新型ノートe-POWERのLEDヘッドライトって必要?【デザインや価格を実車画像でレビュー】

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、ハロゲンのヘッドライトが全グレードに標準装備されています。

ただ、メーカーオプションでLEDヘッドライトに変更をすることが可能です。

先日、この新型モデルを見ることができたのですが、スタイリッシュなデザインに生まれ変わった新型モデルの外装・エクステリアには、標準装備のハロゲンよりもLEDヘッドライトの方が合っているような感じが…。

そんな新型モデルのLEDヘッドライトは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、LEDヘッドライトのオプション価格は、いくらだったのでしょうか?

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されているLEDヘッドライトのデザインや点灯時の様子、オプション価格を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERのLEDヘッドライトのデザインをチェック

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)にメーカーオプションで用意されているLEDヘッドライトは、このようなデザインをしています。

■新型ノートe-POWERのLEDヘッドライト

最近、丸っこいデザインのヘッドライトを採用しているクルマも増えてきましたが、今回デビューを果たした新型モデルのヘッドライトは、スポーティな雰囲気がただよう薄型デザインを採用。

近未来感あふれるこの新型モデルの外見にマッチをしたスタイリッシュなデザインになっていました。

LEDヘッドライトを点灯した時の様子

スタイリッシュなフロントマスクを演出する新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のLEDヘッドライトですが、点灯をしてみると、次のような見た目になっていました。

スモールランプ(車幅等)を点灯時の様子

こちらが、スモールランプ(車幅等/ポジションランプ)を点灯した時の様子です。

■スモールランプ点灯時の様子

今回デビューを果たした新型モデルのスモールランプ(車幅等/ポジションランプ)は、ヘッドライトの下端に沿ってライン状に光るデザインを採用。

ライン状に光るスモールランプを点灯すると、この新型モデルのフロントマスクの精悍さがさらに際立つように感じました。

ロービームを点灯時の様子

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のロービームを点灯すると、このような感じになります。

■ロービームを点灯した時の様子

この新型モデルのLEDヘッドライトは4眼プロジェクタータイプになっているのですが、ロービーム点灯時には、外側3つのユニットが点灯。

また、この新型モデルのLEDヘッドライトは階段状に配置されており、先進性のあるフロントマスクを強調しているのも好印象でした。

ハイビームを点灯時の様子

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のLEDヘッドライトをロービムからハイビームに切り替えると、このような感じになります。

■ハイビームを点灯した時の様子

ロービームを点灯時には、4つのユニットの外側3つが点灯しましたが、ハイビームに切り替えると、4つのユニットすべてが点灯する形になってなっていました。

ウィンカー点灯時

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のウィンカーを点灯すると、このような感じになります。

■ウィンカー点灯時の様子

最近はシーケンシャルウィンカー(流れるウィンカー)が流行っていますが、今回デビューを果たした新型モデルは、普通に点滅をするオーソドックスなタイプを採用。

また、この新型モデルのウィンカーは、LEDではなく普通の電球タイプとなっていたのも、少し残念でした。

アダプティブヘッドライト機能を搭載

このようにスタイリッシュなデザインをしている新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のLEDヘッドライトですが、機能性に優れているのも魅力の一つです。

競合車・ライバル車の多くは、対向車や前走車を検知をして自動的にロービームとハイビームを切り替える”オートハイビーム”を備えています。

しかし、今回デビューを果たしたこの新型モデルは、フロントガラスに搭載されているカメラで対向車や先行車を検知すると、対象となる部分のハイブームを消灯するアダプティブ機能を搭載。

最新の機能を搭載しているのは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルならではの魅力&メリットの一つとなっていました。

新型ノートe-POWERのLEDヘッドライトはいくら?【グレード別に紹介】

スタイリッシュな見た目&機能性を兼ね備えた新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のLEDヘッドライトですが、グレードによって、LEDヘッドライトのオプション価格に違いがあります。

この新型モデルのLEDヘッドライトのオプション価格は、いくらだったのか?グレード別に紹介したいと思います。

FグレードのLEDヘッドライトのオプション価格

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最廉価モデル”Fグレード”のLEDヘッドライトのオプション価格を確認してみたところ、このようになっていました。

