新型ノート クロスオーバーのヘッドライトとシグネチャーランプはオシャレ?【実車画像で徹底解説】

新型ノート クロスオーバーのヘッドライト

2021年10月に日産からデビューを果たしたSUV仕様新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、専用デザインのヘッドライトを採用しています。

また、この新型モデルは、競合車・ライバル車とはひと味異なる個性的なシグネチャーランプも搭載。

そのおかげもあり、ベースとなっているノートe-POWERとはひと味違うフロントマスクのデザインになっていました。

この新型モデルのヘッドライトとシグネチャーランプは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ベースとなっているノートe-POWERとはどのような違いがあるのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のヘッドライトとシグネチャーランプのデザインや光源、点灯時の様子を、実車画像を使って徹底解説します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノート クロスオーバーのヘッドライトをチェック

2021年10月にデビューを果たしたノートe-POWERをベースにしたSUV仕様”新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)”のヘッドライトは、このようなデザインをしています。

■新型ノート クロスオーバーのヘッドライト

新型ノートクロスオーバーはLEDヘッドライトを標準装備

この新型モデルのベースになっているノートe-POWERでは、ハロゲンのヘッドライトを標準装備しておえい、LEDヘッドライトは、メーカーオプション設定になっていました。

■ノートe-POWERのハロゲンのヘッドライト

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

しかし、今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)では、LEDヘッドライトを標準装備。

■新型ノート クロスオーバーのヘッドライト

そんな新型モデルのLEDヘッドライトを点灯してみると、このような感じに…。

■新型ノートクロスオーバーのヘッドライトを点灯した時の様子

この新型モデルは、薄型のヘッドライトを採用していることもあり、シャープな印象が…。

また、この新型モデルに採用されている4灯式のヘッドライトは、ドットパターンのフロントグリルとの相性も良く、スタイリッシュで先進性のあるフロントマスクを強調していました。

少し残念だった新型ノート クロスオーバーのウィンカー

このようにスタイリッシュなフロントマスクを演出する新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のヘッドライトですが、ちょっと残念だったのは、ウィンカーのデザインと光源です。

この新型モデルのヘッドライトには、LEDが採用されていたのですが、ウィンカーは、LEDではなく豆球を採用。

■新型ノート クロスオーバーのウィンカー

ちょっとコレは残念ですよね。

この新型モデルのイメージや乗り出し価格を考えると、豆球ではなく、ウィンカーにもLEDを採用して、より洗練した見た目を演出しても良かったのかなと思いました。

新型ノート クロスオーバーのシグネチャーランプをチェック

2021年10月にデビューを果たした日産の新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、フロントマスクの両サイドにブルーに輝くLEDのシグネチャーランプを備えています。

■新型ノート クロスオーバーのシグネチャーランプ

遠くから見ても目立つのシグネチャーランプ

今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)に備わっているシグネチャーランプの注目ポイントの一つが、点灯した時の存在感です。

■新型ノート クロスオーバーのシグネチャーランプの点灯時の様子

この新型モデルに用意されているシグネチャーランプは、ノートe-POWERのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”と同様にブルーに点灯。

そのおかげもあり、この新型モデルのシグネチャーランプは、夜間は当然のことながら、昼間でもかなり目立ちます。

昼夜問わずひと目で新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)と分かる存在感は、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力&特徴の一つなのかなと思いました。

新型オーラのシグネチャーランプは昼夜問わず常時点灯

2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、ライトのON/OFFに連動しているのではなく、パワースイッチのON/OFFに連動しているため、昼夜問わず常時点灯します。

そのため、この新型モデルのシグネチャーランプは、日中の安全性を高めるデイライトとしても活躍します。しかも、白く輝くホワイトのデイライトよりも視認性がかなり良いです。

ただ、個人的には、シグネチャーランプのON/OFFを設定することができる個別のスイッチを用意していも良かったのかなと思いました。

まとめ:洗練した見た目を演出するLEDヘッドライトとシグネチャーランプ

2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のヘッドライトとシグネチャーランプは、このようなデザイン&スタイルをしていました。

■新型ノート クロスオーバーのライト類のまとめ

・LEDヘッドライトを標準装備
・ウィンカーは豆球を採用
・ブルーに光るLEDシグネチャーランプを標準装備
・LEDシグネチャーランプは常時点灯

今回デビューを果たした新型モデルでは、LEDのヘッドライトやブルーに光るシグネチャーランプを標準装備。

そのおかげもあり、ベースとなっているノートe-POWERとはひと味違うスタイリッシュで洗練されたフロントマスクになっていました。

また、青く輝くLEDのシグネチャーランプを備えている新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、競合車・ライバル車では味わえない存在感があります。

通りすがりの歩行者やドライバーがすれ違いざまに熱視線を送るインパクトのあるクルマに乗りたい方には、ドットパターンのフロントグリルと青く輝くLEDのシグネチャーランプが目を引くこの新型モデルは、ピッタリなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02