新型ノートe-POWERのインテリアパネルパックは隠れた人気アイテム!その理由とは?

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、様々なディーラーオプションを用意しています。

そんな数多く用意されているディーラーオプションの中で、ディーラーさんが、「このアイテム、意外と人気が高いんですよ~。」と言って、教えてくれたのが”インテリアパネルパック”です。

私はなぜ、このインテリアパネルパックが人気が高いのか、最初は、全然ピンときませんでしたが、ディーラーさんが教えてくれた理由を聞いて納得!!!!

「確かにこのインテリアパネルパックは、意外と良いかも…」と、私も思っちゃいました。

今回デビューを果たした新型モデルに用意されているインテリアパネルパックは、どのようなアイテムなのでしょか?また、インテリアパネルパックが隠れた人気アイテムになっている理由は、何だったのでしょうか?

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されているインテリアパネルパックが人気が高い理由をディーラーさんに教えて貰ったので、紹介します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERのインテリアパネルパックって、どんなアイテム【実車画像で紹介】

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されている”インテリアパネルパック”とは、シフトベースとウィンドウスイッチまわりをドレスアップするアイテムです。

また、この新型モデルでは、3つのカラーのインテリアパネルパックを用意しており、自分好みにアレンジをすることができるようになっていました。

■インテリアパネルパック:カーボン調

(引用:日産公式ホームページ

■インテリアパネルパック:金属調 (シルバー)

(引用:日産公式ホームページ

■インテリアパネルパック:ハニカム調(カッパー/銅)

(引用:日産公式ホームページ

このように車内を華やかに彩る新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のインテリアパネルパックですが、実際に装着してみると、次のような感じになっていました。

シフトベースまわりをドレスアップした時の様子

こちらが、シフトベースまわりを新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のディーラーオプションの”インテリアパネルパック”でドレスアップした時の様子です。

■シフトベースのインテリアパネルパック

この新型モデルの標準仕様のシフトベースは、ピアノブラックを採用しており、高級感がただよう内装・インテリアになっていました。

■標準仕様のシフトベース

しかし、シルバーのインテリアパックを装着すると、標準仕様のものよりもスポーティな雰囲気がただよう車内空間に…。

また、シフトベースにほどこされているシルバーの加飾が、ブラック基調の内装・インテリアの中で良いアクセントになっているように感じました。

ウィンドウスイッチまわりをドレスアップした時の様子

一方、こちらは、サイドウィンドウスイッチまわりを新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のディーラーオプションの”インテリアパネルパック”でドレスアップした時の様子です。

■ウィンドウスイッチをドレスアップ

標準仕様のウィンドウスイッチは、プラスチックが剥き出しになっているため、少しチープな感じがしたんですよね。

■標準仕様のウィンドウスイッチ

しかし、シルバーのインテリアパックを装着したウィンドウスイッチは、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)らしい高級感とスタイリッシュさを兼ね備えたデザインになっていました。

新型ノートe-POWERのインテリアパネルパックが人気の理由とは?

このように標準仕様とは一味異なる車内空間にドレスアップしてくれる新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のインテリアパネルパックですが、なぜ人気が高くなっているのでしょうか?

それは、この新型モデルの内装・インテリアの大きな欠点の一つを解消してくれるからです。

新型ノートe-POWERの内装は汚れが目立つ

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の欠点&デメリットの一つは、車内の汚れが目立つことです。

この新型モデルは、高級感&上質感を演出するために、センターコンソールやメーター、ハンドルの上部にピアノブラック調のパネルを採用して、高級感や上質感を演出しています。

■新型ノートe-POWERのセンターコンソール

■新型ノートe-POWERのメーター

■新型ノートe-POWERのハンドル

ただ、この艶やかなピアノブラック調のパネルは、指紋の跡やほこりが目立つんですよね。

特に手が触れる機会が多いシフトレバー部分は、常に指紋の跡がベッタリとついてしまうのが気になるところでした。

インテリアパネルパックでピアノブラックの指紋汚れを解消

ただ、ディーラーオプションで用意されているインテリアパネルパックを装着すると、ピアノブラック調のパネルをシルバーのカバー(フィニッシャー)で覆いかぶしてくれるため、指紋の汚れが気にならなくなります。

また、シルバーのインテリアパネルパックは、ホコリなども目立ちません。

ディーラーさん曰く、

「シフトレバーまわりにべったりと付く指紋汚れが嫌で、ディーラーオプションで用意されているインテリアパネルパックを装着しているお客さんも意外と多い。」

とのこと。

このようにピアノブラック調とインテリアパネルパックを見比べてみると、指紋が目立たないインテリアパネルパックの方が明らかにキレイに見えますよね。

■標準仕様のピアノブラック調のシフトベース

■インテリアパネルパック装着時のシフトベース

ディーラーさんが仰っている通り、シフトレバーまわりについた指紋汚れやほこりが気になる方や、指紋汚れを拭き取るのが面倒な方には、ディーラーオプションで用意されているインテリアパネルパックは、とても良いアイテムなのかなと思いました。

まとめ:車内の汚れが目立たなくなる新型ノートe-POWERのインテリアパネルパック

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・インテリアは、ピアノブラック調のパネルを多用しているため、指紋汚れやほこりが目立つの欠点&デメリットです。

特にシフトレバーまわりの指紋の汚れは気になります。

ただ、ディーラーオプションで用意されているインテリアパネルパックを装着すると、シフトレバーまわりの指紋汚れが、だいぶ目立たなくなります。

シフトレバーまわりにベットリと付いてしまう指紋汚れやほこり汚れが気になる方は、ディーラーオプションで用意されているインテリアパネルパックの装着を検討しても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02