ここに注目!新型ノートe-POWER オーテックの内装の5つの専用装備とは?

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の注目ポイントの一つは、内装・インテリアです。

この新型モデルの内装・インテリアには、標準仕様とは異なるデザイン&色使いをした専用装備&アイテムが多数用意されていることもあり、標準仕様とは一味異なる車内空間に…。

今回デビューを果たした新型モデルのオーテック仕様の内装・インテリアには、どのような専用装備&アイテムが用意されていたのでしょうか?また、内装に用意されている各専用アイテムは、どのような特徴や魅力を備えていたのでしょうか?

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の内装・インテリアに用意されている専用装備&アイテムを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

ダッシュボード【新型ノートe-POWER オーテックの内装の専用装備1】

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の内装に用意された専用装備&アイテムの一つが、ダッシュボード(インパネ)です。

■オーテックのダッシュボード

標準仕様ではカーボン調のインパネを標準装備

オーテック(AUTECH)のベースとなっている標準仕様の”Xグレード”では、スポーティーさを演出するカーボン調のパネルをダッシュボードに採用をしていたんですよね。

■標準仕様のカーボン調のダッシュボード

そのおかげもあり、標準仕様のXグレードは、スポーティさがただよう車内空間となっていました。

オーテックでは木目調のパネルを採用

一方、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、ダッシュボードに木目調のパネルを採用。

■木目調のオーテックのダッシュボード

そのおかげもあり、標準仕様と比べると、このオーテック仕様は、落ち着いた雰囲気の車内空間に…。

また、このモデルに採用されている木目調パネルは、光の当たり具合によって青みがかってみえるのも、オーテック(AUTECH)らしくて良いなと思いました。

ハンドル【新型ノートe-POWER オーテックの内装の専用装備2】

また、ハンドル・ステアリングホイールも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のオーテック仕様の内装の専用装備&アイテムの一つです。

オーテックではブルーのステッチを採用

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のオーテック仕様では、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを採用しているのですが、ブルーのステッチを採用。

■オーテック仕様のハンドル

また、ハンドルの下端部分もブルーに加飾してあり、オーテック(AUTECH)らしさを強調したデザインとなっていました。

センターコンソール【新型ノートe-POWER オーテックの内装の専用装備3】

また、運転席と助手席の間に備わっている大型のセンターコンソールも、オーテック専用となっている装備&アイテムの一つです。

■新型ノートe-POWERのセンターコンソール

シフトレバーの後方に専用エンブレムを搭載

歴代のオーテック車では、運転席まわりにオーテックの専用のエンブレムを装着しているのですが、今回デビューを果たした新型モデルでは、シフトレバーの後方に【AUTECH】のエンブレムを装着。

■オーテックのエンブレム

そのおかげもあり、特別感のあるセンターコンソールとなっていました。

アームレストも専用デザイン

また、センターコンソールの後方に備わっているアームレストも、オーテック専用の専用のデザインンとなっています。

■オーテック仕様のアームレスト

アームレストの表面が、肌触りの良い合成レザーで覆われているのは、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の標準仕様とオーテック(AUTECH)で違いはありません。

ただ、オーテック仕様では、アームレストのサイドにこのモデルのイメージカラーのブルーのステッチを採用。

■オーテック仕様のアームレストのブルーのステッチ

そのため、この新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のオーテックのセンターコンソールは、標準仕様とは一味異なる雰囲気がただよっていました。

ドア内側パネル【新型ノートe-POWER オーテックの内装の専用装備4】

また、ドア内側パネルも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のオーテックの内装・インテリアの注目のアイテムの一つです。

ドアアームレスト部分にブルーのステッチを採用

この新型モデルのオーテック(AUTECH)では、ドアアームレスト部分にアームレストと同じ合成レザーを採用しているのですが、このドアアームレスト部分もブルーのステッチを採用。

■オーテックのドアアームレスト

そのおかげもあり、オーテックのドア内側パネルは、標準仕様とは一味違うスタイリッシュ&スポーティな雰囲気がただよっていました。

ちなみに、オーテック仕様の後部座席用のドア内側パネルのアームレスト部分は、標準仕様と同じハードプラになっていました。

■後部座席のドア内側パネル

シート【新型ノートe-POWER オーテックの内装の専用装備5】

また、2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のオーテック仕様の内装の注目のアイテム&装備の一つが、シートです。

■オーテック仕様のシート

この新型モデルのオーテック仕様は、標準仕様とは全く異なるデザイン&素材のシートとなっていました。

背もたれにオーテックのロゴを刺繍した専用デザイン

そんな新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のオーテック仕様のシートの注目ポイントの一つが、デザインです。

この新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、フロントシートの背もたれに【AUTECH】のロゴが刻印された専用デザインのシートを採用。

また、この新型モデルのシートは、ヘッドレストやシートサイドにブルーをあしらったオーテック(AUTECH)らしいデザインになっているのも印象的でした。

シート素材も標準仕様とは異なる

また、シートに使用されている素材も、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のオーテック(AUTECH)と標準仕様では異なります。

オーテック(AUTECH)のベースとなっている標準仕様の”Xグレード”では、ファブリック素材のシートを採用していました。

■標準仕様Xグレードのシート

しかし、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、”レザレット”と呼ばれる合成皮革を採用。

■オーテックのレザレットシート

このオーテック(AUTECH)に採用されているレザレットは、弾力性があり、体に馴染む座り心地に…。

また、この合成皮革は、汚れや傷などにも強く、雑巾やタオルでサッと拭くだけでキレイになるのも好印象でした。

まとめ:オーテックらしいプレミアムな車内空間を演出する専用装備の数々

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の内装・インテリアは、このような専用装備を用意していました。

■新型ノートe-POWERの内装の専用装備

・ダッシュボード
・ハンドル・ステアリングホイール
・センターコンソール
・ドア内側パエル
・シート

ブルーのアクセントカラーを採用したこの新型モデルのオーテック仕様の内装・インテリアは、標準仕様とは全く異なる雰囲気に…。

また、スタイリッシュなデザインに生まれ変わったこの新型モデルは、オーテック(AUTECH)との相性が非常に良く、コンパクトカーとは思えないプレミアム感があふれる車内空間になっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02