この新型モデルのメーターの方が先進性がある感じが…。

また、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のメーターは、左側に速度を大きな数字で表すデジタル表示のスピードメーターを搭載しているのも、キックス(KICKS)との大きな違いの一つなのかなと思いました。

ハンドル・ステアリングホイール

また、ハンドル・ステアリングホイールも、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)の内装・インテリアの大きな違いの一つです。

■キックスのハンドル

■新型ノートクロスオーバーのハンドル

この2台のモデルは、どちらも本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備しています。

ただ、2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、スポークの上部にピアノブラック調の加飾を施した最新デザインのハンドル・ステアリングホイールを採用。

また、ダイヤルスイッチでマルチインフォメーションディスプレイのディスプレイの表示を切り替えることができるステアリングスイッチを備えるなど、キックス(KICKS)のハンドルよりも使い勝手&操作性が良くなっているのも好印象でした。

■キックスのステアリングスイッチ

■新型ノートクロスオーバーのステアリングスイッチ

シフトレバー

また、シフトレバーも、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)の内装・インテリアの大きな違いの一つです。

この2台のモデルは、どちらも電子式のステアリングホイールを採用しています。

ただ、キックス(KICKS)は、シフトレバーのポジションをドライブ(D)などに入れる際、一度、シフトレバーを右に倒してから操作するデザインになっています。

■キックスのシフトレバー

しかし、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)に用意されている電子式のシフトレバーは、キックス(KICKS)のようにシフトレバーを右に倒す必要がなく、前後にスライドするだけでシフトレバーのポジションを変えることができます。

■新型クロスオーバーのシフトレバー

そのため、シフトレバーの操作性が格段に良くなっていました。

ドライブモードスイッチ

また、2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)を試乗して驚いたのが、ドライブモード切替スイッチの使い勝手です。

どちらのモデルもセンターコンソールにドライブモード切替スイッチが用意されています。

ただ、キックス(KICKS)は、シフトレバーの前方、パワースイッチの左側にドライブモード切替スイッチをレイアウトしていたため、操作性はあまり良くなかったんですよね。

しかし、今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、シフトレバーの右側にドライブモード切替スイッチを標準装備。

■新型ノートクロスオーバーのドライブモードスイッチ

そのおかげもあり、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の方がキックス(KICKS)よりもドライブモード切替スイッチの操作性は良いように感じました。

センターコンソール

また、今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)の内装・インテリアの大きな違いの一つが、センターコンソールです。

新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)よりも一足早く登場をしたキックス(KICKS)では、収納ボックス付きのアームレストやドリンクホルダーなどを備えた比較的オーソドックスなデザインのセンターコンソールを標準装備していました。

■キックスのセンターコンソール

一方、キックス(KICKS)は、上下2段組のセンターコンソールを採用。

■新型ノートクロスオーバーのセンターコンソール

この新型モデルのセンターコンソールの下段は、ボックスティッシュも置くことができる広い収納スペースになっているため、使い勝手は非常に良いです。

また、この新型モデルのセンターコンソールは、アームレストとフラットなデザインになっており、アームレストに腕を置いたままシフトレバーなどの操作ができるのも好印象でした。

USBポート

また、車内に用意されているUSBポートの数&配置場所も、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)では異なります。

USBポートの数が充実しているのは、キックス(KICKS)の方です。

キックス(KICKS)は、フロントシート用のUSBポートをダッシュボードに1つ、そして、後部座席用のUSBポートをセンターコンソールの後方に1つ、合計2個のUSBを用意していました。

■キックスのUSBポート:前席まわり

■キックスのUSBポート:後部座席まわり

しかし、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、フロントシート用のUSBポートが1つ用意されているのみ。(タイプCのUSBは、メーカーオプションで装着できます。)

後部座席用のUSBポートはディーラーオプションとなっており、キックス(KICKS)のように最初から備わっていないは、ちょっと残念でした。

後部座席まわりの装備

また、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)では、後部座席まわりの装備&使い勝手も異なります。

この2台のモデルの後部座席の大きな違いの一つが、アームレストです。

新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、後部座席の中央にドリンクホルダー付きのセンターアームレストが標準装備されているのに対し、キックス(KICKS)は、用意されていません。

■新型ノートクロスオーバーのリヤセンターアームレスト

■キックスの後部座席

また、スマホやiPhoneを収納することができる小型ポケット付きのシートバックポケットを備えているのも新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のみです。

新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、後部座席用のUSBポートの用意がないのは残念でしたが、それ以外の機能&装備に関しては、キックス(KICKS)よりも充実していました。

まとめ:使い勝手の良い機能&装備が備わっている新型ノートクロスオーバー

2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)の内装・インテリアを比較してみたところ、このようになっていました。

■新型ノートクロスオーバーとキックスの内装のまとめ

・シック&重厚感がただよう新型ノートクロスオーバーの内装
・大人っぽい上品さがただようキックスの内装
・最新の機能を装備を備えている新型ノートクロスオーバー
・USBの数&使い勝手に関しては、キックスの方が上

USBの数&使い勝手に関しては、後部座席用のUSBを備えている新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)よりもキックス(KICKS)の方が良いです。

ただ、センターコンソールやハンドルなど、USB以外の機能&装備に関しては、遅れて登場をした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の方が優れているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02