■LEDヘッドライトのオプション価格…77,000円

最廉価モデルに位置をする”Fグレード”のオプション価格は、LEDヘッドライトとアダプティブ機能がセットになって、7万7000円となっていました。

■LEDヘッドライトのセットオプション

・LEDヘッドライト
・アダプティブLEDヘッドライトシステム

アダプティブ機能などが備わっていることを考えると、妥当な金額のような感じが…。

車体本体価格の安さ&購入のしやすさが魅力のFグレードですが、安全性や見た目のデザイン性を考えると、装着する価値は十分にありそうですね。

SグレードのLEDヘッドライトのオプション価格

一方、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の中間モデル”Sグレード”のLEDヘッドライトのオプション価格は、次のようになっていました。

■SグレードのLEDヘッドライトのオプション価格…245,300円

中間モデルに位置をする”Sグレード”のLEDヘッドライトは、フロントフォグランプやインテリジェントルームミラー、インテリジェントBSI&BSWなどの安全装備とセットになっているため、オプション価格に…。

■LEDヘッドライトのセットオプション内容

・LEDヘッドライト
・アダプティブLEDヘッドライトシステム
・LEDフォグランプ
・サイドターンタンプ付き電動格納式リモコンカラードドアミラー
・インテリジェント アラウンドビューモニター
・インテリジェント ルームミラー
・ステアリングスイッチ
・インテリジェントキー
・ナビ取付パッケージ
・インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)
・BSW(後側方車両検知警報)
・RCTA(後退時車両検知警報)

最廉価モデルの”Fグレード”のように”Sグレード”でも、LEDヘッドライト単体のオプションを用意しても良かったかもしれませんね。

XグレードのLEDヘッドライトのオプション価格

また、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデルに位置をする”Xグレード”のLEDヘッドライトのオプション価格は、次のようになっていました。

■SグレードのLEDヘッドライトのオプション価格…99,000円 ~ 335,500円

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位グレード”Xグレード”では、LEDヘッドライトを含むセットオプションを2種類用意しており、選ぶオプションによって価格に違いがありました。

そんな新型モデルのXグレードに用意されているセットオプションの一つは、LEDヘッドライト&フロントフォグランプ、アダプティブ機能のみがセットになったシンプルなタイプです。

■LEDヘッドライトを含むセットオプション1

・LEDヘッドライト
・アダプティブLEDヘッドライトシステム
・LEDフォグランプ

こちらのセットオプションの価格は9万9000円と、比較的リーズナブルなお値段となっていました。

そして、もう一つのセットオプションは、LEDヘッドライトと本革巻きステアリングや本革シート、リヤアームレストなどがセットになった豪華なタイプです。

■LEDヘッドライトを含むセットオプション2

・LEDヘッドライト
・アダプティブLEDヘッドライトシステム
・LEDフォグランプ
・本革巻きステアリング
・ピアノブラック調フィニッシャー
・本革シート
・リヤセンターアームレスト
・16インチアルミホイール

本革シートなどが含まれている分、こちらのセットオプションのお値段は33万5500円と、ちょっと高めの価格設定に…。

この新型ノートe-POWERの最上位モデルのXグレードは、このようにLEDヘッドライトを含むオプションが2つ用意されているため、少し複雑に感じてしまいます。

ただ、どちらのセットオプションを選ぶかは、本革シートが必要かどうかを判断基準にすればよいと思いますよ。

まとめ:スタイリッシュな見た目を演出する新型ノートe-POWERのLEDヘッドライト

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のLEDヘッドライトは、このようなデザインになっていました。

■新型ノートe-POWERのLEDヘッドライトのまとめ

・4眼式プロジェクタータイプを採用
・アダプティブ機能を搭載
・グレードによって、セット内容&価格が異なる

4眼式のプロジェクタータイプを採用しているLEDヘッドライトを搭載すると、スタイリッシュなフロントマスクに…。

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)らしいスタイリッシュで精悍な見た目にこだわりたい方には、LEDヘッドライトはピッタリなオプションです。

ただ、この新型モデルに用意されているLEDヘッドライトは、グレードによってオプション価格が異なるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02